「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

「俺は君のためにこそ死にに行く」

2007-04-07 07:50:13 | Weblog
旧制中学時代の友人に誘われて「俺は君のためにこそ死にに行く」
という戦争末期の特攻隊員の生き様、死に様を描いた映画を一昨日
試写会で見た。僕は本当のことを言うと戦場シーンが嫌いなので友
人の誘いにリラクタントだったが、見た後の感想は”グッド”、映画
会社のアンケートにも85点をつけた。

僕らの世代は戦争体験が当時の年齢によって違う。従軍世代も戦地に
よって戦争感が違うようにだ。この映画の総指揮を取った石原慎太郎
や主演の岸恵子は、いわゆる集団疎開児童、敗戦時中学1年生だから
戦争には組み込まれていない。そういうわけか彼らには戦争の過酷さ
についての認識があまい。

映画の宣伝ビラを見て石原慎太郎・総指揮監督と知り、彼の戦争認識
が反映している、のではないかと恐れた。が、それは杞憂でさすが芥川
作家である。きちんとあの時代を総括し、当時の日本人の心を描いてい
た。岸恵子も少女時代の体験を見事に演技に反映し好演である。

僕らは戦争末期、敵の上陸作戦に備え、利根川運河の拡幅工事に学徒
動員され、特攻隊員と同じような生活をしていた。敵の艦載機の機銃
掃射に逃げまどった。多分、戦争があと1年続いていたら、僕らは特攻
隊員と同じ運命”見事に”国のため散華していたかもしれない。

僕は戦場シーンにアレルギーである。この映画にも映画の体質上,戦闘
場面はある。しかし、それ以上に製作側に観衆に何を伝えたいのかーそ
のメッセージがある。僕は戦争を知らない世代に、ぜひ、このメッセージ
をくみ取ってもらいたい
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二つの日本映画をみて | トップ | サイタ サイタ サクラガ ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原作の基になった本を昔に読みました (chobimame)
2007-04-08 21:47:18
今日、「出口のない海」を見ました。
なんともやるせない映画でした。
毎日が極限ですから、いかに兵隊たちは、強い思いを持ち、強い精神力で戦っていたのかと思うと、余計に切なくなります。

この映画、知覧の食堂の話ですよね。
7年程前に、この原作にあたる本を読んで息が詰る思いをしました。
母の身内も特攻で死んでいますので、色々と断片的な話でも聞いていましたので、特攻は尚更感じ入るところがあります。

母の世代は、戦争の映画は観たくなという思いがあるそうです。
幼子でも空襲の恐怖が、どこかに刻まれているそうです。
なので戦闘シーンはイヤなのだそうです。

今日も「男たちの大和」をテレビで放映していますが、
私はもっと早い時間に放映し、子供たちにも観てもらいたいです。
戦争映画といえば、右翼化と取られがちですが、それは大きな間違いえす。
決して、戦争を美化するわけなく、戦争に行った人の思いや、戦争というものを知り、平和を考えてもらいたいのです。
右翼、左翼という偏った志向ではなく、戦争と言う本質を知り、平和を考えることに繋げて欲しいと、強く思うのです。
紛らわしい書き方をしました。 (chobimame)
2007-04-08 21:52:32
この映画とは「俺は君のためにこそ死にに行く」と書くつもりでしたが、抜けてしまいました。汗
(「出口のない海」の話みたいになってしまいました)
知覧の特攻の母と呼ばれた鳥浜トメの回想録ともいえる「ホタル帰る」という本を良かったら読んでみて下さい。
あの時代 (kakek)
2007-04-09 09:27:58
chobimame さん
そうです。知覧の鳥浜トメさんの回想録を石原慎太郎さんが脚本にしたものです。自伝、近くの図書館で読んでみます。「ホタル帰る」の話も映画の中に出て
いました。
映画はあの時代をよく描いていました。
是非、戦争を知らない世代に、あの理不尽な時代理解のために見ていただきたいと思います。

石原都知事の再選は予想通りでしたが、
浅野に169万票も投じた有権者がいたのには驚きです。共産党候補以上に危険な男でした。chobimame さんのコメント
通りでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む