トリコ・ロートル部録(フットサル日記)

O-50になってもプレーし続けるフットサル後期高齢者が、フットサルやゴルフの活動をメインに綴って行きます。

第22回全日本フットサル選手権大会の観戦記!

2017-03-20 20:35:30 | フットサル

今日は、福岡のフットサル仲間のサクラップに誘って頂き、選手権を観戦して来ました

会場は、聖地の国立競技場代々木第一体育館

このJFA杯獲得を目指して、大会を勝ち抜いてきた2チームの決勝戦が行われます

決勝戦の前には、3位決定戦

府中アスレチックFCデウソン神戸

府中の登録メンバー

神戸の登録メンバー

選手入場から…

府中のキックオフで試合開始

試合の方は、押し気味の府中に対し、神戸も時折鋭い反撃を見せますが、ゴレイロの好セーブで、なかなか点数が動かない展開

後半、府中が均衡を破ると、神戸も同点に追いつこうと猛反撃

最後は、パワープレーも見せますが…

得点を奪えず、10で府中が勝利

私の地元の府中が、3位の座を射止めました

 

決勝戦まで、少し時間が空いていたので、辺りを見渡すと…

FリーグのCOOだった、北澤豪さんがいました

色が黒かったです

 

決勝戦はフウガドールすみだシュライカー大阪

フウガの登録メンバー

シュライカーの登録メンバー

両チームの選手入場

日本サッカー協会名誉総裁の高円宮妃久子さまもお見えになられていました

両チーム、試合前の集合写真

両チームのキャップテンのコイントス

フウガは伝統の円陣で気合注入

シュライカーも負けずに円陣で気合注入

フウガのキックオフで試合開始

フウガが開始2分に完璧な崩しから先制弾

1分後、飛び出したゴレイロの不用意なパスミスから、フウガが追加点

大きなアドバンテージを握ったフウガに対し、時間がたっぷりあるリーグチャンピオンのシュライカーも直ぐに反撃

アルトゥール選手が、ボラとの11から内側に切れ込んで追撃弾

すると、序盤からハイプレッシャーをかけ続けていたフウガが5ファールとなってしまいます

シュライカーのチアゴ選手は、巧みにファールを誘い、第2PKをGET

アルトゥール選手が、ゴレイロも股を抜く冷静なシュートで同点弾

フウガもボラ選手のポストプレーから反撃

清水選手のシュートは、惜しくもサイドネット

しかし、時間をたっぷり残した段階での5ファールは重かったですね

決勝戦なので、球際が激しくなるとファールを献上

アルトゥール選手が、今度はゴレイロの脇の下を抜くシュートで勝ち越し弾

前半だけでハットトリック達成です

このまま前半終了

後半に入ると、23分チアゴ選手が追加点でシュライカーが更に勢いづきます

フウガも得点を狙って、清水選手とボラ選手を同時投入

しかし、ボラ選手が中盤でボールを奪われてショートカウンター

小曽戸選手のパスを、チアゴ選手が確実に決めて追加点

こうなると、フウガはパワープレーで得点を奪いに行きます

しかし、パワープレー返しで更に2失点

攻めた結果ですから、仕方ありませんね

結局、72でシュライカーが優勝

リーグ戦と合わせて、2冠達成です

木暮監督の優勝インタビュー

本日、4得点のアルトゥール選手のヒーローインタビュー

シュライカーの外国人選手は強烈でした

何と、Fリーグの得点ランキング上位3名が、全てシュライカーの外国人選手ですからね

絶対王者の名古屋を引きづり降ろしたシュライカーの実力は本物

このまま、シュライカーの天下が続くのか、来シーズンもFリーグは楽しみです

また、選手権もジャイアントキリングが楽しめる大会です

今回初出場したランブレッタ福岡も、本大会に連続出場することで、TOPレベルの試合慣れをして、1勝と言わず、ジャイアントキリングを目指して頑張って欲しいと思います

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« O-40JOIN 3月19日編 | トップ | ゴルフの練習 3月25日編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。