京都は天気がコロコロ変わる

今日も雨と晴れがクルクルと


晴れたところに
パーーッと雨が降って



京都では
度々虹を見ることができる

今日は2回目





コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





イタリアワインの帝王【GAJA(ガヤ)】のワイナリーを見学し
【La Ciau Del Tornavento (ラ・チャウ・デル・トルナヴェント)】で食事をし

四日間で五ヶ所のワイナリーを見学し
たくさんのワインと料理を味わい
ピエモンテを満喫した旅も
これで締めくくり

この日はそのまま
次の目的地
トスカーナ州モンタルチーノへ
先ず電車でアスティからグロセットへ
4時間の移動

夜も遅くに到着
出迎えてくれた【Banfi(バンフィー)社】の宮島さんの車で
目的地モンタルチーノ1時間半程の移動


遅い時間でもやっているピッツェリア
【San Giorgio】
で軽く食事

地ビールが美味い


遅いので軽く飲みたいという時に最適

ワインもご覧のサーバーから一杯ずつ出てくる
結構レアなワインもある
もちろんボトルで頼めば普通に色々ある



プロシュートとシンプルなチーズのピザ
これがまた抜群に美味い




パリッパリのピザは
歯応えと香りと、心地良い塩気
これは癖になりそう







泊まったのはこの小さな建物の二階
【DROGHERIA & LOCANDA FRANCI】

一階のレストランは美味しく、ワインも豊富に揃えているので評判らしい

レストランの客が帰れなくなった時用に
少人数なら泊まれるという感じの宿
オーナーかデザイナーが楽しみながら造った様な部屋

この宿には部屋が3部屋しか無い
夜間はフロントも居なくなる(笑)
シャワーとトイレはちゃんと部屋にあるので安心




こじんまりしてるけど

お洒落な外観



朝食のバイキングも多彩
どれもとても美味しい


カプチーノ


このレストラン・ホテル【FRANCI】のお向かいが
古い城塞の跡
Fortezza Di Montalcino

今は中はワイン倉庫とレストランになっている


城壁の中



丘の上なので眺めが良い


二人でのんびりと散歩をするには最適の
長閑な街だ




つづく



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


吉原  


今日は天気も良く

吉原のシーンを

 

出演人数も特に多く

早朝からスタッフもキャストも大わらわ

しかし撮影は超快調

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




『伝七捕物帳 2』が
いよいよ撮影開始


久し振りにチーム再会

さあ
熱い心を一つにして
頑張りましょう


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




今度出演する映画の役で
コントラバスを弾く事になり

エレクトリック・ベース弾きの私は
コントラバスにはまだ慣れておらず
これはやはり
正式なコントラバスの弾き方を習わなくてはならず
本番で演奏する曲のレッスンを受ける事に

我が愛機を持ってスタジオへ

先生は鈴木正人さん
私と同じ【地下室の会】(ベーシストの会)の会員
ベルリン生まれで、アメリカのバークリー音楽院出身のスペシャリスト

なんと
私のコントラバスと同じ
オーストリアはウィーン方面の工房で造られたコンバスをお持ち
まるで兄弟の様な二本のベース

鈴木さんのとても分かりやすいレッスンの御蔭で
とても楽しく勉強できました

コントラバスを弾くのが
とても楽しくなりました
鈴木さん
ありがとうございます

本番までに
バッチリ演奏できる様に
楽しんで練習しようと思います



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




本日も
大河ドラマ『おんな城主 直虎』の
ナレーション録り



淵の奥から
ずーーーーーっっと見守っている【竜宮小僧】として
語っています

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




大好評だった『BARレモン・ハート』
Season 2 以降が待たれていましたが
ようやく【春の2時間スペシャル】として
新作『グッバイ・ジョニー』
を撮影



ゲストに火野正平さんを迎え

ジョニー・ウォーカー黒ラベルにちなんで
酒を愛する男の生き様を
味わい深く
感動的なドラマに仕上げました
必見です


春の2時間スペシャルは
新作『グッバイ・ジョニー』
の他にも
過去のシリーズから
春にちなんだ話を二本
合計三本お見せします

放送は24日(金)22:00から
BSフジです

お楽しみに



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




イタリアワインの帝王
と呼ばれる【GAJA】(ガヤ)

初めて飲んだのは2002年の事だった

「荒井基之のイタリアワインの食卓」(BSデジタル大賞2002データ放送賞受賞)
に出演し
数日後の私の誕生日に
荒井基之さんのお店
【Vini Di Arai】
でパーティーをしよう
ということになり

