ボールトレーニング.com*バランスボールブログ

バランスボールの使い方や豆知識を、自身がボールトレーナーであるボールトレーニング.com店長のケンさんが、お伝えします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サーカスの玉乗り

2005-10-13 18:26:27 | 腰痛予防
何度かキャッチボールしているうちに、ボールの大きさや弾力に慣れてきた母。

「ボールを転がすだけでもエエ運動やね」

ギムニクのバランスボールは数ある類似のボールより、
結構重く約1.5キロあるのです。

お次は「てまり」

両手でバウンドさせること10回足らずで、
額にはうっすらと汗。

「しんどなってきた、いつになったら座れるんや。チョット座りたい。」

『あのね、座るのが怖いと言うからこんなことやってんの』
と思いつつ、

8分目(指で押したらへこむくらいです。)に空気を入れ、
念には念を入れて、後ろに転がらないように部屋の角へボールを置き、

「さあ、どうぞ」

健康な人にはわからんやろけど、
腰を下ろす動作にも、もも、腹筋、背筋が
バランスを取りながら働いているので、
筋肉の弱りきった骨粗しょう症の母には大変。

左右にゆれる身体を支えてやっと座れた。

「うん!?、なにやら筋肉が動いているような。」

そんな笑顔を見たときには、
すでにワシは汗だくでした。

やっとスタートラインについたのはエエけど、
先が思いやられる、トホホ・・。
キーワード
骨粗しょう症 バランスボール
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« まずはボールを転がす。 | トップ | やっとこぎつけました。。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL