バリ島 「ありえない真実」

誰かが言った。
人生における3大言語。
「頼らない」
「期待しない」
「あてにしない」

ミラクルが起こった^^

2016-10-29 14:25:25 | Weblog
今年、5回目の帰国を覚悟していた。
前回の帰国は 、父の手術のためであったが 、悪い細胞が一部見つかってしまったため、手術が延期になった。
手術は、首のリンパ部分で、これは、避けて通れないと始めに言われていた。
地獄のような2ヶ月の治療を経て、放射線を当てた顔は 、半分 、火傷し 、皮膚が溶けていた。
ここまで 、頑張って 、まだ、悪い細胞が見つかるなんて...
父はショックを隠しきれないでいた。
そんな父に医者は、

" こういうことがあると、私は、近くの神社へ手を合わせに行くんです "と、言ってくれたのです。

なんだか、気持ちが通じるものがあり、もしかしたら、奇跡が起こるかもしれないと、直感的に思った。

とりあえず、私の帰国、時間を無駄にはできないので、移住に向けて、準備をすることにした。
父の気持ちをバリ移住に向けるため。

その間外来は続く、診察の連続 、
とりあえず、私は 、バリに戻り、延期になった手術の日程を待つことにした。

バリに戻って1ヶ月、その間、
電話で父と話すのだが 、
回復が順調だと言う、
このまま、手術をせずに済めば、
こんな嬉しいことはない...と言う父。

是非是非、その願いを叶えたい。

私も毎日のように神に祈る。

父もお墓参りへ行ったり 、近くの神社へ参拝しているという。

担当医ももちろん、神社へ手を合わせに行ってくれているようだ。

検査結果が近づいてきた。
私は 、神と約束した。

" もし、手術せずに済めば、
家の庭に祭壇を作る " と....

検査結果の日、夕方、父から電話がきた。
試験の合格発表を聞くかのようだった。

父はとても明るい声で、ガン細胞はすべて消えていて、首のリンパの腫れも小さくなっているので、手術の必要はない...
そう言われた......と.....

その瞬間、すべてに対して感謝をした。
10月30日、父は77歳の誕生日を迎える。
こんなに嬉しい喜寿はない。

本当に本当にありがとう!!

と、我に帰り....
祭壇を作らなければ...
と、焦りが出てきた^^;

そして、めでたく、祭壇を注文し
今日、届きました。


左隣が今までの祭壇^^;

ミラクルに乾杯!!!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い込み | トップ | 人間の子へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL