琴の気ままにホラー映画★★★⚑⁎∗

ホラー映画(時々サスペンス)好きな人の為のブログ&心霊ネタ。

7500

2016-12-10 06:30:36 | 【な行】
日本公開2015年 製作国アメリカ
監督:清水崇
主演:レスリー・ビブ、ライアン・クワンテン



原題:7500


[あらすじ]

様々な事情を抱えた乗客を乗せ、L.Aから東京に向かって飛び立ったビィスタ・パシフィック航空のジャンボジェット7500便。
飛行中、突然の乱気流に襲われて機体が激しく揺さぶられ、乗客は一時パニックに陥る。
やがて乱気流はおさまるが、今度は乗客の1人が苦しみだし、血を吐いて絶命。
それをきっかけに機内では謎の死が相次ぐ。
怪異現象に襲われながらも飛び続けるしかない7500便は…





-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

[感想]

「何か起こりそう」な前フリが長い。
観始めてから50分経っても、ホラーな事は起こらないです。

若い女性は乱気流の時トイレで気絶したのに懲りずにまた妊娠検査薬をしようとするおバカで、「それって今飛行機の中でどうしてもらやらなくちゃいけない事なの?」とイラっとします。
加えて遅刻して来たCAスージーは仕事そっちのけで、暇さえあれば婚約者や男の事ばかりに思い耽っていてイラっとしました。

この映画はホラーのジャンルにありましたが、物語はホラーではありません。
スリラーな感じが妥当だと思います。
こないだ観た『ゴースト・フライト407便』はストーリーはめちゃくちゃで文句言いながらも楽しめた方でしたが、この7500はストーリーはしっかりしてますが、全然面白くありません。
あらすじもそっくりですが、こちらはつまらなかったです。

そしてお化けがグワッと襲って来そうで、肝心のシーンは絶対みせない。
死体とムービーを撮る窃盗男に近づく死体・・・、
旅行バッグから青白い手が出てて・・・、トイレで床から膝を捕まえて煙の中から・・・

「えーそこで終わりΣ('◉⌓◉’)」と物足りないです。
人間ドラマや各乗客達を丁寧に描き過ぎてます。

行き先が日本だから監督が清水崇監督で、日本の死神説を使ったホラー仕立てにしたのかなと思いました。
にしても、死神と”未練があると先に進めない”説の関連は???です。



↑中途半端に消えたCA。




↑死体に襲われたであろう窃盗男もだんだん空気に。


『輪廻』は凄く面白かったのに、この映画は清水崇監督だからといってお勧めはしません。







にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村


•ストーリー★★☆☆☆
•キャラクター★★☆☆☆
•演出★☆☆☆☆
•設定★☆☆☆☆
•総合★★☆☆☆
•お勧め度★☆☆☆☆

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フッテージ デス・スパイラル | トップ | 闇のバイブル 聖少女の詩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

【な行】」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
7500  監督/清水 崇 (西京極 紫の館)
【出演】  ライアン・クワンテン  エイミー・スマート 【ストーリー】 5月12日、ロサンゼルス発東京行きのヴィスタ・パシフィック7500便が飛び立つ。機内では、友人と旅行をするブ......