紙屋治兵衛の横浜ベイスターズ批評

横浜ベイスターズのオリジナル批評

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

開幕3連戦

2006-04-02 02:28:04 | 野球
G投新戦力 福田1勝、豊田は初S (スポーツニッポン) - goo ニュース

またも“天敵”に沈黙 開幕連勝逃した巨人 (共同通信) - goo ニュース
「脅威の7番」村田2発6打点 (スポーツニッポン) - goo ニュース

8与四球で大敗に渋い顔 牛島監督 (共同通信) - goo ニュース
三浦は不安残るスタート 反省することは多々 (共同通信) - goo ニュース

訪問ありがとうございます。
今シーズンはテレビやラジオで視聴できないので、オフィシャルサイトの結果等を見ながら、コメントになりますのでご了承願います。


1勝2敗。勝ち負けは、3連敗していないので、悪くはないといったところか。
しかし、内容が悪い。
三浦、吉見の先発が、早々に大量失点。これはいただけない。昨年は、先発陣が6回あたりまで、失点を最小にしのいで、逆転の機会をうかがうという試合内容が多かった。序盤なのでもう少し見る必要があるが、中継左腕も含めて、先行きに不安を感じさせる。
打線。野手のメンバーは毎度おなじみの面々。そこそこ点は取れているので、重傷ではないが、効率は悪いようだ。昨年からしつこく述べているが、活性化は必要。

ところで、3戦目の佐伯の隠し球。佐伯は去年も隠し球をやっていたが、彼の場合、伏線があって、卑怯な隠し球はしない。(元木と違って)
今回の場合は、前の回の四球に対する抗議的な意味合いだろう。本人はそれを否定したが、オープン戦で内海の危険球気味のボールを指摘していたといったコメントを見ると、まず間違いないだろう。
牛島監督は内海が謝っていないことに憤慨していたが、もしそうだとしたら、内海は内角球のコントロールを付ける以前に、基本的な礼儀というのを学ぶべきかもしれない。
怒り屋さんのブログによると、この3戦、ジャイアンツ投手陣は横浜打者の内角を攻めていたようである。怒り屋さんはジェントルマンなので、コントロールの無い投手は内角攻めを控えて欲しいと論じていたが、私はこの件に関しては、「売られた喧嘩は買うのが流儀」というスタンス。
セ・リーグに移ったばかりの李や、捕手層が薄く容易に戦列を離れられず、内角攻めのサインを出していた阿部あたりは、徹底的に内角攻めをするべきである。結局、このくらいしていかないと、相手は止めるはずもないし、逆になめられる。横浜投手陣は必要に応じて内角攻めを徹底する厳しい姿勢が必要だろう。それが、プロの世界というものではないか。少なくとも、中日はこのあたりはシビアだ。

なお、ヒットマンは、コントロールがままならない速球派の岸本が適任。この一文は冗談。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今シーズンのイチ押し選手 | トップ | 横浜、8年ぶり3度目の優勝! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (怒り屋長助)
2006-04-04 00:58:28
こんばんは

ジェントルマンでもないですよ。(笑)



たしかに1発けん制しなかったのはアレっ?って思いました。お約束でやるのが普通。

内海より前日の酒井の多村への球のほうが

見てるほうは怖かったです。多村のブログでものすごいことになってますよ。多村もそのとき文句を言えばよかったが。。。。



吉見は常時セットから投げて躍動感がないかな、昨日も見に行っていてレフトはいつもより声も出て多かったです。
岸本か... (be a hero in akasaka)
2006-04-04 01:54:45
紙屋さん、ご無沙汰です。

開幕2戦まで見に行きました。尾花は当たり前のことをしていると思います。

でも、佐伯への球は出会い頭、というか変化球のコントロールミスでしょう。問題は佐伯が話しかけた後に飛び込んできた読売の面々。西岡コーチ、ふざけるな、です。あれでは佐伯も怒りをぶつける先がなかったでしょう。



隠し球は痛快。韓国にも隠し球はあるのでしょうか?
怒り屋さんへ (紙屋)
2006-04-04 14:53:09
怒り屋さんや他の人ののブログを読みまして、危険球の適用をしっかりすることと、規則強化が必要ではないかと思いました。

今年は2段モーションが騒ぎになって、曖昧のまま「早速」規制が適用されましたが、2段モーションで怪我をすることはありません。一方、危険球は人の命に関わる重要な問題ですので、「速やかに」厳格な適用をしていくべきではないでしょうか。これは選手自身の安全にも関わる問題ですので、選手会も真剣に取り組むべきテーマとも言えるのでは。

