琴の気ままにホラー映画★★★⚑⁎∗

ホラー映画(時々サスペンス)好きな人の為のブログ&心霊ネタ。

ライト/オフ

2017-02-22 00:31:32 | 【ら行】
日本公開2016年 製作国アメリカ
監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
製作:ジェームズ・ワン
主演:テリーサ・パーマー、ガブリエル・ベイトマン



原題:Light Out


動画サイトで合計1億5000万回再生されたという恐怖映像を「ソウ」「死霊館」のジェームズ・ワン製作で映画化。

[あらすじ]

実家を出て一人暮らしをしていたレベッカ(テリーサ・パーマー)は、怯える弟マーティン(ガブリエル・ベイトマン)から"電気を消すと、何かが来る"と悩み打ち明けられる。
にわかには信じがたい話だったが、レベッカには心当たりがあった。
彼女が家を出た理由も、その何かだったのだ。
弟も苦しめられていると知り、今度は逃げずにその正体を突き止めようと決意したレベッカ。
いくつもの照明を用意して、いざ実家に乗り込む彼女だったが…






-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*ふんわりネタバレ含みます。

[感想]

ジェームズ・ワンらしさを感じるドラマ性・ストーリー性が濃いです。
あの短い動画をヒントに、ここまで物語を膨らませまとめたのは凄いと思いました。

この電気を消すと現れる霊はあちこちの人を無差別に狙って襲っているわけではなく、ある理由があって特定の人物に取り憑いています。





「あぁ、お化けって瞬間移動出来るんだよね」と、怖さを煽りながら予想を外す演出が上手いです。
母親が患っている精神的な病を上手く生かし、しっかりした設定です。
この姉弟が謎の霊"ダイアナ"(物語の中でダイアナの正体は分かってくる)を退治するべく結束して戦い、あと一歩のところのオチは「やだーーー(ToT)」と悲しかったです。
ママ極端過ぎるよー(ToT)







DVDの特典で未公開シーンが観られるのですが、結構良かったです

本編ではダイアナを消すには「ママを強くしよう」とアバウトな感じでしたが、本当はこの会話が所々端折っていて前回の時はママが◯◯で、ダイアナがいなくなった最近はママが◯◯な状況でダイアナが現れるようになったダイアナはママが元気になるのが嫌つまり、ママを◯◯にしようそれをパパがやろうとしたじゃあ今度はママをこうしようと具体的な話が繰り広げられている所が未公開シーンで分かります。
時間的に短い会話なのでカットしなくても…

あとはおまけで本編のラストのその後の物語が観られます。
このオチは結構良いです(^_^)

DVDでは特典があるからついつい映画館よりDVDで観ちゃうんですよねー





にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村




(レベッカの彼氏役・ブレットが、金子ノブアキさんに似てて仕方なかったです笑)




•ストーリー★★★★☆
•キャラクター★★★☆☆
•演出★★★★☆
•設定★★★★☆
•総合★★★★☆
•お勧め度★★★★☆

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 22日頃まで更新おやすみ | トップ | ネイバーズ »

【ら行】」カテゴリの最新記事

トラックバック

ライト/オフ  監督/デヴィッド・F・サンドバーグ  (西京極 紫の館)
【出演】  テリーサ・パーマー  ガブリエル・ベイトマン  ビリー・バーク  マリア・ベロ 【ストーリー】 電気を消して暗闇になると現れるという不気味な何かに恐怖を抱く弟マ......