その時に出て来たのが
【GAJA Barbaresco 1958】
だった

その時に飲んだボトル
ガヤの直筆サインが入っている

実はこの誕生日は
【Romanee Conti 1961】
を飲むのがメイン・イベントだった

これがその'61 ロマネ

その前座として出た【ガヤ バルバレスコ 1958】が
物凄く美味しく
強烈な印象として
忘れられない思い出となった


だから
今回の旅で
ガヤの帝王・アンジェロ・ガヤ氏に会う
というのを大きな目的の一つにしていた


緊張しながらバルバレスコ村の丘を登る

ぶどう畑が続く



丘を登りきったところの集落に
ガヤのワイナリーがあった

【GAJA】のプレート
こちらはメインのワイナリーへの入り口
古い建物だ

道を隔てたお向かいの、古い城も【GAJA】が買い取り
様々な客間と展示室が備えてある

格調高く緊張感のある廊下




庭も美しい
この庭の地下がワイナリーになっている



建物から見下ろすと、ぶどう畑と川
あの川が、葡萄に大切な湿気を運んでくれるそうだ

元は海底だったこの土地が持つ塩分も、重要な要素だという


97haの畑に、70人の専門職人が葡萄を管理する
その職人全員が夫々の担当ポジションにいつでも直ぐに向かえる様に
建築デザイナーに畑の近くに家を造らせ、職人たちを住まわせている
何という贅沢な…
【GAJA】のワインがいつも安定した品のある重厚な美味しさである事と
そして値段が高い事は
これで十分に納得できた





葡萄を搾り、一次熟成に至るまでの作業場

この部屋を更に拡張するため、現在工事が進んでいる




先程の庭の地下に位置する場所
庭の古井戸が空気穴として使われ、室内の湿度を調節
穴の真下にはオブジェが飾られている




整然と並ぶ二次熟成の樽




ガヤならではの特殊な楕円形の樽
天井の高さと、スペイスの効率を考えて楕円にしたそうだ




熟成が進むと、こちらの小樽に入れて
更に熟成をさせる



ガヤ・ファミリーと

寿子、Gaiaさん(長女)、梅雀、Rossanaさん(次女)
この日お父様のAngelo(アンジェロ)さんは、体調が優れず出て来られなかった
天才肌の帝王アンジェロさんに、是非会いたかった
残念…

今【GAJA】は長女のガイアさんが経営面と営業面の統括を担当し、次女のロザンナさんが畑や貯蔵の管理の責任者となっている
息子のGiovanni(ジョバンニ)さんは現在、葡萄やワインについて大学で学んでいる最中

初代Giovanni Gaja が1859年にバルバレスコ村にワイナリーを開き
1905年に二代目のAngelo の妻Clotilda Rey が、
Barbaresco を確立させるために強力に品質のクォリティを上げ、
1937年から三代目のGiovanni Gaja が【GAJA 】のBarbaresco をマーケットに広め地位を確立
1961年から現在の四代目のAngelo Gaja が、更に世界的に『イタリアワインの帝王』としての地位にまで【GAJA】を成長させた

偉大なるGAJAファミリーは、その哲学と強力な血を脈々と受け継がせている

この日、最新の5種類のワインを試飲させてもらった
どれも「流石はガヤ」と思う香りと味
長女のガイアさんの、情熱がほとばしる様な熱い説明は
試飲したワインの味を更に重厚にしていた
その勢いに圧倒されて、写真を撮る事も忘れてしまうほどだった(笑)



ワイナリーの大きな来賓室から見える、丘の上のガヤ邸
あそこでアンジェロ・ガヤ氏は静養中だ

どうぞお大事に




ガヤ・ファミリーのお勧めで
昼食は
La Ciau Del Tornavento (ラ・チャウ・デル・トルナヴェント)で

広いブドウ畑を見渡す素晴らしい景色のレストラン
ミシュランの星をもらっていつも超満員

元気な新鮮な素材を使い
全ての料理にヒネリが効いている
そしてなかなか美味しい

























店の地下には大きなワインストックの貯蔵庫
とんでもない数のワインだ


超高級なワインもズラズラと


当然、【GAJA 】のワインは初年度から全て揃っている

 

 

 

 

つづく



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




吉祥寺【サムタイム】での今年最初の【梅雀BAND】ライブ

田中栄二さんdrs 羽仁知治さんkey 中村梅雀elb 西山"HANK"史翁さんelg 竹野昌邦さんss.ts

 

楽しい楽しいライブでした

遠くから駆けつけてくださった満員のお客様のお蔭で

大盛り上がり

 

