幕末掃苔屋 公式ブログ

幕末掃苔屋のブログです。掃苔録不定期更新中。ご意見、ご感想はご自由にどうぞ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

井上馨ゆかりの嶋村

2012年06月26日 | 幕末グルメ

嘉永三年(1850)創業の老舗割烹、嶋村に行ってきました。

創業当時は仕出し料理店として江戸城にも出入りをしており、食材を運ぶ途中に桜田門外の変を目撃したという話も伝わっているそうです。
維新後は料亭となり、同店のサイトによると伊藤博文や井上馨などに愛され、時の重大事を話し合っていたそうです。
また『東京「幕末」読み歩き 志士の足跡を訪ねる』(三澤敏博/著)によれば、神風連の計画が二階の座敷で練られた経緯から警察の事情聴取を受けたということです。

徳川幕府や明治の重鎮ゆかりの味も、お昼時のランチメニューであればリーズナブルに味わうことができます。
名物だという金ぷら丼(1200円)をいただきました。
大きなエビ二尾としし唐の金ぷらが乗っています。
金ぷらはカリッと揚がっており、甘いタレがよく合い、ご飯の量も満足できるものでした。
テキパキと働く店員さんにお店の歴史をうかがったところ、本やサイトで得た以上の情報は得られませんでしたが、感じの良い対応をしていただきました。
幕末の味を再現した「幕末会席」という特別メニューも土曜日限定でいただけるそうなので、また訪れたいと思いました。


過去の幕末グルメはこちら

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西郷隆盛ゆかりの船橋屋 | トップ | 九代市川団十郎ゆかりの梅花亭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。