「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

五輪組織委の役割と森喜朗委員長の「遺書」

2017-05-12 06:13:09 | 2012・1・1
小池百合子都知事が昨日、官邸に安倍晋三総理を訪ね、懸案だった2020年東京五輪.パラリンピックの東京都外の競技会場の仮設整備費約500億円を都が全額負担する旨申し入れた。本来、五輪招致時での原則では、仮設整備費総額2800億円のうち2000億円を組織委は東京都などに負担して貰うことになっていた。昨年12月、組織委と国と都は、この点を確認し、3月末までに分担の大枠を示すことで合意していた。

五輪開催まで3年3か月、まだこんな費用の分担でもめているのかと驚いたが、それ以上にビックリしたのは、五輪組織委の委員長、森喜朗元首相(78)が最近出版した「遺書―東京五輪への覚悟」である。僕は先日、NHKの国会中継の中の無所属クラブ、松沢成文議員(元神奈川県知事)の総理へ質問で「遺書」のこと知ったが、松沢氏によると、森委員長は著書の中で。自分が肺がんにかかり、五輪まで生きているかどうかわからないと書いているそうだ。松沢氏ならずとも、こんな方に組織委員長の重職をお任せして大丈夫なのかと心配だ。

昭和39年(1964年)東京五輪の組織委員長は、安川財閥の御曹司、安川第五郎氏であった。僕の記憶では、安川氏はあまり、マスコミの話題にはならなかった。ひたすら経済界の広い顔を利用されて資金集めに回られた。五輪開催の功績により、安川氏は「旭日大勲章」を受賞されているが、晩年の安川氏の揮毫の文字は「至誠通天」だった。五輪開催当日、前夜まで東京は激しい雨だったが、雲一つない晴天になった。安川氏は自分の至誠が天に通じたとする自信であろう。

開催前から、パートナーのJOC会長や都知事の悪口を言っている森氏とは違う。「遺書」を書く前に開催成功に向けて誠意を国民に示すべきである。総理も都知事も政治家としての先輩に配慮することはない。「遺書」を書く前に本人が勇退すべきであった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二階幹事長 ”慰安婦”合意は... | トップ | 消えてきた理髪店の赤青白の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
出来るの? (chobimame)
2017-05-12 09:03:51
本当に東京五輪は、出来るのでしょうか?
決まってからゴタゴタ続きで、進展が感じられません。
辞退したら?と言いたくなります。
国も小池さんも何だかピントがズレていて、そこへ森です。
森なんかいても有害なだけです。
個人の思惑だけでオリンピックを引っ張るなどありえません。
政治利用は止めろ (kakek)
2017-05-12 13:46:17
chobimame さん
前回の五輪は国をあげて開催を成功させようという空気でした。今回は開催前から問題が続出しています。最近はそれに政治問題が絡み見苦しいです。小池知事も当面の都議選で頭が一杯なのでしょうか。その間を縫って、勢力を挽回しようと、政治家たちが暗躍している形です。
森さんンは過去の人です。現役の時も支持率が低かった人です。政治家としての先輩後輩の関係もあるかもしれませんが、森さんは勇退すべきです。現場サイドが混乱するだけです。

コメントを投稿

2012・1・1」カテゴリの最新記事