「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

「母の日」に明治生まれの母を想う

2017-05-15 05:27:09 | 2012・1・1
5月第二日曜日の「母の日」の昨日、娘夫妻と孫から老妻にお祝いに、鮮やか色をしたきれい紫陽花(あじさい)の鉢植えが届いた。(写真)。一昔前まで「母の日」の贈り物といえば、母が存命な方は赤色のカーネーションを、すでに亡くなられた方は、白色のカーネーションを胸に飾り、母親に感謝するのが習わしであった。多分「母の日」の本家本元の米国では同じ習慣が守られていると、思うが、わが国では最近は、あまりカーネーションにこだわらなくなってきた。

僕の母は明治26年(1893年)6月に生まれ。昭和51年(1976年)6月なくなっているが、生前、僕は「母の日」のお祝いをした記憶がない。ものの本によれば、日本での「母の日」は、昭和24年ごろ、占領下の時代、米国の影響を受けてキリスト教関係者の間から始まったとされている。しかし、今のように国民の間で年中行事の一つとして定着したのは、昭和の終り頃ではなかっただろうか。

先年、母親の37年回忌を終え、自分自身も母親のなくなった歳を越え、申し訳ないが普段はあまり母親を思い起こすことが少なくなってきたが、先日調べ事で戦後の食糧難時代の亡父の日記を読み直し、改めてあの時代の母親の苦労を知り、”足を向けて寝てはいけない”と思った。71年前の昭和21年5月、東京の皇居前広場で”コメ寄こせ”メーデイのあった前後だが、わが家でも備蓄していた最後の食糧がなくなり、母親がやっと汽車の切符を手にいれ、先祖の地である埼玉県深谷まで買い出しに出かけている。亡父の表現を借りれば、まさにわが家にとってSOSであった。配給の小麦粉も底をつき、乾燥芋を粉にして、フスマまで食していた。

数えてみたら当時母親は53歳で、ちょうど今の娘たちと同じ年齢である。70年前、大都会の東京が飢餓状態に陥り、食を求めて満員の列車に乗って母親たちがかけずりまわったことなど信じられない。「母の日}にあたって亡母を想い出し感謝する次第である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕のPCもサイバー攻撃された?! | トップ | 夏みかんの酢っぱかった想い出 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
豊かな時代 (chobimame)
2017-05-15 08:32:18
昨日、花屋の店頭には色とりどりのカーネーションがありました。
昔は、赤やピンクが定番でしたが、今は黄色や青や黄緑のカーネーションもあるのですね。
普段なら1本100円で売られているカーネーションが、昨日は3倍の値段になっていました。
商魂たくましい。
今の50代は、子育ての手が離れて、自分の趣味などに忙しい人が増えているようです。
豊かな時代だからこそできる事ですね。
明治大正生まれの母親 (kakek)
2017-05-15 10:58:34
chobimame さん
戦後すぐの時代、日本人はハリウッド映画を見て米国人の豊かさにため息をついたものです。一方、垣間見る進駐軍兵士家族の生活に憧れを持ちました。「母の日」はこういった時代の産物ですが、何故かそれ以前の日本には母親を敬う日はありませんでした。
戦争で一番犠牲になった女性は、夫や子供を兵士にとられた世代(明治40年代―大正10年代)ですが、僕の母の世代も同じでしたが、子供だった僕にはよく解かりませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む