試写会帰りに。

当ブログは引っ越しさせて頂きました。
過去記事へのTB,コメントにつきましては「お知らせ」をお読み下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「エターナル・サンシャイン」二回目の出逢い

2005-03-08 | 映画
初見の時のせつなさと複雑な気持ちは、二回観たらどう変化するのか?
二回観たら、もっとせつなく、さらに複雑になった。

観た後のツライ気持ちは少し軽くなった。それは、結末や未来よりも今を大切に思う事、たとえ不幸な結末に終わるとわかっていても、どうしようもなく惹かれ合う人、惹かれ合う時があるということ。
それまでのその時、その二人はきっと幸せの絶頂にあるくらい、愛し合っているのだから。

*(ネタバレしているので観る前の人はご注意下さい)*

二回目、見終わった直後は、初見と同じように切なさを重く感じたけれど、全体を把握してまたよく考えてみると、全くのやり直しにはならないのではと思うようになった。

くされ縁という物、愛し合いながらも、どうしようもなく傷つけ合いを繰り返してしまう二人がいる。もしお互いに今までの記憶がなければ、まるっきり、映画のように初めての出逢いと同様の時期を経て、また同じ結果にはなってしまうのでは? と初めは、思った。

しかし、記憶がないと言っても、一番ヒドイののしり合いを聞いて知っている。
これから愛し合う、初めにそれを知っていたら??
いずれそうなったであろう二人の結末を真摯に受け止めて、これから始まる二人のつき合いの中、思いやって行けるかもしれない。
記憶を消しても、再び同じ人と愛し合うようになるのなら、何も変わらないのではと思っていたけれど、キルスティン・ダンストが演じるメアリーが、トム・ウィルキンソン演じるDr.ハワードと同じ事を繰り返しそうになった時、記憶を消した事が結局二人を幸せな別離へと導いたのだし、クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)とジョエル(ジム・キャリー)も、記憶を消していなければ、再びやり直そうとしなかったかもしれない。

こう考えると、“記憶を消す”という装置は、別れの時や、上手く行かない時によく思う、”出逢った時の頃の気持ちを思い出す”という事なのかもしれない。ただ、それを実際にするのはとても難しい事。しようと思っても、簡単に出来る事じゃない。
だから、もし、これから、なんでこんなことになってしまったのか? あんなに愛し合っていたのに。という状況におちいってしまったら、まるで記憶を消してしまったかのように白紙の一ページ目に戻り、これまでの自分を忘れてもう一度初めから始めてみると、新しい自分も見えてくるかもしれない。

あれ!? もしかしてこの映画って、初めからそういう事だったのか? 
そう言えば、初めからみんなそういう感想を持っていたようだったし。
一回目では、すっかり感情移入し過ぎて、ストレートな映画のメッセージを受け取れなかったのか。
素直に観たら、普通にこういう感想に落ち着くのだろうか。

でも二回観た事によって、さらに深く理解しようとし、考えを深める事が出来たのでとても有意義だった。
そして、出逢いまでのシーン、三回目でもわからなかった事が、最後の四回目でやっと!わかった。
大した事ではないけれど、何回も観ないと見逃してしまうこと、もっとありそうで、もっとこの映画が好きになった。

一回目の感想“もう恋はしたくない「エターナル・サンシャイン」”
コメント (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神経を削られる「アビエイター」 | トップ | マット・デイモンにアクショ... »
最近の画像もっと見る

46 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました♪ (MoonDreamWorks)
2005-03-10 23:50:29


一度目に観たときは、過去と現在が多少ごちゃまぜに見えて、理解できなかった部分が多少あったのですけれど、その点を気をつけて観ていたので、今回はよりのめり込んで観ることができました♪

ふたりが別れた原因は、真逆な性格の二人がお互いの内面まで深く理解できなかった事にあったと思います。それが、彼女の存在しなかった過去の記憶に隠れた事によって、幼少時のジョエルの寂しさとか、臆病になったルーツがクレメンタインにも見えてきたし、ジョエルも売り言葉に買い言葉で言った「たった一言」で、貴重な愛を失う無意味さにも気づかされたと思います。本心じゃなかったんだということがお互いにわかって、お互いの溝を埋めることができたのですよね~☆

こちらもTBさせていただきました。

でわ^^
一度目よりも短く感じました。 (bakabros)
2005-03-11 01:31:31
記憶と現在、過去をつなげるヒントと細部を見逃すまいとしていたせいか。二度観た方へ聞きたかった事があるのですが、メアリーとスタンのセックスシーン、カットされていませんでしたか?? 一度目で確か観たような。あと、記憶の中のシーンのつなぎ目が少しずつブチブチ切られていたような気がしました。

一度目は観るのに夢中で気づかなかっただけなのかな?
Unknown (zattchi)
2005-03-11 02:14:11
ミチミチのzattchiです

コメントありがとうございます

2回も見たんですね!!!!

