「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

小池都政マッチポンプでは困る

2016-10-01 05:39:10 | 2012・1・1
豊洲市場の”盛り土”問題についての都庁内部調査の結果が昨日、小池百合子知事から発表されたが、”地下水モニターリング空洞”が、いつ、誰によって建設され、盛り土されなかったのか特定できなかったという。これは都庁内部の組織的なガバナーンスの欠如によるもので、反省を込めて引き続き調査するという。結果を知って、誰もがが不満を感じると共に、特定の罪人を出さなかった知事の配慮があるのかとも推察したりした。

小池知事は豊洲問題と並行して東京パラリンピック問題についても経費節減について思い切った見直し案を提言した。これも都庁内の調査委員会の提言のよるものだが、早速五輪組織委の森喜朗会長から”独断先行されては困る”とお叱りの言葉が出て、競技団体からも猛反対の言葉が出ている。小池知事が、この提言を受けて、どのように調整するかだ。

昔、「マッチポンプ」という言葉が流行したことがある。まだマッチが一般に使われていた時代、マッチで火をつけておいて、すぐさまポンプで消火する意から、自分で勝手に問題を起こしておいて、これをネタにカネをせびる手口のことを言った。小池知事がマッチとは言わないが、就任早々、立て続けに問題を提起しているが、問題はそれが解決できるかどうかだ。

豊洲市場への移転は一時延期されたが、地下水の水質検査の結果が出てくるのは来年1月だという、少なくともそれまでは築地から豊洲へは移転できない。結果によっては移転できないかもしれない。五輪の問題もそうだ。IOC(国際五輪委員会)との間で一度決定したものを撤回するのは難しいともう。小池知事の都政改革には諸手をあげて賛成しているが、老婆心かもしれないが、マッチポンプでは困る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森喜朗五輪組織委会長は身を... | トップ | 風物詩でなくなった「赤い羽... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
官製談合の摘発 (lordyupa)
2016-10-01 23:26:36
オリンピック施設の落札価格が異常に都庁予算に近く、談合の疑いが強い。
国家レベルの談合は東京地検の特捜部が管轄でしょうが、東京都が直接担当する施設建設に関しては、
贈収賄を摘発捜査する東京警視庁捜査2課に対して、小池知事は指揮命令を出して、粘り強く徹底的に対処して頂きたい。特に、U元・都連幹事長が監査役をしている東光電気工事が、このJVオリンピック利権の闇に関与しているのかどうかを調べてもらいたいと思います。
甘くなりがちな都庁の内部調査に比べて、警視庁による強制捜査ならば、徹底的に暴き出せるのではないかと期待しています。
徹底的に追及 (kakek)
2016-10-02 12:48:04
loedyupa さん
都民が関心がないことをよいことに勝手放題のことをやっていたわけです。落札99%なんか、裏に何かあるのは、はっきりしています。空洞問題の責任を徹底的に追及する一方、背後のこの問題もウヤムヤにせず、調べてほしい。”ドン”と言われる人物を、都政にのさばられ居た政治土壌が悪いですね。
しかし、豊洲にしても五輪にしても解結しなければ意味がありません。小池さんの手腕に期待します。
Unknown (Unknown)
2017-02-20 12:30:24
落札率99%なんて、都が積算基準を公表していれば、業者はその単価や考え方を採用しますから、何らおかしいものではないかと思いますよ。

談合自体も”建設業界の中”で価格調整がなされている可能性は否定できませんが、都と入札業者の間でそういった調整はされることは今はもうほとんどないと言っていいです。
10条委員会 (kakek)
2017-02-20 17:03:03
unknown さん
4か月前に更新したブログに対するコメントですが、マッチポンプとは少し言い過ぎでした。五輪問題は多少マッチポンプでしたが、豊洲は根が深いようです。10条委員会で徹底的に調べて貰いたいです。罪人が出ても仕方がありませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事