昨年12月のイタリア旅行の思い出を
これから順繰りにアップして行きたいと思います
かなり長くなりますが(笑)



イタリア旅行① ジュリアーノ・コリーノさん


私達が
結婚10周年記念に
イタリア旅行を選んだのは
イタリアワインが好きだから

何度となくイタリアに行こう思ったが
結局いつもスケジュールが合わなかった
ようやく掴んだこのチャンスを
逃してはならない



私達はある時から
イタリアワインの【バローロ】にハマった

北イタリアの西側
ピエモンテ州で収穫される
ネッビオーロ種のブドウから造られるワイン

大好きになる切っ掛けとなったワインが
『ジョバンニ・コリーノ』
【バローロ 1997 ヴェッキャ・ヴィーネ】

ジョバンニ・コリーノが
息子達とワイン造りを始めたのが1987年
そして10年目に出来上がったバローロ

私達はその味が、香りが忘れられなくて
それからは
様々なバローロを飲んでみた

しかし
ジョバンニ・コリーノほどに
ピタッと来る出会いは
無かった


ジョバンニが亡くなって
二人の息子のうち、
弟のジュリアーノが
父の後を継いだ


兄のレナートは独立して
『レナート・コリーノ』
として独自の道を歩み始めた
日本でも比較的手に入りやすい『レナート・コリーノ』をよく飲んだ
兄のレナートのバローロも美味しかった



でも
『ジョバンニ・コリーノ』の
あの香り・味・余韻が
忘れられなかった


ワインは
同じ地方でも
同じ種類のブドウを使っていても
造り手によって
味が全く違う

それぞれのワイナリーの味の違いは
何故生まれるのか
その辺も
納得してみたい

私達はワインに詳しい訳でもなく
勉強した訳でもなく
色々な種類を飲んだという経験も少ない
それでも
この特別に美味しいワインを
造っている人に会ってみたい


そんな思いがあった




そして
やっと実現したイタリア旅行


イタリアに着いて翌日
先ず最初に
お父さんの後を継いだ『ジュリアーノ・コリーノ』のワイナリーへ

泊まっているアスティのホテルから車でピエドモントへ1時間半

途中、スイスアルプスの山々が見える




ピエモンテの丘の上の方に
ポツンポツンと並ぶ住宅地
その中の一軒


普通のお家?
これはジュリアーノさんのお宅
その、隣に
お家の倉庫風に
ワイナリーがあった




一次発酵のステンレス樽と、蔵の気温を上げるボイラー


一次発酵させたブドウをプレスでゆっくり絞り、



このステンレス樽で二時発酵へ





木製の樽に詰めて18ヶ月以上熟成

イタリアのワイン法の規定では
バローロは合計で最低38ヶ月以上熟成
収穫から4年、
その上の格とされるバローロ・リゼルバは
合計68ヶ月以上の熟成・収穫から6年で
販売許可が下りるそうだ





家族だけで造っている
小さな小さなワイナリー

ここで造られるワインを
私達は飲み
感動して
どうしても造り手本人に会いたくなって
今日ここまで旅をして来たのだ



ジュリアーノ・コリーノさんご夫妻と感動の対面
私達がここまで来た思いを話した時
奥様が涙ぐんでいた
私もウルウルした





試飲に登場したワイン





私達がハマったヴェッキャ・ヴィーネ【ジャッキーニ】の
最新バージョン
美味しい
圧倒的に美味しい

ジャッキーニというのは畑の名前
ヴェッキャ・ヴィーネというのは、ブドウの木が古木で、単一種の畑であるということだ
ワインのボトルラベルに畑の名前を付ける事を許されている180程の畑の中で、ジャッキーニという畑を区分して、所有しているのはごく僅かなワイナリーなのだ
古木は収穫量は少なくなるが、深い味わいのブドウが出来る
所有していることが大変な財産だ



そして
ジュリアーノさんご本人が出して来たのは

なんとあの
思い出の【バローロ 1997年 ヴェッキャ・ヴィーネ】
ラベルの【1997】は手書きになっている
つまり、売り物ではなく
樽から試飲用に瓶に移して来た物だ


正に正に
あの香り・味・余韻
これだ
感動だ




ピエモンテまで来て
本当に良かった
しかも
最初に伺ったジュリアーノさんのワイナリーで
全てが満足出来たような
この充実感
もうこれでイタリア旅行をした目的が
達成されたような
そんな気持ちになってしまった



おつまみに出してくださった
ピエモンテ名産のヘーゼルナッツ

これが
衝撃的な美味しさ
ただローストしただけなのに
素晴らしい香りと味わい

もう
堪りません


ああ
幸せだ
良かった
本当に良かった




つづく

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 2017年 2年ぶりの明石... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ようこ)
2017-01-04 21:43:20
素敵なたびですね。ワインを、のむきかいは、あまりありませんが、素敵なワイン🎶🎶素敵な、ご夫婦に、出会えたこと。よかったですね。このたびが、いい旅になりますようにーーー🎶🎶🎶
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。