うらやましいです

もう一回僕も見たい!!!!

一回目は僕と同じ日なので九段会館ですよね

あの辺りって食べるとこ少なくないですか?



しかしこの映画は本当にイイ!!!

キャストもイイし、展開とかすごく好きです。

なにげに、メッセージ性強いし

パンフも欲しいし、もう一回見ようかなぁ‥
zattchiさんにも (bakabros)
2005-03-11 02:35:28
上記と同じ質問します!

同じ上映を観ているのだから、zattchiさんが覚えてなかったら私の妄想って事に。。!?

九段会館の時は、飯田橋か神保町まで歩きます。

九段会館付近でおいしいお店があったら私も教えて欲しいです。
なるほど… (ともや)
2005-03-11 02:58:16
こんばんは、bakabrosさん。

さすがカウフマンというべきか、観れば観るほど味が出るスルメ映画なのですね。

ただ、意図的なのかどうなのか分かりませんが、シーンのつなぎ目のブチ切れ感が結構気になりました。



>メアリーとスタンのセックスシーン、カットされていませんでしたか??

このシーンは無かったですね。

試写の合間にも編集され直してるのかしらん?



>九段会館付近でおいしいお店があったら私も教えて欲しいです。

あの付近ってお店少ないんですよね。

私がよく行くのは飯田橋の『刀削麺荘』です(警察病院の近くですね)。

刀で削った麺のお店(マンマじゃん!)なんですが、トム・ヤン・クン系のちょっと酸っぱ辛いスープの麺で、意外に良いですよ。そこの麻婆豆腐も山椒がめっちゃ効いてて、最初は舌が痺れる位なんですが、病みつきになるんですよ。
ガーン! (bakabros)
2005-03-11 03:27:08
やはり妄想でしたか。。ブチ切れ感もありましたか。

二回目という事で細部まで気になりすぎたのかもしれません。近くに観た「アビエイター」とごっちゃになってるのか、それか夢でも見たのかもしれません。

画面にない映像まで観させてしまうとは、恐るべしカウフマン脚本!

やっぱり飯田橋まで行きますよね。神保町まで行くと讃岐うどん屋が沢山あるので嬉しいのですが、試写会後に走っていっても『丸香』には間に合わないし、『野らぼー』も並んでいて一度も入れません。今度『刀削麺荘』で麻婆豆腐に是非挑戦したいです!
TB&コメントありがとうございました。 (ななな)
2005-03-11 14:34:38
ロッタちゃんが好きっていう方がいてとっても嬉しいです~!!

私も大好きでもうあの生意気&可愛さは最初見たときからメロメロです!!

私のお家にもバムセ2匹いますよ~(よく鼻を潰してしまいます)

グレテちゃんは何年か前に見たとき本当に大きくなっていてびっくりしました。



この映画は見れば見るほどたぶん味が出てくるのでしょうね~。もう一度みたいってか何回も見たい!!っていう気持ちになりました。
なななさん (bakabros)
2005-03-11 15:40:45
私も嬉しいです~!

日本公開時にはもうロッタちゃんではなくロッタさん!?

手足がとても長くて綺麗なお嬢さんになっていましたね。

IDの写真、自作のブタクマなんです。(テディベアのようなブタ

また遊びに来て下さいね! 私もまた遊びに行きます。

Unknown (zattchi)
2005-03-12 01:59:06
こんばんは

>メアリーとスタンのセックスシーン、カットされていませんでしたか??

僕も見なかったと思いますよ!

なりそうで‥と思ってたらもう終了!みたいな感じだったと‥

確かにシーンのつなぎはブチって感じでしたね。

これって、演出ではないのかなぁ‥

想いでの扱い方だと思うんですよね



やはりあの辺りには食べるとこ少ないのですね‥

マックじゃなぁ‥



そういえば、九段会館のベストポジションってどこでしょう?

今回僕はマスコミ席のすぐそばでした。

やはり二階席がいいのかなぁ‥
zattchiさん (bakabros)
2005-03-12 03:24:26
お答えありがとうございます!