具体的には、故意等関係なく、

(1)危険球を見逃さない。主審が判断しそこねた場合、塁審らが積極的に指摘する。

(2)危険球の一発退場の適用を厳格に行う

(3)危険球が同一ゲームで2度発生場合は、現場監督者の安全上の監督不行き届きとみなし、監督ないし投手コーチを退場処分とする

といったことです。

素晴らしい選手が危険球による怪我で選手生命を短くすることは、心が痛みますので。
be a hero in akasakaさんへ (紙屋)
2006-04-04 15:07:19
今シーズンもbe a hero in akasakaさんのブログの記事楽しみにしています。

みなさん、球場への出足快調のようですね。

うらやましいです。

ネットの記事を見た限りでは、どのコーチのことを指していたかわかりませんでしたが、何となく立場上前横浜の西岡コーチかなと思いました。騒動になったときは、他球団から移籍したコーチが真っ先に出て行かなければならないような雰囲気があると、聞いたことがあります。ちょっとフライング気味のリアクションで、サマにならなかったかもしれませんね。
Unknown (be a hero in akasaka)
2006-04-05 01:33:32
紙屋さん、こちらこそ北米なんてうらやましいです。

西岡がらみでは、夕刊フジのzakzakに面白い記事が出ていますね。今日会社でロッテファンや阪神ファンと話したのですが、さすがに日曜のナイターの視聴率はそれなりに高く、「あれは佐伯がかわいそうだなあ」という感じの反応でした。
Unknown (怒り屋長助)
2006-04-05 01:50:53
審判は確か佐伯のときは橘高だったような、ジャンパイア発動ってことでしょうか。

警告くらい出してもよかったですね。

2段もMLBの主審に言わせると三浦、松坂、岩隈はセーフ、藤川だけアウトでした、日本の審判は藤川はOKで三浦には極端に厳しい。このようなNPBの審判に危険球の判定なんてできるのかと疑問だし判断する勇気ももっているはずがないと思います。なぁなぁでやってるんだろうなと思います。あとWBCで揉めたようにVTR判定を導入すべきだと思います。日本はチャンピオンなので率先して試験的にやれば各国の検討材料になる。チャンピオンだから日程やルール、コースの統一など率先してやる責任があると思います。

今日も行きました、すごい試合でしたよ。

北米ではTV動画は見れないんですか?

日本の試合は海外で見れないんですか?
be a hero in akasakaさんへ (紙屋)
2006-04-05 14:56:46
ZAKZAKの4月3日の記事を見ました。

興味深い内容でした

あの写真や記事を見る限り西岡コーチのやりすぎのように思いました。

怒り屋さんへ (紙屋)
2006-04-05 15:07:50
2段モーションは本当にどこまでOKか、審判の主観によるところが多く、しっくり来ません。プロ野球機構かHP等でここまでがダメ、ここまではOKと写真か絵なにかではっきりして欲しいです。

判定のVTR導入は、私は消極的です。ただ、あまりにも誤審がはっきりしていて、収拾がつかないときには使ってもいいかなとも思います。誰がどう取るか曖昧のままであると、都合良く利用され、誤審を無くすという本来の目的とずれてしまうことを懸念しています。

ホーム開幕戦。凄い試合のようでしたね。

観戦おつかれさまでした!

この試合については別途コメントしたいと思います。



ところで、日本の試合はこちらでは見ることが出来ず、インターネットラジオでいいのがないか探しているところです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
4/2 横4-7読 課題が早くわかってよかったじゃないか! (横浜ベイスターズを熱く語る!)
 開幕3戦目にして初のテレビ観戦。選手の表情もよくわかるし、やはりテレビ観戦も捨てがたい。しかし、一番目に映るのが吉見のなんともいえない渋い表情だけではいただけない。  前日の土肥と同じ左腕が同じ読売打線と相対するのに、あのボール球の多さは何たることか.
4/2 横4-7読 課題が早くわかってよかったじゃないか! (横浜ベイスターズを熱く語る!)
 開幕3戦目にして初のテレビ観戦。選手の表情もよくわかるし、やはりテレビ観戦も捨てがたい。しかし、一番目に映るのが吉見のなんともいえない渋い表情だけではいただけない。  前日の土肥と同じ左腕が同じ読売打線と相対するのに、あのボール球の多さは何たることか.