トカゲgallery

自己満足で色々かいてる独りよがりブログです。

嘘スープカレー

2005-08-02 19:54:49 | 今日飯
クーラーかかりっぱなしのせいか、体だるし。
食欲ナシ。(ちょっとくらいない方がいいのだけど)
冷蔵庫の中にはつかいかけのカボチャ。。早く食べなきゃ。

今日はカレー。これだけ。野菜がたくさん入っているからいいのだ。
めんどいからいいのだ。

巷で噂のスープカレーとやらを我も作ってみむとて、作れり。

嘘スープカレー ヒンズー教の人は禁忌

肉(かしわでも、豚でも、ミンチでキーマでも、何でもいいと思うけど、昨日かしわだったので、牛にした)
タマネギ、ニンジン、ジャガイモ(小ぶりな春とれじゃが)、&好きな夏野菜(私は、なす、カボチャ、おくら、ししとう、枝豆、とまと と、なぜか しいたけ)
にんにく、しょうが、鷹の爪、なつめ、シナモン、八角、花山椒、クローブ(ホール)、クミンシード、ベイリーフ、ブーケガルニ、ターメリック、チャツネ、ココナツミルク
スープストック、赤ワイン、エキストラバージン・オリーブオイル
ゆで卵

1 各材料を好みで切る。
2 皮のついたままのジャガイモ、カボチャはレンジで少し火を通して、素揚げする。(煮くずれないため。煮くずれが好きな人はやめよう)
3 エキストラバージン・オリーブオイル で、にんにく、しょうが、クミンシード、鷹の爪、ターメリックを香りよく炒める。
4 タマネギを加えて飴色になるまで炒める。
5 肉を加えてさっと色が変わるように炒める。簡単に赤ワインでフランベ。
※初心者の諸君、なぜカレーや肉じゃがの肉が固いのか!?それはあなたが炒めすぎているからです。ちょっと表面の色が変わったらいいのです。
6 水を加える。
7 スープストック、なつめ、シナモン、八角、花山椒、クローブ(ホール)、ベイリーフ、ブーケガルニ など、好みの香辛料を入れる。
8 素揚げした以外の野菜を入れて煮込む。
9 ブーケガルニや、口に入れたくないスパイスを出来るだけ取り出す。(絶対残っているので、用心して食せ)
10 市販のカレールーを薄めに入れて、チャツネ、ココナッツミルクで味を調える。
11 素揚げした野菜をゆで卵をさっと絡めるようにして食卓へ。


ご飯、フライドオニオン
ヨーグルトやラッシーがあるといいですね。
ミョウガがあればもっとおいしかった!

いつも私がスパイスから調合して作っている、インドっぽい、インドネシアっぽい、タイっぽいカレーはスープカレーではないのか?
でも、今日はスパイスを調合する気力ナシ。
市販のルーで作った嘘スープカレーでした。

カレーのスパイスはだいたい中華食材で揃います。
カレーは薬膳なのです。

春とれジャガイモの皮はウマウマです。
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SSTカット | トップ | カンパチあら煮 牛肉と野菜... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む