「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

石原慎太郎氏の厚顔 "とばっちり”感覚

2016-10-17 06:15:31 | 2012・1・1
「築地市場の移転先の豊洲の地にさまざま不祥事が発覚しそのとばっちりが前々々人者の私にまで及んできて、ただの推測を元にした私自身の名誉にかかわりかねぬような中傷記事が氾濫し、心痛で健康まで損なわれた始末だった」(産経新聞10月17日付けコラム”日本よ、そして東京よ”)を読んんで僕は、石原氏の厚顔に一驚した。厚顔とは”面(つら)の皮の厚い事、鉄面皮”(広辞苑)の人を言う。

築地市場が老朽化し、豊洲へ移転しよという基本計画が出来たのは石原氏が都知事時代の平成16年(2004年)で、その後豊洲の土壌汚染問題が持ち上がり、この汚染対策基本計画が策定されたのも石原知事時代であった。いわば、今騒がれていう盛り土問題の原点に石原氏は、知事として関わりあっている。それなのに”とばっちり”が自分にまで及んでいる、とは厚顔もよいところだと僕には思える。直接、責任がなくとも、現知事から問題解結への協力要請があれば、これに答えるのが当然だ。

僕は石原氏に誤りがあってその責任を追及しているのではない。今騒がれている盛り土問題について当時の知事が、まるで責任を回避して”とばっちり”視する言動である。多分、現場の細かい問題まで知事が知らなかったのが実情であろう。それはそれでよいのだが、いうことが二転三転しているのが問題だ。”千万人といえども我往かん”(孟子)で、百条委員会が開かれて、石原氏の聴聞が求められたら堂々と答えらればよい。一新聞のコラムで、心情を書くよりも国民は納得し同情する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石原慎太郎氏の晩節 | トップ | 一期一会 終活の通知法 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
責任 (chobimame)
2016-10-18 09:15:10
この問題を見ていると、知事とは都政の責任を担う仕事ではなかったのか?と、疑問になります。
石原さんは、都知事時代色々な斬新な政策を取ってきた功績もあるのですから、堂々とこの問題にも協力して頂いたいです。
小池さんとの一連の発言から、なんだか変な言動になってしまいましたね。
とばっちり (kakek)
2016-10-18 13:58:14
chobimame さん
ディゼール車規制など善政が多く、決断力もあるかたですが、口は災いの元です。それに老化でしょうか。やはり政治家引退宣言したのだから、発言を控えた方がよいです。知事として謝罪すべきは謝罪すべきです。とばっちりでは困ります、

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む