「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

     子供への新型インフル・ワクチン無料接種を!

2009-08-22 05:02:59 | Weblog
新型インフルエンザが本格的に流行し始めてきたが、予防ワクチンが不足していて
国民にどう割りふりするか、その優先順位が話し合われている。先日、厚生省主催
の有識者による意見交換会では、優先順位は医療従事者、持病のある患者、妊婦、
乳幼児ーで意見が一致したという。

毎年,冬が近づくと、区役所から僕ら高齢者に季節インフル予防の任意予防接種用
の通知が届く。たしか一回接種で1500円と比較的安い費用で受けることができる。
しかし、一般は高く、例えば子供の場合は二回の接種で5000円もかかる。これでは
育ち盛り子供が何人もいれば出費が多く、なかなか受けにくい。

新型インフルのワクチンの接種の優先順位を新聞でみた老妻は”年寄りはもうじゅうぶ
ん生きてきたのだから、一番最後でよい”と冗談でいった。老妻は健康で医者嫌いで、
毎年ワクチン接種を拒み周りを困らせ、やっと接種に応じている。

新型インフルのワクチンは、国が一括して薬品会社から買い上げるそうだが、その先が
判らない。どういう順位で接種するのか、有料なのか無料なのか。日本の医療保険は
”診療”を対象にしており"予防"対象ではないので、ワクチンは高い。あと10日ほどで
新学期が始まる。学校が始まればいっそうの流行が心配される。年寄りは後でよい。
緊急マニフェストとして子供たちへの無料ワクチン接種を実施したらどうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«         想い出の町... | トップ |       選挙妨害 マス... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
早い流行 (chobimame)
2009-08-22 08:03:53
今年は気候が変なせいか、夏には流行らないインフルエンザが猛威をふるってきました。持病がある人は、簡単に重症化してしまうので怖いですよね。
医療従事者の知り合いに、季節性のインフルエンザワクチンの話を聞いたことがあるのですが、お年寄りの場合は、インフルエンザワクチンよりも、肺炎のワクチンを打っておいた方がいいという話を聞きました。お年寄りは、その病気で重症化するよりも、最終的に肺炎になり命の危険に晒されるパターンですから、肺炎のワクチンを打って、風邪やインフルエンザにかかっても重症化させないという方法が有益だそうです。ただ肺炎ワクチンは任意なので高いのですよね。インフルエンザは毎年形が変わって製薬会社が儲かりますが、肺炎ワクチンは毎年打つものではないので儲からない。だからいつまで経っても宣伝もしないし、任意のままです。ワクチン1つにしても製薬会社の思惑があるのです。今回の新型ワクチンは、ワクチン不足ということから、助成金が出ない年齢の人には、金額が釣り上がるのではないかと懸念しています。
肺炎が一番怖い (kakek)
2009-08-22 09:18:51
chobimame さん
老人にとって一番怖いのは肺炎です。インフルだけでなく普通の風邪でも、それが引き金になって肺炎を起こすと危険だそうですね。でも肺炎のワクチンがあるとはしりませんでした。
ワクチンの優先順位をどうするかを話し合ったそうですが、ばかげています。人間として当たり前の順位があります。それに従えばよいので、わざわざ、どこが一番、二番と決める必要はありません。児童手当ではありませんが、ワクチンぐらい無料で接種してもたいした額ではないでしょう。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事