グレッグ・レイクが
癌と闘い
69歳で亡くなった

キング・クリムゾン
エマーソン、レイク & パーマー

1970年代から
私は聴きまくった

21st century schizoid man
Epitaph
The Court Of The Crimson King
Turkaus
The sage
Jerusalem
C'est la vie

私の大好きな
忘れられない名曲たち

壮大なるスケール感を与える歌声
独特のベースプレイ
張りのあるピッキング音と豊かな低音
そして
アコースティック・ギターのオルタネイトピッキングによるアルペジオの美しさ

私が
1971年にFender Jazz Bass を購入したのも
HIWATT 100 のスタック・アンプを買ったのも
ロトサウンドのラウンド弦を使い始めたのも
1977年製のGibson Les Paul Customを買ったのも
実はグレッグのファンだったからだ

彼のように
Jazz Bassのブリッジ側のピックアップ・フェンスを
ミュートを外して着けて
「ビンビン」と
煌びやかなピッキング音を出し
ピアノの低音の様なベース音を出すために
随分工夫を重ねた

アコースティック・ギターで
綺麗なアルペジオを生み出す様に
ポジショニングを研究した

高校の学園祭では
彼のコピーを
ソロで弾き語りをしたり
バンドで演奏した

10代後半の私に
彼の音楽は多大な影響を与えた




今年の3月には
キース・エマーソンが
悲劇的な死を遂げている

その後を追う様に
グレッグも
逝ってしまった

グレッグの歌声
ベースの音
そしてアコースティック・ギターのアルペジオは
いつまでも忘れられない

たくさんのファンの心に
永遠に生き続けるだろう


Thank You Greg






コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« イタリアへ 61歳になりました »
 
コメント
 
 
 
Death is life (京爺)
2016-12-10 15:57:01
キングクリムゾン・EL&P

懐かしく、苦々しく、心地よく
′70年代のいろいろなことがよみがえってきます

There's no end to my life,
No beginning to my death,

Death is life

彼が残した言葉、輪廻転生みたいな感じを受けます
彼は世界のどこかでまたBASSを
手にするためすでに生まれ変わっているかも...
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。