「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

「立冬」 セージの花が真っ盛り

2016-11-08 06:46:54 | 2012・1・1

昨日は暦の上で「立冬」であった。二十四節気の十九番目だが、「小雪」までの十五日間をいう場合もある。東京では毎年「立冬」を迎えても冬の実感はないが、昔、北海道に住んでいた時には、まさに冬がやってきた実感があった。今年も札幌では11月上旬としては珍しい21年ぶりの豪雪だった。

東京の「立冬」を探しに近所を歩いてみたが、街路樹の銀杏はまだまだ青々としていて落葉にはほど遠い。猫の額ほどのわが家の庭もまったく同じ。片隅のセージの木がまるで春のように紫色の花を見事に咲かせていた。ネットの図鑑で調べると、わが庭のセージは、耐寒性に強く10月、11月が花が見ごろのセルビア.セージ(写真)という種類のようだ。

セージは、もともと英国が原産のようで、”長生きしたければ、5月にセージの葉を食べろ”という格言があるという。はるばる海をを渡ってきた品種のセルビア.セージにも同じような薬効があるのだろうか。夕食に少し葉を摘んできてサラダに添えて食べてみた。

先日、このブログで紹介した季節はずれの朝顔の花が依然、一輪、二輪、健気な花を咲かせている。(写真)これも「立冬」の風景ではない。俳句の季語を訂正しなければならない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 題字入り清酒まで売りに出し... | トップ | 残酷物語 ”生命あっての物種... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
季節感 (chobimame)
2016-11-08 08:55:39
だんだん四季の変わり目が曖昧になってきましたね。
秋なのに真夏日みたいな日があったと思ったら、急に真冬みたいな寒さになったり。
季節の変化に身体が徐々に慣れるという事が出来ません。
そんな変な季節感ですが、草花は正直なのでしょうか。
暖冬 (kakek)
2016-11-08 13:52:49
chobimame さん
東京でも戦前は11月中旬には、銀杏の葉は黄ばみ12月は木枯らしが吹き寒かった記憶がありますが、やはり年々暖冬になってきていますね。しかし、草木は正直ですね。これに対して対応できなくなったのは人間です。加齢とともにだらしなくなりました。
夏と冬だけで春秋が殆ど無い大陸性気候? (lordyupa)
2016-11-09 04:01:44
海に囲まれた海洋性気候の温帯性日本が、大きく変化していると推測されます。四季折々の寒暖気圧配置や偏西気流の軌跡に相当な変化がおきているのではないでしょうか?ここ数年、月単位・年単位の長期天気予報(気温や積雪予想)が外れることが増えたと思います。スーパーコンピューターを使っても、気象庁も、気象予測の精度が年々悪化している気がします。

セージをはじめ、パセリ、セロリ、紫蘇など、臭いの強い所謂「香草」には、血液の血小板凝縮を抑制する作用があり、相当の量を毎日食べれば、血液の粘土を下げて、さらさらにする効能があるようです。生のタマネギをみじん切りにして、1日ぐらい冷蔵j庫で、しばらく保存してから、食べると同様な効能があるそうです。血管自身の弾力をとりもどすことはできなく、動脈硬化そのものを直すことはできないようですが、食後数時間ほど脳血管や心臓血管での梗塞(詰まり)が起こる確率を低下させる効果があるようです。(残念ながら青魚イワシ、サバ、サケなどに含まれるEPAやDHAには比べると、1日レベル長時間の血液凝縮を防ぐ作用はないそうですが)


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む