「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

総選挙より安定した政治を!

2016-10-12 05:38:32 | 2012・1・1
来年年明けの1月、通常国会前に衆院が解散、総選挙があるという推測が永田町に飛び交い始めたという。自民党の二階俊博幹事長も”選挙の風が吹きはじめた。選挙はそう遠くない”といっている。安倍晋三総理は。これを否定しいるが、菅義義官房長官は、二階発言について、百戦練磨の政治家のカンによるものだ、と否定はしていない。政治家にとっては、選挙はつきものだが、国民にとっては、あまり有り難くない。

まして、今国民の間には今政治不信がみなぎっている。升添前都知事のスキャンダル辞任をはじめ、富山市の政務活動費の不正使用による12人の議員辞任、五輪パラリンピック施設をめぐる都議関係者の不正落札容疑などのモヤモヤなど。また、政治家は、選挙で一儲けするのではというヤッカミさえある。

心配なのは12月に行われる日ロ首脳会談である。安倍総理はロシアのプーチン大統領を迎えて故郷の山口で、わが国最大の外交課題の一つである、北方領土返還にからむ平和条約締結について話し合う。日本のマスメデイアは楽観説を流しているが、大丈夫なのだろうか。解散風が吹きまくる中で、腰を落ち着けて話し合いに臨めるだろうか心配だ。

今、日本の政治に一番重要なのは安定した政治だ。自公による過半数の議席の下、安定している安倍政権である。それをこわしてまで解散し、選挙をする必要があるのだろうか。アベノミクスの第三の矢が、失速気味であるだけに腰の据わった政治が望まれる。







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”一貫三百はどうでもよい” ... | トップ | 連日連夜 停電だった70年... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
誰の為? (chobimame)
2016-10-12 09:01:06
またか!っと呆れてしまいます。
何の意味で、こんなに解散を繰り返すのか?
民主が政権をとった時には、悪政すぎて1日も早い選挙を望みましたが、安倍さんになってからは、大した成果はなくても安定はしています。
野党も与党を引きずり降ろす事ばかりに躍起になりすぎです。
自分達が与党なっても迷走しかできないのですから、もっと与党に協力して、良い政治をして貰いたいです。
どうして協力して政治が出来ないのでしょうか?
もっと真剣に国益と国民の生活を考えて欲しいです。
喜ぶのは小沢一郎的政治や (kakek)
2016-10-13 11:23:48
chobimame さん
じっくり腰を据えて、安倍政権が政策の第一に掲げている景気の対策に取り組んんで欲しいです。それに年金などの社会福祉政策です。民主党政権の滅茶苦茶では困りますが、曲がりなりにも安倍政権は安定しています。選挙をやって儲かるのは”百戦練磨”の小沢一郎的な政治屋です。
民進党の稲田防衛相への集中砲火は見苦しいです。安倍総理の任命責任はあり、今、何故南スーダンかという気もしますが、御父上の葬儀の日くらい、人間として追及は休むべきです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む