やっぱり、私の妄想だったのですね。

ごっちゃになっているかと思ったアビエイターにもそういうシーンはなかった気がするし。。

夢でも、みんなが観ていないシーンを観られたので良しとします。

ぶち切れ感は、セリフだけ先に入っていて映像が途中から始まっていたりして、もし演出だとしてもあまり美しくないですね。

その辺りも含めてDVDではどうなっているのかじっくり見返したいです。

九段会館は前が通路で開いている席ですね。私もマスコミ席のそばで観ました。私は充分観やすかったですよ。二階席は座った事ないです。また情報よろしくお願いします!
Unknown (zattchi)
2005-03-13 02:01:52
DVDたのしみですね

でも、もう一回見るべく懸賞に応募しないと!!

それとも、映画の日とかサービスデイかなぁ?

うーん‥見に行きたい‥

当日僕はスクリーン向かって右側にいました。

前の通路から3列目!!マスコミ席の斜め右後ろでした。携帯無くしそうになったのでよく覚えてる‥

bakabrosさんともしかして近くだったりして(笑)

僕は、次は「恋の風景」!!!J-WAVE試写会なので楽しみです。
zattchiさん (bakabros)
2005-03-13 12:16:20
この映画は二回(以上)観る事をお勧めします!

私は今すぐにでも三回目を観たいです。三回と言わず、飽きるまで何回も。

私は通路の一番前、左のマスコミの隣でした。

でもきっと、今までも試写場ですれ違ってるでしょうね!



J-WEVEはPASS会員限定が増えたので、最近あまり応募していませんでした。

zattchiさんもPASS会員になられているのですか??

入会金や年会費がいらないのなら入ろうかと思っていますが。。

Unknown (zattchi)
2005-03-14 01:50:03
こんばんは

おっ!!!ちかくですねぇ~

なんかうれしい

僕は試写会当選初でした

最近試写会にはまっていていろんなところで応募しています

まだまだです

応募は今はネットで出来るから便利ですね!

PASS会員限定はなっていなんです

PASS会員限定試写会ではなかったので‥

でも、次の限定試写会「緑玉紳士」はいきたいけど‥

ちょっとめんどうですね。僕も迷っています。



緑玉紳士って、 (bakabros)
2005-03-14 06:51:48
確かクレイアニメの、日本映画ですよね?

一応以前に入会申込書申し込んであるのですが、そのままにしています。。。

本当に優先的に、応募すればほとんど行けるとかだったら、入ってもいいかなという感じです。
Unknown (zattchi)
2005-03-15 02:54:29
こんばんは

そそうで~す

クレイアニメの日本映画です

ちょっと、不細工な感じがたまらなそうです

40分と短そうですが‥

「ベルビルランデブー」というフランスアニメがすごくおもしろくって、これもちょっと不細工なキャラが最高でした。同じに臭いを感じたもので‥しかし、優先的にあたるとJ-WAVEパス最高ですよね!

ベルヴィルランデブー (bakabros)
2005-03-16 01:01:01
気になっていました。後になって、応募しておけば良かった!と思いました。

PASS限定で「ハイドアンドシーク」募集してますね。

これを機会に入ってしまおうか検討してます。
Unknown (るるる@fab)
2005-03-18 17:49:36
記憶を無くしてもまた好きになる、というのはある種の運命なのかもしれないですね。

この映画の「記憶除去装置」が不完全なのか、はたまた記憶を完全に消すこと自体が不可能なのか・・・やはり恋愛に関する記憶って一番消しにくいのかもしれないです。

それでもきっと「幸せだった記憶」だけ最後まで残っちゃうのかもしれませんね、だからまた好きになって・・・の繰り返しなのかも。

私は今度はこの二人は上手くいくような気がします(希望的観測)
るるるさん (bakabros)
2005-03-19 01:26:38
TB&コメントありがとうございます!

例えその人との記憶を消しても、惹かれ合う二人は結局いつかどこかで出逢ってしまう、そしてやはり恋に落ちてしまうんでしょうね。

切ないけれど、恋に落ちる事は幸せな事ですからね!

また遊びに来て下さいね!
Unknown (多感な奴@CINEMA IN/OUT)
2005-03-21 23:34:44
TB&コメントありがとうございました。

ユングの心理学の概要について

私の記事のコメントに書いておきましたので、

もしお時間があれば見てみて下さいね。



記事のネタバレ解読部分に書いたとおり、

私としては同じことの繰り返しではないと思っています。

最後に流れたBECKの曲も「気持ちを変えれば」云々と

いう歌詞でしたしね。

いずれにしても何度も観たくなる

素晴らしい作品ですね。

わざわざこちらにもコメントありがとうございます!?  (bakabros)
2005-03-22 00:57:08
多感な奴さんの映画評と解説、非常に興味深く、勉強になりました。突飛なストーリーの様で実は、心理学に基づいた奥の深い内容だったのですね。

益々何度でも見返したくなりました!

はじめまして (goo)
2005-03-23 00:19:57
TBとコメントありがとうございます。2回も観たんですね、ものすごく気に入ったんですね。私ももう一度、もっとじっくり観てみたいかな。DVDが発売になったらmyコレクションに加わることは決まりました!
gooさん (bakabros)
2005-03-23 03:07:34
もの凄く気になるんです。

自分でものめり込みように驚いています。

「ビッグ・フィッシュ」の後もしばらくテーマ曲が頭からはなれなかったのですが、今回はE.L.O.の"Mr.Blue Sky"がはなれません。
TBありがとうございました! (mobeer)
2005-03-24 16:11:44
僕ももう一度見てみたいな~、と思っています。一回目も感動しましたが二回目はきっときがった視点から違った感覚で見れるような気がしますし新たな発見や感動があるかもしれませんよね。
はじめまして (aoi)
2005-03-24 23:11:32
こんばんは!トラックバックさせていただきました。

私ももう5回以上観てます(恥)!

サントラもずっと聴いてますー



ジムキャリーにほれてしまいました~~かわいくて…

結論は観客にまかせてあるところもスキです。
コメントありがとうございます! (bakabros)
2005-03-25 00:58:08
mobeerさん

映画とビール、ワインが大好きです。あとおいしい物。

この映画を二回以上観て、一回目よりつまらなくると言う事はない!と断言します。二回以降の感想を是非また聞かせて下さい。



aoiさん

五回以上!? 映画館でですか!? 凄いです。

でも、五回と言わず何回でも観たくなる映画ですよね!

私もジョエル役のジム・キャリーがすごく好きです。

どなたかが“日本人受けするキャラクター”と書いていましたが、そう言われるとそうなのかも。アメリカ人で、ああいうタイプは貴重というか、敬遠されるものなのでしょうかね?



終わり方も切なくてグッときます。

思い出しただけでもつらくなる。

きっと何度観ても変わらない(観る側の気持ちによって感想は変わるけど)素敵な映画ですよね!
また観ちゃいました (kazupon)
2005-03-26 12:01:22
こんにちわ!この映画にドハマリしてしまい(笑)

再度劇場へ、そして輸入DVDを買ってしまいました;;;

またそれで改めてネタバレトピックを書いてみたので

TBさせてもらいますね!とっても良く考えている

映画だと観ればみるほど思いましたー
kazuponさん (bakabros)
2005-03-27 01:37:36
カットされたシーンがそんなに多く、そして結構重要な事だったというのが驚きです。

あと、細かい所で、ここはどうだったの?と聞きたい事が沢山あるのですが、kazuponさんのブログのコメントに質問させて貰っても良いでしょうか?? その際はどうぞよろしくお願いします!
ありがとうございます! (kazupon)
2005-03-27 13:00:27
再TBありがとうございます。

二度目三度目は結構マジマジ観ているので、

??があればお気軽にお話してくださいねー

僕も人の気づいた伏線とかとっても気になってます。

この映画チャーリーとミシェルがすごく議論して

作っている印象があって、見えないサイドストーリーも結構考えてあると思うんです。

あの友達夫婦との関係とか、ナオミとか、

ジョエルのお隣さんのこととか(笑)
気になる~! (bakabros)
2005-03-28 00:46:43
友達夫婦、すごく気になっていました。

イヤーな感じのリアル感をビシビシ感じていました。

ああ、生活していくってこういう事だよなぁ、と。

あの夫婦によって、一回目がすごくヘビーな物に感じたというのもあります。

では遠慮なく質問させて頂きます!
やっと観ました (arudenteな米)
2005-03-28 09:45:39
じんわりキテます。

観終わって帰宅すると嫁に「ナニ変な顔してんの?」と言われたのでかなり複雑な表情を自分はしてたようです。



人への薦め方が難しい映画ですねコレ。
変な顔って (bakabros)
2005-03-28 14:58:14
冒頭シーンのジム・キャリーの顔を想像しました。

もの凄い寝覚めの悪い朝みたいな。

それか、記憶を消す前にお隣さんと出会った時の気まずい顔。



「その時の恋愛状況によって見方が変わるよ」と勧めると、何らかの観点は見いだして貰えるかも?

あとは「一度観ただけでは本当の良さはわからない」でしょうか。

時間があれば、映画館で連続鑑賞したい気分です。

DVDで一時停止しながらかな??
Unknown (おこげ@ツタヤ店員)
2005-03-28 16:41:42
TBとコメントありがとうございます!

何度か観ている方も多いんですね~。

確かに奥深い感じですもんね。



題材が記憶なだけに、結構解釈が自由なところもあると思うんですよね。



みなさんの話を聞いてたら、また観にいきたくなりましたよw
おこげさん (bakabros)
2005-03-28 17:01:45
TB&コメントありがとうございます!

賛否両論あるんだ!と意外な気がしました。

私はどっぷりとはまってしまったので。

一度観て?な人も二度は観て欲しいです。

二度観ても?な事まだ沢山あるので、何度でも観たいです。

また遊びに来て下さいね!
こんにちは (aoi)
2005-03-31 12:41:21
こんにちは!

アビエイターのほうにもトラバ&コメントさせていただきますね~



日本人受けするキャラクターだと私も思いますが

アマゾンのDVD(まだ日本発売前ですが情報だけ出てる)のレビューで

実はアメリカ人にはこういうタイプが結構多いって書いてる方がいらっしゃいました。

大阪人がみんな芸人みたいに面白いわけじゃないってのと同じでしょうか?…って違うか^^;



ちなみにうちの母親には「退屈だった」と言われてしまいました。

恋とか愛とかの段階からは本人の意識レベルが超越しすぎてるのかもしれません;
aoiさん (bakabros)
2005-03-31 13:01:09
コメントありがとうございます!

アメリカ人にも結構多いタイプ…本当だったら少し親近感わきます。

“大阪人がみんな面白い訳じゃない”と、母上様が“恋愛の段階から意識レベルが超越してる”に声を出して笑いました!

また遊びに来て下さいね!
TBさせていただきました (めたろう)
2005-04-05 22:14:49
お邪魔します。



今回、こちらのブログの記事とコメント群を踏まえて当方の記事を組みました。

事後承諾をお詫びいたします。



必要であれば手直しいたしますので、ご連絡ください。



一人身の長い哀しさ、恋愛映画としての見方では無くなってしまいましたが、またしても考えさせられる事の多い映画でした。

「ビッグフィッシュ」といい、何か最近、記憶や人生回顧、人の内面を扱った良作が、同時多発的に産まれてるような気が致します。
めたろうさん (bakabros)
2005-04-06 03:59:05
こんな記事を使って頂いて恐縮です。

TB、コメントもありがとうございます!

そちらの記事にもの凄く長いコメントをつけてしまいました。

内容もよくわからない物になってしまって。。

また覗いて下さい。私も寄らせて頂きます。
2回目 (り~ちゃん)
2005-04-16 11:07:24
 たびたびTB&コメントありがとうございます。



 僕も映画の感想を書いていますが、言葉を知らないので、なかなか思いを伝えられないんですよねえ。

 bakabrosさんの感想は、まさに代弁してくれてました。うんうん、と読みながら再び感動に浸りました(笑)。



 今度3回目に観に行こうと思ってます。ほんと、大好きな映画になりました。

 またお邪魔しま~す。

りーちゃんさん (bakabros)
2005-04-17 00:42:46
こちらにもコメント頂いてありがとうございます!

ジム・キャリーとケイト・ウィンスレット、凄く良かったですね。

役の設定がとても良いし、とても魅力的に演じているので、ジョエルとクレメンタインが大好きになりました。

ラブストーリーはこうでなくちゃ! ですね。
TBさせていただきました。 (yue)
2005-05-24 17:56:56
こんにちは、人より遅れる事一か月・・・なんですが、ようやく観る事が出来ました。



はじめ、どうしてこんな二人が恋人?と思うほどのカップルに見えたのですが、忘れたくないと願ってる姿や、記憶が消えてからの二人がまた魅かれ合ってしまう姿を見ると、恋愛とは不思議なものだと思いました。

イライジャ演じるパトリックが、ジョエルの真似してクレメンタインを口説いてうまくいかなかったところをみてたら、特に思いました。





2回目見ました (めたろう)
2005-05-24 20:48:19
お久しぶりです。

実は、先日の「コンスタンティン」をクサしてかいたのは、「エターナルサンシャイン」2回目と連続して見ていたから、、、。我ながらバカな事しちゃいました。



2回目で気づいた事。

その① 上の方の指摘してるパトリックの失敗って、結果として彼自身の行動がクレメンタインの記憶を刺激してしまったから、だと言う事。彼のやった事って、記憶喪失の患者に試みる「思い出すきっかけ(事物)を与える」治療そのものなんですよね。記憶そのものが戻らないにしても、感情は戻ってくる。結果彼女は、理由も無く激しい後悔に襲われたんじゃないかと思うんですよ。



その② ジョエルが最後の最後でクレメンタインを呼び止める理由が、記憶消去の最後に出てきた、海辺の家でのシーンにあると言う事。

あれは、ジョエルの後悔なんですね。それから、二人が分かれた原因が、既に出会いの時にあった、って事を示すシーンなんですよ。きっと。

ジョエルは結局最初から最後までクレメンタインの内部に踏み込めず、逃げ出していた。

記憶を辿っていって、最後にそこに行き着いた。強烈な後悔と共に。

「次」が約束されていたわけじゃ無いけど、「もしもやり直せたら」って想いができた。



だから、ラストシーンは海の家のシーンと二人の位置が逆になっていて、ジョエルの方がクレメンタインを呼び止める形になったんだと、思います。
TB,コメントありがとうございます! (bakabros)
2005-05-25 01:47:51
yueさま

確かに、一見正反対の正確に見える二人ですが、だからこそ惹かれ合うという感じが凄くよく感じられました。

今もう一度観たら、「また恋がしたくなる」ような気がします

また遊びに来て下さいね!



めたろうさま

うーん。深いですね。

集合的無意識とか、無意識下の深い所でみんなが繋がっていると考えると、この映画の疑問点も解決されるように思いました。



初めて観た時は、クレメンタインが訳もわからず悲しくなったり混乱するところ、よくわからなかったのですが、無意識下でジョエルとクレメンタインが繋がっていると思うと、ジョエルが記憶を消した時にクレメンタインがおかしくなってたのも理解出来ました。



ラストシーン、確かにジョエルは新しい一歩を踏み出したのですね。そう考えると二人の未来もまた変わってきそうで、更に希望が膨らみます。
こちらにもお邪魔致します♪ (「あ」嬢)
2005-06-03 11:11:18
こんばんわ、bakabrosさん♪

連続コメント&TB失礼致します。

一度目の感想とまた違って大変興味深く拝読させて頂きました。DVDのオマケ映像によると「数年後ラクーナ社の常連になっているクレメンタイン」っていうダークなエンディングも当初考えられていたらしいですが、ワタシとしてはふたりにはうまくいってもらいたいです。カセットテープでさらけ出してしまった訳ですしね。
「あ」嬢さま (bakabros)
2005-06-03 12:08:24
こちらにもTB,コメント感謝です!



もう一度、何度観ても感想がその時で変わりそうな映画です。

DVDのおまけ映像とか、カットされたシーンも観たいな~!

ラクーナの常連クレメンタインは、オチとしてはいいのかもしれないけど、頂けないですねー。そっちにならなくて良かった!



自分の中で、早くも「50回目のファースト・キス」が全体的には上位にランクインしましたが、何度も見返したい映画、切なさではこちらが上ですね。
ごめんなさい・・・↑のunknownは私ですm(__)m 削除お願いします! (姉御)
2005-06-03 22:46:17
コメント&TB,ありがとうございました!

そうそう、何回か見るたびに、いろんな発見のある映画だと思います。

DVDが出たら、是非じっくり部屋で何度もみちゃうのではないかなと

自分で思っていますp(^-^)q

私はあの、本屋から部屋の廊下に帰ってくるシーンがすごく好きで、

だけどあれ、特撮使っていない!というのをあとで聞いて、

すごくびっくりして、そしてまたさらに監督のミシェル・ゴンドリーを

好きになりました。
姉御さま (bakabros)
2005-06-04 01:51:28
こちらこそ、TB,コメントありがとうございます!

削除了解しました。



DVDで止めたり戻したりしちゃいそうですね。初めの出逢いのシーンだけ何度も観ちゃいそうです。



本屋から部屋の廊下へ帰ってくるシーン、私も、最初に驚いたシーンです。CGなしと言う事は、本屋のセットの端に、友人の部屋の階段の下のセットをくっつけてあるという事なのでしょうか!?



う~ん、凄い手仕事感ですね。でも、あの本屋の天井の電気が消えていく感じが凄く好きでした。

そういうメイキングの話を聞くとまたもっと、この映画が益々好きになります!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「 エターナル・サンシャイン」二度目の鑑賞 (MoonDreamWorks)
監督 :ミシェル・ゴンドリー主演 : ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット /      /キルスティン・ダンスト/イライジャ・ウッド /公式HP:http://www.eternalsunshine.jp/ 二度目の鑑賞のこの作品は、前回観た時には気がつかなかった点がよくわかってよ...
エターナル・サンシャイン (ともやの映画万歳!)
(原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND) 【2004年・アメリカ】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★☆☆) 「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」「コンフェッション」の脚本を手掛けたチャーリー・カウフマンの最新作。 彼には珍しい恋愛(本当は記憶だけ
3月8日(火) 今日の出来事(番外編) (映画の胃袋 Живот киноего)
ある試写に30分前に行ったのにも関わらず満席で入れず…実はこれで既に2度目(涙)。どこかで時間を潰して、3時半から別な試写を観ることにする。 ところで、最近宣伝が目立つようになってきた『エターナル・サンシャイン』。私は完成披露試写で観たので3ヶ月近く前になるが
エターナル・サンシャイン (エンタメ!ブレイク?)
誰かを愛し、たとえ傷ついても、 その瞬間を生きた証が、「記憶」という人生なのだろ
エターナル サンシャイン-Eternal sunshine- (ドロップアウトした野郎の過去と未来)
「エターナル・サンシャイン」を見ました! 本日公開の映画ですが、例によってあらすじやレビューは 公式ページ bakabrosさんの「試写会帰りに。」 ともやさんの「ともやの映画万歳」 moonsaltさんの「ブラックジャックによろしく哀愁」 で紹介されてお
エターナル・サンシャイン (It\'s a Wonderful Life)
いやあ、とても愛おしい!という表現がぴったりの映画でした。 個人的には大満足。冒頭の仕事をブッチしてフラリと海へ出かけるシーン からセンス抜群!って感じで、「あ、これは絶対気に入る映画だな」 と思った通りの自分好みの作品でした。 映画を観ていて誰...
エターナル・サンシャイン (Teralinの覚え書き)
奥の深い映画でした。 私は時空が行ったりきたりするものはちょっと苦手です。真剣に頭の中で整理しながら観ないとストーリーがチンプンカンプンになってしまい、結局、また観直す事になるので、どちらかというと単純なストーリー展開のもののほうが好みなのですが、これ
映画2 エターナル・サンシャイン(2) (Earthly pleasures:映画・スポーツ雑記 from USA)
遂にコレクターズ・エディション(DVD2枚組)を買ってしまった。以前、一口レビューを書いた際に「Scientia est potentia? Pravda?」のころりさんに薦められて以来、気になっていたのだが、本当に好きな映画は手元に持っていたい病が出て購入。   まだ少ししか観てない
映画2 Eternal Sunshine of the Spotless Mind エターナル サンシャイン (A) (Earthly pleasures:映画・スポーツ雑記 from USA)
好みは分かれるのかもしれないけど、僕はすごく好きです。絶賛に近いかも(珍しい・・・)。ファンタジーのような(もしかしたら近い未来で現実になるのか?)デバイスを使った、心情描写の上手い映画。ジムキャリーは過去最高の出来だと思うし、ケイト・ウィンスレットも今
エターナル・サンシャイン (CINEMA IN/OUT)
Eternal Sunshine of the Spotless Mind ミシェル・ゴンドリー監督作品(2004年・米) 脚本: チャーリー・カウフマン 出演: ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト、マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド、トム・ウィルキンソン 他
試写会「エターナル★サンシャイン」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「エターナル★サンシャイン」開映18:30@よみうりホール 「エターナル★サンシャイン」2004年 アメリカ 配給=ギャガ・ヒューマックス 脚本=チャーリー・カウフマン、監督=ミシェル・ゴンドリー 出演=ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステ
エターナル・サンシャイン (のんびりぐ~)
作品:エターナル・サンシャイン 監督:ミシェル・ゴンドリー 主演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、イライジャ・ウッド、 公開:2004年 アメリカ 映画館 エターナル・サンシャイン ”さよなら”の代わりに記憶を消した。 恋の痛みを知る、すべての人へ。6
エターナル・サンシャイン (No Cinema,No Life)
超はまった映画「ヒューマンネイチャー」のミシェルゴンドリー☆チャーリーカウフマンのコンビに見る前から期待が膨らんでいた。何しろ僕にとってカウフマン作品「マルコビッチの穴」も「アダプテイション」も最高につぼにはまった作品で、今回も絶対に外さないだろう、と
「エターナル・サンシャイン」 (お金のこと)
先日観に行ってすでにリピーター状態。iTunes Music Storeでサントラを即買いしてしまった。なんだかカップル向けのチャラいオサレ映画っぽく宣伝されてるけど全然そういうのじゃないですよ。私は恋愛ドラマが苦手で誰が誰とくっついて~奪い合って~ゲットして~とか観てる
エターナルサンシャイン (∞最前線通信)
 3月19日から日本で公開されているアカデミー賞最優秀脚本賞受賞作品。  主人公(ジム・キャリー)は、失恋により「愛する人との記憶」を消すために「記憶を削除する会社」に手術を依頼します。そして消えていく記憶の中。「主人公の記憶」と「記憶を扱う会社」とを
DVD エターナル・サンシャイン (It\'s a Wonderful Life)
このトピックスは「エターナル・サンシャイン」のネタバレをしまくってます。 これから見ようと思ってる方は出来れば鑑賞後に読んでください! 前の感想はこちら 気に入ったので、実はすぐ劇場で再度見て(笑)、その後某輸入DVDショップに フラッと寄った...
『エターナル・サンシャイン』~記憶をめぐる冒険〓~ (Swing des Spoutniks)
『エターナル・サンシャイン』公式サイト   脚本・原案・製作総指揮:チャーリー・カウフマン監督・原案:ミシェル・ゴンドリー出演:ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット    キルスティン・ダンスト イライジャ・ウッド   『エターナル・サンシャイ
エターナルサンシャイン (arudenteな米)
デートで観るのはお奨めしづらい。 エターナルサンシャイン(Eternal Sunshine) http://www.eternalsunshine.jp/ 「さよならのかわりに記憶を消しました」 このキャッチコピーの通りの映画。 正直、これもネタバレを少々まじえての散文感想になりますので未見の方は注意
「エターナルサンシャイン」 (ツタヤ店員の憂鬱)
これからグリーンデイのライブですよ。 なんだか寝不足、ペース配分には気を配らねば。 「エターナルサンシャイン」 私の敬愛するジム・キャリー最新作。 やっばいね。 ひさびさに映画館で泣きましたよ。 昨日は公開初日だったにもかかわらずがらがら。日本...
エターナルサンシャイン (めたローダー準備室)
心理スリラー?としての「エターナルサンシャイン」
エターナル・サンシャイン (水曜日の午後には)
---別れた恋人クレメンタイン(K・ウィンスレット)が自分の記憶を消したという事実を知ったジョエル(J・キャリー)。ショックを受けた彼は自分も同じ手術を受けることに。しかし手術中にクレメンタインと過ごした数々の思い出がよみがえり、「彼女を忘れたくない」と気
●エターナル・サンシャイン/忘れたくない・・ (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
エターナル・サンシャイン 『真の幸福は罪なき者に宿。 忘却は許すこと。太陽の光に導かれ、 無垢な祈りは神に受け入れられる。』 (アレクサンダー・ボーブ) とても美しい響き、映画の題名はこの詩から とられているそうです。 ジョエル(ジム・キャリー)は恋人 クレメ
エターナル・サンシャイン (NO MOVIE, NO LIFE)
すごい映画を観ちゃったな~、て思った。 チャーリー・カウフマンとミシェル・ゴンドリー。 この組み合わせで観ないわけがない。 元々ミシェル・ゴンドリーのPVが大好きだったので、冒頭のシーンですでに 「あぁあぁ、ミシェル・ゴンドリー天才!」 って感動してたあたし。
SWEET PAIN (Something to say of a defeat CAT)
※映画「エターナル・サンシャイン」のこと。(ネタバレ) イライジャ・ウッドposted with 簡単リンクくん at 2005. 5.24ビジネス社ビジネス社 (2004.2)ISBN : 4828410953価格 : \1,680通常2~3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 個人的に”ハ.
「Eternal Sunshine of the Spotless Mind」 (「あ」嬢の別宅。ただいま準備中。)
\"Blessed are the forgetful, for they get the better even of their blunders\'\" Eternal Sunshine of the Spotless Mind を DVD で観た。 大好きなジム・キャリーが「普通の人」を演じてると聞いて 以前より気になっていた作品。 「ロマンティック・コメディ」に分
記憶にまつわる映画?ロマンティックに見せないロマンティックな... (Today\'s My Serendipity)
姉御がシリーズでお送りしてきた、この春公開映画の「記憶にまつわる映画」シリーズ。 ?の「きみ読む」では、記憶を失った最愛の人に寄り添う人に起こる奇跡を、 ?の「クライシス~」は、記憶を操られ洗脳される恐怖を描いた映画でした。 (詳しくは上記リンクの、そ...
エターナル・サンシャイン (映画の休日。)
エターナル・サンシャイン 理解不能。でも… やさしさいっぱい。 不思議さいっぱい。 「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」「ヒューマンネイチュア」で有名な脚本家、 チャーリー・カウフマンの最新作。 数々のハゲを使い、不思議世界へと誘ってきた自ら