「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

スーチーさんの来日とミャンマー人実習生の失踪

2016-11-02 05:45:12 | 2012・1・1
ミャンマ―の実質上の政治指導者、アウン.サン.スーチ―国家顧問兼外相が来日、5日間に渡って安倍晋三総理を初め各界の指導者と会談する。先日色々と話題を投げたフィリピンのドゥテルテ大統領に比べて、マスコミの扱いは小さいが、戦時中大東亜共栄園教育を受けた僕らの世代にとって、ミャンマーは、当時ビルマといったが懐かしい響きがある。

アウン.サン.スーチーさんの父、オンサン将軍は”反英独立の志士で、ミャンマーでは”独立の父”として知られているが、、昭和15年、一時日本に亡命.南機関長鈴木敬司大佐の郷里、浜松に面田紋二の日本名で居住していたこともある。そのゆかりの記念碑が浜松の舘山寺に建てられている。その関係もあって、スーチーさんも京都大学に留学したこともあり、今回も京都を訪れる。

僕自身はミャンマーに行ったことはないが、昭和58年、JICA(国際協力機構)の研修で約1か月、ビルマ(当時)人研修員8人と国内旅行をしたことがあるが、規律正しく勤勉であった記憶がある。ところが、先日、新聞で技能実習生が最近実習先から”失踪”するケースが急増しているというニュースを読んだら、国別”失踪者”で、ミャンマ―人が、中国人、ベトナム人に次いで3番目に多いことを知って驚いた。年間336人もいるのである。

東京の高田馬場にはミャンマー人が多く住むコミュニテイがあるそうだ。戦争が終わった直後、竹山道雄の「ビルマの竪琴」がベストセラーとなり映画化された。ビルマについて、僕らは知識があり、親しみがあるが、ミャンマーについてどうだろうか。また軍事政権下で育ったミャンマー人たちも同じ事が言えるのではないか。研修先の企業もミャンマー人実習生もお互いに過去の歴史をもっと学ぶべきだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜の旧友会に参加 60年前... | トップ | 70年前、進駐軍占領下の新... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長い (chobimame)
2016-11-02 09:06:52
ミャンマーもよくわからない政治です。
スーチさんの姿をテレビで見ましたが、海外にも自由に出られるようになるまでの道のりが、実に長い年月でしたね。
スーチさんは、波乱万丈人生ですね。
大東亜共栄圏構想 (kakek)
2016-11-02 16:25:54
chobimame さん
戦前アジア諸国で宗主国からの独立運動を支援した日本の政策は改めて正しかったと思います、スーチーさんの父親のオンサン将軍を初め、各国から指導者が日本に亡命、援助支援を得ています。18年11月の大東亜共栄圏会議(東京)の首脳の集合写真を見て改めてそう思いました。敗戦がなければです。構想としては、素晴らしいものです。ドゥテルといい、スーチーといい、彼らの頭のどこかには日本への感謝の気持ちがあると思います。
近代化の急激な速度についていけない社会連帯の組み換え (lordyupa)
2016-11-03 00:37:25
日本は明治維新以降、日露戦争まで、必死で欧米白人の植民地になる事態を避けるべく、農民ばかりの国家から、近代化・工業化をすすめてきました。一方で、村落共同体の連帯制度は次第に消滅して、心は砂漠のような利己主義集団と化しつつあります。ビルマの竪琴は綺麗ごとのようかもしれませんが、熱い仏教徒のミャンマー村落社会には、家族・村民同志の温かい連帯心も残っているのではないでしょうか?日本の老人に対して、介護者が老人施設で暴力を振るうような気持ちは起きないのではないでしょうか?

今後の経済発展はミャンマーには大切ですが、韓国のような両班国家、中共のような専制的拝金国家にならないように「仁や和」を大切にする社会に成長してほしいと願います。

日本は、古代~中世~近世~近代(明治維新)~現代21世紀へと千数百年をかけて、植民地支配をされずに、発展できた幸運な国です。日本も鎌倉幕府から江戸幕府までは、数百年もの間、軍事政権でした。英国の民主化の歴史も、数百年をかけて次第に社会制度を変化させたものです。民主主義も社会に根付くには、相当長い時間がかかるのが正常状態だと思います。

アフリカもアジアの諸国も、数百年にわたる西欧人による奴隷化や搾取を受け続けてきましたから、一足飛びに、近代化するのは並大抵の苦労ではないと思います。第2次世界大戦で、内戦状態だった支那大陸では、蒋介石(植民地帝国主義の英米蘭と手を結ぶ)も毛沢東(ソ連と手を結ぶ)も、西欧白人(職植民地・帝国主義諸国)と戦いませんでした。しかし、フィリピンにせよ、インドシナ半島諸国にせよ、みな、西欧列強諸国と独立戦争を戦って、独立を勝ち取っています。日本への共感は、「西欧白人との戦い」・・・ここが原点だと思います。
経済移民は断固排除すべき (lordyupa)
2016-11-03 01:42:47
日本の心を唄う歌手のアフロ系米国人のクリス・ハートさんが日本帰化申請を希望しているようです。このように、日本が大好きで、日本人と結婚し、日本に在住して帰化することは素晴らしいと思います。
また、
石平教授のように、天安門事件で中共の悪魔性に目覚めて、日本の留学生活を経て日本が好きになり、日本へと帰化されるのも大歓迎です。
しかし、特段、日本社会が好きでもないのに、むしろ、反日感情を内に秘めながら、単に、祖国が貧しいから、或いは、祖国では就業雇用の機会がないから、日本で金を稼ぎたいという理由だけで、日本に在住する「経済移民」は、長期的にみて、社会不安や犯罪の温床となりやすく、結局、有害となる可能性が高いと思います。
いわゆる「技能実習制度」を3年から5年へと在留期間延長を許可するのは、経済移民奨励につながりやすく、また、非正規の日本人労働者の賃金を低下させる原因にもつながりやすいと思います。

日本社会・風土を愛する人、日本に愛国心をもてる人以外に、日本への移民受け入れすべきでないと思います。
西欧白人との戦い (kakek )
2016-11-03 17:36:03
llordyupa さん
ドゥテルテ比大統領の”暴言”には問題がありますが、彼の一貫した発言には”西欧白人との戦い”があります。フィリピンの教科書で、スペイン、アメリカ植民地時代と戦時中の日本軍政時代をどう教えているのか興味深いです。先の来日中、彼は帝国ホテルに宿泊しましたが、目の先の日比谷公園にある、リサール像を訪れて貰いたかったです。高速鉄道建設について、また日中競合になっているようですが、先のインドネシアと同じ轍を踏まなければよいと思います。どちらかに決まるかによって彼の考え方がわかりますね。

戦後のビルマ賠償の時には日本の総理が毎年のようにラングーン詣でして関係が深かったし、一方、一般のの日本人も映画「ビルマの竪琴」でビルマについて関心がありましたが、国名や首都名が変ってから、両国の関係は薄れてしまいました。日本の若い世代は、昔の両国関係について、ほとんど知識がありません。
ミャンマーからの企業実習生が実習先からの”失踪”が多いのは、実習生の日本についての知識がないのも原因ですが、それ以上に企業側がミャンマーを知らないことです.。
将来、人手不足から実習生の形で外国から来日しますが、企業側が相手国の知識がないと、同じような”失踪”が続出、大変な問題になります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む