「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

日本料理店が一軒もなかった半世紀前のジャカルタ

2016-11-21 06:47:26 | 2012・1・1
昨日、半世紀前、インドネシアの首都ジャカルタに在住していた昔の仲間の会に出た。昭和41年から42年にかけて、インドネシアでは前年の40年9月30日に起きたクーデター未遂事件直後で、スカルノ(初代大統領)からスハルト(2代大統領)への政権移行期、国全体が混乱の極にあった時代に苦楽を共にした仲間たちである。

当時、ジャカルタは夜間外出禁止令が出ており、ほとんどの日本人は治安の悪化から単身赴任でホテル生活をしていた。スカイロケットと呼ばれたものすごいインフレで、国民は塗炭の苦しみの中にあった。毎日のように学生のデモがあり、僕ら日本人は華僑と間違えられないように、外出時の車にはフロントに日の丸をはったりした。そんな中で、不注意から僕は白昼、中心街で軍服を着た強盗に拳銃を突き付けられ、財布と時計を強奪されたりした。

世界的な日本食ブームで、ネット情報によれば、今、ジャカルタには日本食料理店が千軒以上あるそうだが、半世紀前には一軒もなかった。インスタンントラーメンさえなかった。僕ら単身赴任者は日本食恋さに、中心街のメンテンにあったイタリアレストランに日本食まがいのものを求めたり、外港のタンジュンプリオクまで出かけ中華料理店でイカの刺身を特注したりした。

僕ら日本人は、華僑を通じて”闇ドル”を購入していたからスカイロケットのインフレの中で、かえってその恩恵に浴していたが、一般庶民は大変で、僕らが下町の中華食堂で昼食をとると、食べ終わった途端、子供たちが残飯を求めて集まってきた。敗戦直後の新橋の闇市で進駐軍”払いさげ”の残飯の雑炊が売っていたそうだが、それ以上に子供たちの”乞食”は痛ましかった。僕らは昭和21年にできたという新橋の老舗中華料理店で、当時の話を肴に話し合ったが、半世紀の年の流れを感じた集まりだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦闘ではない戦争の悲劇を体... | トップ | 長門日露会談 眉に唾をつけ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
安定 (chobimame)
2016-11-21 09:18:58
治安と景気の安定が成り立たたなくなると、本当に大変な社会になりますね。
残飯を目掛けて殺到するなど、想像もつきません。
つくづく日本の平和が有り難く感じます。
新橋闇市 (kakek)
2016-11-21 12:00:41
chobimame さん
インドネシアは、本来、自然に恵まれ、食に困らない国です。戦争中の3年余の軍政下、外からの輸入がスットプして衣料が欠乏しましたが、食は十分にありました。おそらく、この時期はインドネシア史上最悪だったでしょう。
今は、この国も日本食ブームで、どこのモールに行っても日本食レストランがあるそうです。 好い時代です。
会場の新橋の中華レストランは昭和21年創業を売りものにしていましたが、僕は逆に当時の闇市を想起しました。

コメントを投稿

2012・1・1」カテゴリの最新記事