「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

昭和天皇四兄弟の95年前の御写真

2016-09-02 08:00:06 | 2012・1・1

戦前からわが家の書庫に昭和天皇四兄弟の御写真がある。左から昭和天皇、右へ末弟三笠宮崇仁殿下、ついで海軍士官姿の次々弟高松宮宣仁殿下、そして陸軍将校制服の秩父宮擁仁殿下である。撮影時期は大正10年頃のようだ。戦前、天皇陛下の御写真は「御真影」といって一般に出回っていなかった。明治17年生まれの父は新聞に載った写真でさえ、神棚に飾っていた。この写真は戦前、父が新聞社に勤務していた時代、写真部から入手したものだが、戦前は“懼れ多く”人前に見せることはできなかった。同じ絵柄の写真がネット上でも使用されていて、そう珍しいものではない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三笠宮崇仁殿下の大東亜戦争... | トップ | 東京都のシルバー.パスと近距... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
歴史 (chobimame)
2016-09-03 10:41:59
95年前とは、驚きました!!
確かに、そうですよね。
歴史的な価値のあるお写真ですから、大事になさって下さいね。
しかし、平成生まれには、わからない感覚かもしれませんね。
御真影 (kakek)
2016-09-03 17:23:37
chobimame さん
戦前は日本の全学校に御真影が祀られており、式典の時だけ校長先生が恭しく子供たちの前に運んで参りました。それだけに、戦前僕は何か不敬なことをしているような気がしました。この写真はウィキペディアに掲載されており、珍しいものではないですが、A4のサイズです、せっかく95年わが家にあるのですから大切にします。

コメントを投稿

2012・1・1」カテゴリの最新記事