AD際族

広告という名のメデイア解放とは「アイディアの消費価値を探る。」

Nikeの内気度⑶

2017-08-10 14:25:11 | アイディアのIdentity






Nikeを一躍世界で有名にしたのは、1996年「Banned Commercials Nike - Soccer Players vsThe Devil Italy」であろう。
ナイキの歴史は1960年代まで遡る。
1966年カリフォルニアのサンタモニカにブルーリボンスポーツ社の第一号店が出店する。
1971年にオニツカタイガーの技術者を引き抜き、福岡のアサヒコーポレーションでトレーニングシューズを生産、「ナイキ」の靴として販売を開始した。
NIKEのロゴマーク「スウッシュ」はキャロライン・デビットソンが「スウッシュ」をデザインした。ポートランド州立大学のグラフィックデザイン科の生徒だったキャロラインに当時経理学の教師だったフィル・ナイトがナイキのロゴのデザインを依頼したのがきっかけだった。勝利の女神ニケの翼をイメージしたものだった。当時スウッシュのデザイン料として35ドルが支払われたといいます。そしてその後、巨大企業な企業となったナイキから、ダイヤモンドが入ったスウッシュの指輪とNIKEの株が贈られたのである。
後発メーカーのナイキがこのアイコンとマイケル・ジョルダンを起用し世界にトップブランドとしたのが、Widen+Kenedyであった。広告表現も多岐にわたり全てに於いて、ポシティブである。











単にシューズメーカーだけでなく、世界に日々のRunningを推奨し、AppleとiPod Sports Kit を開発し、自分の居住エリアでのランニングコースまでもアドバイスしてくれます。今ではApple Watch nike +版も出ており、nike running clubもある。全てに於いてポジティブだが、広告表現は以前に比べると面白くない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月9日(水)のつぶやき | トップ | 8月10日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アイディアのIdentity」カテゴリの最新記事