バランスのある空間

体のこと、心のこと、環境・空間のことの体験談!ワークショップ案内!自分が見たり、感じて想った事を書いてます

早朝高尾山の感想

2017-06-22 18:49:12 | 体の気づき/動き

早朝高尾山の感想

日曜日なので人とすれ違うことが多く、自分の思い通りにならない、裸足ならなおさら。
石の凸凹したところを通ればすれ違える!
しかし、それは足や身体に無理をかけることにる(傷める可能性もある)。
ということは、前に進みたいと言う思いを無理に通さず、人が通りすぎるまで待つ!!
無理に通そうとするとぶつかることになりかねませんね(^^;
トレイルランニングの何人かの方の自分のペースを通そうとするプレッシャーのかけられ方は怖かったですが・・・無理に通さず自分も気を付けたいです。

また、石や木の根で凸凹している道を歩くのは、怪我や身体に負担かけないように気を付けながら歩く、そして土で平坦なところで安全と感じる場所ではホッと安心する!

身で危険や危ないことを感じ知るから、身で安全も感じ知るのかもしれないですね。(決して裸足で山登りを勧めているのではありません)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早朝 高尾山 登り

2017-06-04 20:03:39 | ワークショップ、教室開催報告

朝に高尾山を登りましょう

朝の心地よい時間に高尾山を登り、午前中(11時頃)には降りてきましょうということです。

集合:7時に京王線 高尾山口駅改札
7:00頃出発(集まり次第出ます)
10:00~11:00に下りる予定です。
行程
登りは6号路 (1時間30分)
下りは3号路から2,1号路経由か4号路経由
少し山を味わいたいようでいたら稲荷山コース(1時間30分)
(当日決めましょう)

参加希望の方はメールをいただければと思います
連絡先
こちらのコメントでも良いです
そのまま当日いらして下さい(当日来れなくなられてもいいですよ。*できれば連絡ください)

参加者の有無にかかわらず登りますので、当日に参加する!参加しない!は全く問題ないので気にせずに~(^^)

格好:ハイキング、トレッキングの服装で、靴もそれなりのものが良いでしょう(運動靴でも大丈夫ですが滑るかも
準備:飲み物 タオル シート 防止 軽食 合羽 など
山なので最低の準備やその心構えはしてくださいね。  

府中近辺の駅から出る方は↓
各駅で
東府中 05:59
府中 06:03
分倍河原 06:05
中河原 06:07
出発で、高尾山口に6:41に着く予定です
もしくは、6:09府中駅の特急に乗りますと、北野で上記の各駅に乗り換えられると思います。
ちょい遅れで7:07着でしたら、府中6:27でも大丈夫です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スラックラインサークル2017.6月開催日時

2017-06-04 19:57:53 | ワークショップ、教室開催報告

スラックライン サークル 6月
開催日時

6/25(日)9:30~11:00

場所:府中市内

詳しい場所が知りたい方はメールをください

スラックライン問合わせ

facebook
より

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェルデンクライスATMレッスン2017.6月日程

2017-06-04 19:51:19 | フェルデンクライス

フェルデンクライスATMレッスン6月の日時

6/21(火)19:00~20:30
場所:バランススペース心・体

料金:3000

お申込みは

フェルデンクライスATMレッスンより

facebookイベントページ

facebook

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解らないから面白く可能性を感じる

2017-05-24 22:47:42 | 体の気づき/動き

まるっきり解らない、感じられない、イメージも湧かない。当然実感もない(^^;

力強く抑え込まれた状態から、力ではなく相手を感じ、背骨の動きから抑え込みをほどく!
全く実感も、感覚もなくどうして良いか解らない!
途中で諦めたりもした💧

相手方に伝えられても、言われてることは頭では解る(つもり)。しかし感覚としてのきっかけや感じる閃きもなく腑におちてこない😞
しかし、伝えられたからこそ自分では気づけていないところが解る。

さらに、これが限界と捉えるのではなく、解らない、感じられない、イメージも湧かないということは、まだまだ能力は隠されており、感じられ、感覚が解り、自分として捉えられれば、新たに自分を使えたり、扱い方が行え、人などとのやり取りの関係性もできるなぁと想えました。
さらなる自分の進化と深化できるチャンスといううことで、楽しみでありワクワクして面白いです。
なので、その時は諦めましたが、そのまま辞めないで継続していくことで、フッとしたとき落とし込めたり、感覚が掴めたりすることでしょう!

お相手してくださった方々の間合いも心地よく、言葉も入ってきやすく感じられました。
ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加