幕末掃苔屋 公式ブログ

幕末掃苔屋のブログです。掃苔録不定期更新中。ご意見、ご感想はご自由にどうぞ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

徳川将軍珈琲

2010年12月08日 | 幕末グルメ

国立劇場で「仮名手本忠臣蔵」を観てきました。

劇場内の売店を覗くと、「徳川将軍珈琲」なるものが売られていました。
カップに乗せてお湯を注ぐドリップオン式のコーヒーですが、徳川慶喜が飲んだ当時のコー
ヒーの味を再現して焙煎したものだそうです。
以前にも書いたことがありますが、私は掃苔と同じくらい古い喫茶店開拓に熱中している人
間です。
もちろんコーヒーも嫌いじゃありません。
どんなものかと思い、購入してみました。

売店に置かれていた商品チラシによると、「徳川将軍珈琲」は慶喜のひ孫の慶朝氏が焙煎し
ているのだそうです。
『二宮敬作餅』、『ペリーシチュー』、『グラバービール』、『象山ラーメン』、『龍馬珈
琲』、『歳三うどん』、『二本松少年隊飴』、『西郷せんべい』等々、これまでにも旅先で
様々な幕末人の名がついた食べ物を試してきましたが、ご子孫が関わっているものははじめ
てではないでしょうか。

帰宅後さっそくいただきました。
ローストしたコーヒー豆を砕いたような苦みがダイレクトに届く素朴な味。
まろやかなブレンドに慣れた舌てはやや粉っぽく感じるかもしれません。
しかし、わが国に入ったばかりのコーヒーはこんな味わいだったのかなと、遠い幕末を想像
しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不識塔をご存知でしょうか | トップ | また喜多方へ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
将軍珈琲 (森重和雄)
2010-12-10 00:30:21
こんにちは!

慶朝さんの「将軍珈琲」飲まれましたか。(微笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。