AD際族

広告という名のメデイア解放とは「アイディアの消費価値を探る。」

アニマルの好感度⑴

2017-07-14 12:35:46 | ADレナリンのパーセンテージ





SONY トリニトロンカラーテレビ「タコの赤ちゃん」
当時ACC グランプリを受賞した名作です。制作は学研クリエーティブでした。

在職中に起用したいアフリカのマラソン選手と連絡取れず、「反省サル」となりました。今でも口惜しいかぎりです。日本も海外も動物というものはCM起用で好感度を生みます。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/okV2vQcK7Fo" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

サルといえばこれまたSONY WalkMan







このミニクーパーの様な車 調べてみますと韓国の自動車メーカーでした。
3DCGはなんでも可能にしてしまう様ですが、サルのジロウの動物らしい動きもタコの赤ちゃんもその動きは森羅万象 到底描ききれないと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月12日(水)のつぶやき | トップ | 7月14日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む