「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

大詰めのモスル奪回作戦と古代遺跡

2017-06-20 06:47:08 | 2012・1・1
イラク軍によるイスラム過激派IS(イスラム国)の最後の拠点、モスル旧市街奪回作戦が大詰めを迎えているようである。現地からの報道では、旧市街に立て篭もるIS兵力は500人ほどだが、10万人の市民を”人間の盾”としているようで、戦闘は出来るだけ市民が犠牲にならないように、また空港、駅などのインフラが破壊されないよう慎重に行われているという。しかし、モスル周辺には、古くは紀元前8世紀の古代メソポタミヤ遺跡、二ネヴアなどがあるが大丈夫なのだろうか。

イラクといっても一般日本人にはサッカーを通じて名前を知るだけ。ましてモスルがイラクのどこにあるかは知られていないが、調べてみると、モスルは日本人でも馴染のモスリンの原産地で、毛斯倫の語源でもある。戦前、毛織物産業が盛んだった時代に建てられた大阪の淀川区の神崎川には工場跡に、今でも「毛斯倫橋」の名前の橋がある。

半世紀以上前だが新聞社の新年企画「アラビアンナイトは生きている」という記事取材のため、岩波文庫で「千夜一夜物語」を読んだが、その中にも”モスルのイブラヒムと悪魔”というページがあった。すっかり内容は忘れてしまったが、たしかモスルの商人が悪魔に騙された話であった。

イラクのフセイン独裁政権が倒れたのは2008年、やっと平和が訪れたかに見えたが、このISとの内戦である。原因の一つは同じイスラム教内の対立だという。世界三大文明発祥の地であり、紀元前からの遺跡も残されている。何か悪魔につかれてしまったのであろうか。一日も早く、モスルの戦闘が終わり、イラクの地に平和が訪れるのを願っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都議選 民進党の迷走 | トップ | 豊洲移転 築地再開発 小池... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一神教の宗教戦争 (lordyupa)
2017-06-20 13:41:17
アフガニスタンでは、アルカイーダのビン・ラデインの死亡後も、米軍の大量撤退につれて、再び最近、タリバン勢力が、盛り返している。

ISISの指導層が掃討されたあとの、旧イラク圏と旧シリア圏は、どのような政治統治が行われるのだろうか?例えば、アサド国、クルド国、イラク国(従来と異なり、スンニ派ISIS掃討のために、イラク軍へと派兵されているイラン革命防衛隊:シーア派の影響の強い)の3か国にわかれるのだろうか?

欧州では、
千年前~数百年前に、世俗政権(王)と宗教(カトリックの教皇)との間で、互いの優越性について、世俗的な権力をめぐって血なまぐさい覇権争いがたえなかったが、やがて、宗教国家から世俗(王と領主)国家へと変貌した。

また、
キリスト教を基盤とした欧州各地でも、三百年前には、カトリック教徒とプロテスタント教徒との間で、互いに、大量虐殺と弾圧が数十年もの間おこない、ドイツなどでは人口の2割ぐらいが死亡したといわれている。つい最近二十世紀でも、北アイルランドにおいて、カトリックとプロテスタントとの間の殺し合いが続いている。

中東諸国のイスラム圏では、
欧州では、千年ほどの時間をかけて生じた様々な社会変化をオスマン帝国崩壊とともに、二百年程度の短い期間でおこない、あえいでいる感じがします。
・・・・
族長国家から国民国家へ、異なる宗教・信条の許容、、宗教支配国家から世俗国家へ、近代化・産業化、民主主義制度の普及など
・・・

これと比較して、
仏教と神道とが混交した日本の多神教の宗教環境では、幸いなことに、過激な宗教戦争がなかったのは、本当にありがたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む