敗戦国民が、何を言うか?

歌を忘れた「カナリヤ」はかわいいが、敗戦を忘れた国民に「浮世離れした民族」と言うのが正解か?

日本の「尖閣諸島」に対する嫌がらせか?

2017-07-16 | 日記
中国公船、九州北部の領海に初侵入…対馬沖など
日本が「尖閣諸島」を日本領土とするように、「沖ノ島や対馬」の領海を「中国領」とする思考では?
しかし、外務省も朝鮮人のロケットが、日本の排他水域に侵犯すれば「抗議」するのに、今回の外務省の談話が無いのは?
しかし、このように朝鮮人の「日本人拉致」あるいは、ICBMなどのロケット侵犯による日本領への侵犯、支那中国人の「尖閣諸島奪取」や、今回の明らかな「日本領海侵犯」など発生しているが、これが朝鮮人や支那人の言う「極東の平和」といえるのだろうか?
今回の「公舩の日本領海侵犯」に対抗し、「日本の国会議員 二階堂」が進める支那人の「シルクロ-ド経済構想参加」を拒否できないのか?
近頃の日本人は、例えば、地域住民が防犯の為に「防犯カメラ設置」し、事件が起きれば官憲の捜査に「迅速性」を持たそうとすれば、人の財産や相続財産を奪取するような弁護士が加入している「弁護士団体」が、「個人のプライバシ-侵害」と、弁護士の悪行「例えば、防犯カメラが不倫の証拠写真になる疑いが!」と勘繰りタクなる声明を発するがごとく、朝鮮人が「極東の平和」を脅かす「核所持」を許し、日本の「核開発反対団体や平和団体」までが、日本の核開発」を拒否するとは?
このように「日本の核開発拒否」するから、先般の東電津波事故による「放射能防災事故」に関しても、海外から「放射能除染」について援助しようとされても、「日本人の核アレルギ-」のために「海外の核能力」に理解できなかった事実が存在する?
このような事象も発生する故、これからの「日本人のための日本政府」として、ICBMや「朝鮮人」と同じ様に「核開発」が、極東に平和をもたらすと言えば!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住民には、「避難指示中に自... | トップ |   

あわせて読む