2ndステージでは

田中健さんが飛び入り

久しぶりに一緒にセッションをしました

健さんのケーナの素晴らしい音空間に

お客様もメンバーも一息のオアシスを感じました

健さん

ありがとう

 

曲目

1st

1. Sunset Of The City              (Masao Watanabe)

 山野楽器の渡辺昌雄氏のファンキーな名曲、メンバーのお気に入り

2. Unknown Part Of The City    (Fumio Hankoya Nishiyama)  

 西山さんのアーバン・フュージョン 気持ち良いです

3. Fragile                               (Sting)

 ご存知スティングの名曲 羽仁さんの名アレンジで

4. Dubai                                (Baijaku Nakamura)

 梅雀の新曲 5年前のDubai旅行の思い出 アラビックに

5. 梅鉢のお母さん         (Baijaku Nakamura)

 京都の名店『梅鉢』のお母さんに捧げる曲

6. 文句大臣              (Baijaku Nakamura)

 私のテーマ曲? 

 

2nd

1. My All                                (Tomoharu Hani)

 羽仁さんのオリジナル曲 大好きな曲です

2. No Miss Match                    (Fumio Hankoya Nishiyama)

 西山さんのオリジナル曲 カッコイイです

3. Soyogi                               (Baijaku Nakamura)

 梅雀の代表曲

4. Hello Stan                          (Baijaku Nakamura)

 梅雀オリジナル Stanley Clarkeに捧げる曲 お気に入りです

5. Coming Home Baby            (Ben Tucker)

 田中健さんのケーナで気持ち良いセッション

6. The Chicken                       (Pee Wee Ellis)

 お馴染みの名曲を JacoのBlack Bassで

a.c.  Cactus                            (Don Grolnick)

 私の大好きなDon Grolnickの名曲

 

今回の使用楽器

◎ Fodera Emperor II 5 Strings Custom '15 

◎ Jaco's "Black Jazz Bass" ("Sunset Of The City"  "文句大臣"  "Coming Home Baby"  "The Chicken")

◎ Fodera Emperor 5 Strings Bolt-On Fretless '05 ("梅鉢のお母さん")

◎ Walter Woods M 300  + Epifani T210 UL

◎ KORG DT-10,  DigiTech Bass Envelope Filter,  RAT,  strymon Blue Sky,  Rodenberg GAS 707B

 

羽仁知治さん 田中栄二さん 竹野昌邦さん 梅雀 田中健さん 西山"HANK"史翁さん

 

皆さんお疲れ様でした

とてもとても楽しかったです

本当にありがとうございます



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




新橋演舞場の公演が終わるあたりから
体調を崩して
風邪を引き
でも何とか千穐楽まで無事に漕ぎ着け

翌々日
NHK-BSの『世界ふれあい街歩き』のナレーションを
久し振りに録音
実に順調に心地良く収録

終わって帰った辺りから
かなり咳がひどくなる

その翌日
舞台でガチガチに固まった身体を解してもらうべく
いつもの専門マッサージを受ける

無理に解さず
舞台で負担のかかった部分と
風邪に有効なツボを重点的にやってもらったのだが…
やはりこれで一気に
風邪に突入
夕方から熱発

その翌日
朝には熱は下がり
雑誌のコラムの撮影とインタビューで
結構遠方に…

何とか持ち堪え

そのまた翌日
前々から予約していたフレンチへ
熊の肉を食べに

ご機嫌で
美味しい料理と美味しいワインを楽しみ
熊の右手と右足を食べて
気分は上々
「これでパワーが付いて風邪は吹っ飛ぶぜ

思った



翌朝
急激に熱発…

どうやら熊が強過ぎたか…


取り敢えず昼まで寝た


熱は下がったが
体はフラフラ
目はトロトロ



そんなギリギリドタバタな中
準備が遅れていた【梅雀BANDライブ】の
曲目選定と、新曲作曲

もう
朦朧としながら
必死に作業

自分とメンバーのオリジナル曲を中心に
12曲を選び
メンバーに音データと譜面データを
何とか送り



新曲に至っては
リハ前日に出来上がり
それも何とか送り


今日は
バンドリハ


気持ちだけはシャキッとした

あぁぁ…
間に合った…


左から田中栄二さんdrs、羽仁知治さんkey、梅雀elb、西山"HANK"史翁さんelg

気心の知れたメンバーのお蔭で
リハも頗る順調
新曲も素敵な膨らみ方

次に合わせるのは本番の日のリハのみ

それまでに更に良い曲に仕上げるべく
頑張ろう


集中したバンドリハが終わって
気持ちもスッキリ
熱の出るような気配は全く無くなったが
まだ咳は出る

早く治さなければ





コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