「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

特殊詐欺 ”わが家は大丈夫!?”

2017-03-13 06:55:29 | 2012・1・1
”振りこめ詐欺””オレオレ詐欺”など電話やFAX、メールなどによる詐欺を専門用語で「特殊詐欺」と呼ぶようだ。警察庁の調査では、その被害の8割は65歳以上の高齢者であり、一方内閣府のアンケート調査では、その高齢者の39.1%が”自分に限って被害には会わない”と思っていたという。われわれ老夫婦もその一人だが、最近、聡明で”この人にかぎり”と思っていた知り合いの女性が被害にあいショックを受けた。

女性の場合は、通常の子供や孫を登場させて詐欺される手口と違い、女性が日常的に善意な社会活動家だというの知っての犯行のようである。東北大震災の福島原発事故被害者救済をネタに巧みに女性に接近してきた。一人の犯行ではなく、いわゆる”劇場型”で、複数の人間が分担をきめ、時間をかけて女性を信用させた上での犯行であった。

僕の親しい別な友人も数年前”オレオレ詐欺”にかかりそうになり、警察に届け出て今は予防のための装置をつけている。老妻の友人の一人暮らしの女性にもこの装置をつけている方が多い。わが家にも過去数回、それらしき電話がかかってきている。冗談に”わが家にはカネがないから”夫婦で話し合っているが、知り合いの女性の被害を聞き、改めて自戒することにした。被害にあわないのには、それらしき電話がかかってきたら、すぐ切ることだそうだが、高齢者にはその判断が次第に鈍くなってきている。

それにしても、人の善意をふみじり寄ってたかって老人のカネを奪い取るなんて、イヤな時代である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育勅語を暗記させられ 愛... | トップ | サウジアラビアの人たちの想... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
年齢 (chobimame)
2017-03-13 08:24:50
特殊詐欺に引っかかる高齢者は、判断に時間がかかるという事もありますが、相手が親切そうに話を聞いてくれたりするそうです。
高齢者は、話を聞いて貰えると、個人情報をペラペラ喋るそうです。
だから個人資産の把握がしやすいそうです。
私の母などもそうですが、なぜ他人にそこまでペラペラ喋るか不思議でなりません。
要件だけを伝えればいいものを話が長いのです。
近所の独居高齢者のお婆さんは、歩けなくなったと救急車を呼び、救急搬送しようとしている隊員に自分の若かりし頃の昔話を始め、搬送するまでに1時間近く掛かってしまったそうです。
これはどうした現象なのでしょうか?
特殊詐欺も巧妙になり、高齢者の特徴を把握して、知人の方の様に親切心を利用したりしているのでしょうね。
個人秘密情報 (kakek)
2017-03-13 16:41:21
chobimame さん
高齢者独特の現象ですね。とくに自宅での独居老人は孤独感もあってか話が多すぎるといわれます。自戒します。
逆に最近は「個人秘密情報」によって生活がしにくくなってきています。それともう一つ、老人に比べ若い人たちの声が小さくなってきました。必ずしも耳が遠くなったせいではありません。

コメントを投稿

2012・1・1」カテゴリの最新記事