琴の気ままにホラー映画★★★⚑⁎∗

ホラー映画(時々サスペンス)好きな人の為のブログ&心霊ネタ。

テイキング・オブ・デボラ・ローガン

2017-06-14 23:18:36 | 【た行】
製作年2014年 製作国アメリカ
監督:アダム・ロビテル
主演:ジル・ラーソン、アン・ラムゼイ、ミシェル・アン




原題:The Taking of Deborah Logan


[あらすじ]

医大生のミア(ミシェル・アン)はドキュメンタリー映画の制作のためクルーを連れて、ヴァージニア州の田舎町を訪れる。
そこに住むアルツハイマーを患っている老女デボラ(ジル・ラーソン)と娘サラ(アン・ラムゼイ)の生活に密着取材する一行。
夜行症のため夜になると自宅のみならず、庭にすら徘徊していくデボラ。
それもアルツハイマーの症状の一つと医者はみていたが、次第に日中でも言動がおかしくなっていき、ついにはアルツハイマーでは説明がつかないほどの恐怖に陥れられる…



【ラスト10分の衝撃映像をあなたは直視できるか?】





-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

[感想]

個人の映画制作と聞いて真っ先に浮かんだのは酔い酔いブレブレの手持ちカメラ。
POVの心配はそんなに気にしなくて大丈夫です。
MRIの写真やアメリカ風のリアルなドキュメンタリー番組の様なインタビュー映像も入っていて、思ったより良く出来ています。


↓冒頭のデボラ。



髪もセットしてオシャレしてます。


↓後半のデボラ。

何してん!



↓こんな説明も入り、演出が新しいです。




デボラ役のおばあちゃん体当たり笑。
『visit』以来、お年寄りが元気なホラーが増えた気がします(*´∀`)
私はまだ観てないけど『ドント・ブリーズ』もそうですよね。



この作品は、魅せ方・煽り方とか演出は良かったのに設定が弱いです。
・ラスボス的な30年前に行方不明になった小児科医の正体が…
・十字架のネックレス置いたのに…
とか、ツッコミどころ有り詰めが甘いと感じます。


ストーリーの途中で紹介されていたバンツ一族の例が実際にあった本当の話ならリアルで凄いです。





写真が生々しかった。



ツッコミどころ有り、ラスボスは弱いですが観やすくてデボラの奇行の謎を探っていったりするのは面白かったです

是非(=゚ω゚)ノ






にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村


•ストーリー★★★☆☆
•キャラクター★★★☆☆
•演出★★★☆☆
•設定★★☆☆☆
•総合★★★☆☆
•お勧め度★★★★☆

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気のせい | トップ | スケア・キャンペーン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL