まるちゃんの めざせ!快適シンプルLife

本当の幸せを見つけて・・・
  第2の人生を歩き出した
      まるちゃんの徒然日記
    
 

歯の治療

2017年04月20日 | 俳句日記

 

106 春愁やいつまで続く歯の治療

107 せっかくの青ぬたを飲み込みにけり

 

欠けた左下奥歯の神経をとる治療をしてます。毎回(3回め)麻酔の注射をして、けっこう時間もかかります。痛みには強い方だけど、時折ズキズキします。しかも、右だけで食事をするからか、右の上下の奥歯も詰め物の下は虫歯になってるようで物がすぐはさまるし、しっかり噛めない。

全部治してしまうつもりなので、まだまだ時間がかかりそうです。歯の治療は長いんだよね~。

仕方がない。腹くくって、堪えて乗り越えていくしかない。(←大袈裟か)
先生、よろしくお願いします!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中島みゆきやレディ・ガガも... | トップ | 「俳句と暮らす」小川軽舟 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
歯の治療 (都月満夫)
2017-04-20 17:07:25
歯は大事にしないとね。
野生動物だと葉がダメになったら命にかかわりますからね。
ちなみに私は、大昔にちょこっとしただけ。
自前の歯で頑張ろうと思っています^^
したっけ。
都月さん、こんばんは。 (まる)
2017-04-20 17:20:03
噛めないと大変です。胃の負担も増えるし。
この機会にしっかりと治してもらおうと思います。
大昔のかぶせ治療の中が痛んでる場合があるようです。神経をとってたら気がつかない場合も。
何ともなくても、定期的に検査してもらうのがいいと思いました。

コメントを投稿

俳句日記」カテゴリの最新記事