琴の気ままにホラー映画★★★⚑⁎∗

ホラー映画(時々サスペンス)好きな人の為のブログ&心霊ネタ。

ヒメアノ〜ル

2016-11-18 14:48:39 | 【は行】
日本公開2016年5月28日
監督:吉田恵輔
主演:森田剛、濱田岳



原作:吉谷実「ヒメアノ〜ル」


[あらすじ]

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビルの清掃のパートで働いている岡田(濱田岳)は、同僚の安藤(ムロツヨシ)から思いを寄せるカフェの店員ユカ(佐津川愛美)との恋のキューピット役を頼まれる。
ユカが働くカフェで、高校時代に過酷ないじめに遭っていた同級生の森田正一(森田剛)と再会する岡田だったが、ユカから森田にストーカーされている事実を知らされる。





-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

[感想]

私は吉谷実さんの作品といえば、「稲中」とヤンジャンでたまに読んでいた「わにとかげぎす」以来で、このヒメアノ〜ルの原作は読まずにの、「この映画はホラーのジャンルじゃないけど、すっごい面白い」と、イチ押しなお勧めだったので鑑賞。




いやー森田最初から怖ぇ。

居酒屋ヤバい。

ずっとドキドキしてました。
色々ドキドキしてました。

和草君が殺されそうーで、生きてる。
けど、、、


いやー
こういう殺人シーンは「隣人13号」に似た
雰囲気を感じました。
背中を刺す感触(感触って言い方変だけど)・血の滲み方・反応・・・
トラウマではないけど、凄くこれからの私の記憶に残りそう。

森田剛さんは事務所的にこの役はOKなのか?オロオロ心配しました。
喫煙からありとあらゆる事務所のタブー的なことを全部演じきっています。


ラストの森田君が岡田君に残した一言とあの笑顔の意味は、とても凄くめちゃくちゃ心揺さぶられます
そこからのエンドロール前の森田君と岡田君の回想はとても大事に観て欲しいです。

出来れば森田が森田君になったシーンから何度も観返して、あの笑顔の意味が分かると共感して欲しいです。

原作の終わり方を読みたくなりました。




岡田君が語る「教室での”あの時”の森田君の死んだ魚のような目」は、ヤバかった
:(;゙゚'ω゚'):







にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村


•ストーリー★★★★☆
•キャラクター★★★★★
•演出★★★★☆☆
•設定★★★★☆
•総合★★★★☆
•お勧め度

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パージ:アナーキー | トップ | のぞきめ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ヒメアノ~ル  監督/吉田 恵輔 (西京極 紫の館)
【出演】  森田 剛  濱田 岳  佐津川 愛美  ムロツヨシ 【ストーリー】 普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田は、同僚からカフェの店員ユカとの恋の橋渡......