バリ島 「ありえない真実」

誰かが言った。
人生における3大言語。
「頼らない」
「期待しない」
「あてにしない」

神様って、本当にいるんだな!? その8

2017-06-17 13:47:08 | Weblog

 

 さて、前回の入院騒ぎから、今回の入院に至るまで、

父は、一体、どうしていたのか???

可哀想に、ただただ、心配するばかり、バリの医療に疑問を抱き始めていた。

だからと言って、何も出来ない・・・

出来ることは、神に祈ることだけ・・・

二回目の入院騒ぎで、母は、このまま、寝たきりになるんじゃないかと、

思ったらしい・・・

父の頭の中には、絶望と、後悔と、恐怖でいっぱいだったに違いない。

でも、この状態で父をサポートすることはできなかった。

ここで、父をサポートしてくれたのが、旦那と子供たちだった。

今思えば、感謝の気持ちでいっぱいだ。

そして、私と母をサポートしてくれたのが、三男家族。

「循環」だ!!

本当にいままで、仲良くお付き合いしてきて良かった^^

みんなの温かい協力があって、2日後、ようやく、母の容態が回復へと

向かい始めた。

旦那に連れられ、見舞いに来た父が、ビックリしていた。

 

「神様って、本当にいるんだな!?」

 

父は、ずーーっと、神様に願っていたという。

こんなに早く、母が回復するなんて、思ってなかったという。

安心した父、そして、ますます、神様の存在を信じ始める。

バリヒンズー教のどこにでも神様は、存在するという考えが

少しずつ、実感していくのであった。

 

6日後、無事に母は、退院した。

その後は、水分をこまめにとり、日中暑い時間は、外を歩かない、

部屋の中は、27-28度になるよう、クーラーを調整するようにした。

すべて、体験しないと、改善ができませんね。

家族みんなの反省点となりました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神様って、本当にいるんだな... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL