「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

52万人待機老人がいるというのに特養4分の1が空房 その矛盾

2017-03-08 05:59:50 | 2012・1・1
読売新聞の社会面の横組みの雑報欄に小さく「全国の特養4分の1が空房」という記事が載っていた。一般読者にとっては、あまりニュースバリューがないかもしれないが、僕ら老人にとってはベタ記事とは思えない。超高齢者社会、全国で52万人もの高齢者が特養老人ホーム入りを待っているというのに、その4分の1が空きベッドだというのである。

僕の周囲でも最近、老人施設に入居する友人、知人が増えてきたが特養老人ホームに入居した話は聞かない。政府や自治体の援助がある特養ホームは入居料も安く、一般に環境もよいということで入居希望者が多く、厚労省の推定では全国で52万人が待機中だという。ところが、平成25年の法改正で、入居条件が要介護3以上となっため、若干、待機数は減った。それでも大変な競争率だ。

何故、こんな矛盾が起るのだろうか。読売の記事によると、原因は”介護職員の採用が困難””職員の離職が多い”からだという。政府は”一億総参加社会”実現を目指し、”介護ゼロ”の旗を掲げているのに、実態は違う。厚労省の統計によると、全企業の平均月収は32万9000円なのに対し、介護職員は21万9000円と、10万円の開きがある。それに、一般的には介護職場は3K(きつい、きたない、危険)職場とされている。

要介護3は”日常的な排泄や食事、入浴に介護が必用で、理解力が低下し、軽い認知症”と定義されている。特養入居待機の老人の中に要介護3以上の資格者がどの程度いるのだろうか。毎日のように老々介護や認知症による悲劇が新聞に載っている。待機児童と同じように待機老人問題も政府は忘れないで欲しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常在戦場 4月の解散風 | トップ | 安倍内閣支持率の急落 政治... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長生きと介護 (chobimame)
2017-03-08 09:14:41
介護されずに長生きできたらいいですよね。
そんな薬が開発されないでしょうか?
私の知人は、子供に面倒をかけたくないから身体に悪い事ばかりすると言っている人がいます。
親の介護を経験すると、色々考えるみたいです。
それにしても現在特養は、300人〜500人が待ちとケアマネが話していました。
介護士不足でベッドに空きがあるなんて驚きです。
知人に、金額的にやすい特養の介護を心配して、高い有料施設に親を入れたにも関わらず、
何度も骨折し、しかも発見が翌日だったりとあり得ない措置なので、介護施設にクレームを入れたら、
嫌なら出ていけと逆ギレされたそうで、驚愕していました。
この国は、一体どうなってしまったのでしょう?
介護士には、看護師レベルの給料が必要だと思います。
2025年を前に心配 (kakek)
2017-03-08 14:03:53
chobimame さん
今朝の新聞に大阪で、放浪癖のある認知症の70歳代の女性が線路にはいり死亡した記事が載っていました。多分、彼女は肉体的には介護が必要ではなかったのかもしれません。
特養施設不足から、区には在宅介護を勧めています。最近目立つ現象は、病院へ行くと、車イスで介護士に連れれて通院してくる高齢者が多くなってきています。最初、僕は親娘と思い感心な事と思っていましたが違います。
本来ならば、特養に入所して施設で看護を受ける患者だと思いますが、事故がなければよいのですが。
2025年問題を前に心配ですね。
育児は社会で、介護は在宅での矛盾 (lordyupa)
2017-03-08 18:07:46
ブロガーの言われる通り、マス・メデイアもこの深刻な問題を取り上げようとしません。
保育所問題(保育士の低年収)も特養老人問題(介護士の低年収)も、社会保障費用の不足に根本問題があると思います。なぜ、共産党や民進党などの野党は、待機老人解消について、大きく声をあげないのだろうか?
・・・老人とその世話をしている家族の票を確実に得られるはずなのに???
必用な公的資金は、52万人の待機老人につき、介護士1人あたり5人を担当すると仮定して、介護士の年収を10万分だけ増やすのに、52万人÷@5人X120万円/年=1248億円になります。社会保障の予算を増やすのか、増やさないのか?ここが決め手だと思います。少子化がすすみ学校数が減りますから、特養施設のための土地確保も案外都市圏でも、可能だと思います。
・・・
『特養落ちたは、日本死ね』などと下劣なtweetをしなければならないのだろうか?


”特養落ちた 日本死ね” (kakek)
2017-03-09 13:31:16
lordyupa さん
戦後今の老人福祉制度が確立する前の日本の養老院の実態を多少知っていますが、今と違って家族制度がきちんとしていましたから、養老院の入居者はごく限られた人たちでした。ところが、今はほとんどが核家族化により老後夫婦2人だけか独居です。それなのに自宅介護を押し付けケルの政治の貧困です。東京23区内には、要介護1や2でも実際は介護を必要とする待機老人が大勢います。一方、都内には特養のアキベッドがなくとも、近隣諸県には、沢山あるが、介護人がいないという矛盾が出てきています。この交通整理ができないのが問題です。
東京での保育所不足は、今の認証制度に少し手をかけ、認証保育園にすればよいのです。カネで解決できますが、老人施設はカネだけではないのが問題です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む