幕末掃苔屋 公式ブログ

幕末掃苔屋のブログです。掃苔録不定期更新中。ご意見、ご感想はご自由にどうぞ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

維新の二傑ゆかりの越後屋若狭

2012年05月19日 | 幕末グルメ

墨田区千歳にある和菓子店の越後屋若狹は西郷隆盛にゆかりがあると知り、行ってきました。
創業してから二百五十年ほどの歴史を持つ老舗です。
主にお茶用の和菓子を扱うお店ということで、購入できる種類は月替わりです。
購入には事前予約が必要とのことなので、訪れる三日前に電話で予約をしました。
その際、種類・数量だけでなく訪れる時間も伝えます。

お店の外観は和菓子屋というより高級な住宅といった風情で、完全予約制という敷居の高さもあり、若干緊張しました。
しかしお店の方はとても感じの良い方で、私の以下の質問にも丁寧に答えてくださいました。

お客として西郷隆盛が来ていたのかをお聞きすると、西郷以外にも山形有朋や伊藤博文も来ていたと教えてくれました。
さらにお店の方は「あとは桂さんもいらっしゃっていたそうです」とおっしゃいました。
私が「え!桂さんって小五郎のことですか?」と聞くと、
「そうです」と答えました。
西郷、山形、伊藤に関しては聞いていましたが、桂小五郎もこちらのお客であったとは知りませんでした。
残念ながら関東大震災と第二次世界大戦のためにお店の記録が失われ、彼らが買った和菓子についてはわからないということでした。
五月のお菓子は若紫と若草を販売していたので、それぞれを買いました。

大地の上に萌える草を表現した若草は、新緑の季節らしい色合いの餡菓子でした。若紫は藤の花が描かれた繊細な練りきりの菓子でした。どちらも甘さはひかえめ、上品な味でした。緑茶と一緒にいただきましたが、このようなお菓子に一番合うのはやはり煎茶だと思いました。

完全予約制とハードルは若干高めですが、維新の二傑が味わった和菓子屋というのは貴重だと思いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青山霊園巡墓会(後編) | トップ | 青山霊園巡墓会(後編)を開催... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。