民度は?

僕たちの民度はどのあたりをさまよっているのでしょうか?

原発再稼働反対の知事が選ばれた

2016年10月17日 | Weblog

三反園鹿児島県知事の誕生に続いて、新潟でも米山さんが再稼働反対を前面に出して勝利した。原発20~22%の原発依存を掲げる、国、特に経産省にとって逆風だろう。

ついでに違和感を持っていた日本電気事業連合会のPRで20~22%を説き、裏から新潟県知事選に影響を与えようと出演していた石坂浩二さんにも、インパクトだろう。

今回の選挙を含めて、県民、国民は、原発再稼働に危惧を抱いていることが明らかになった。安倍さんはどうするのだろう。注意してみていきたいものだ。

今回の選挙結果で、読売新聞が先日、社説に書いた分らない記事を思い出した。

読売社説:「原発廃炉費用 全利用読売者で負担する仕組みに 」
2016年10月07日 付け

この中で、政府が考えている主張をそのまま主張しているのだ。これを読んだときに、とても変だと感じた。

部分引用

 経済産業省の有識者会議が、電力自由化の促進策について、議論を本格化させている。焦点の一つは、老朽化した原発の廃炉費用をどう賄うかだ。

政府は、2030年度の原発比率を20~22%とする方針だ。目標を達成するには、原発の廃炉を着実に進め、新増設につなげる環境を整えなければならない。

 今後も原発を柱の一つとする電力安定供給の基盤を維持する費用は、広く分かち合うべきだろう。過去と将来の受益に照らし、全利用者で負担するのが合理的だ。  

引用終わり


これって、政府の応援演説そのものではないですか。再稼働ありきの議論だと思います。さらには、既存電力会社に対するテコ入れではないですか。

特に、「今後も原発を柱の一つとする電力安定供給の基盤を維持する費用は、広く分かち合うべきだろう。過去と将来の受益に照らし、全利用者で負担するのが合理的だ」という項目だ。

原子力政策の破たんを国民全体で負担しろというのは、筋違い。原子力村の村長、電力会社、経産省の責任を忘れた議論で、読者を惑わせてはならないと思います。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国会議員 資金パーティー白... | トップ | 矮小化される巨悪 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。