「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

戦闘ではない戦争の悲劇を体験した二人の先人の死

2016-11-20 06:06:18 | 2012・1・1
戦争は戦闘行為だけではない。それに伴う悲劇が多い。その悲劇を体験した二人の先人の死を知った。その一人は「流れる星は生きている」の作家藤原ていさん(98)である。藤原ていさんは同じく作家の新田次郎さんの夫人だが、敗戦とともに、新田さんの勤務先の満州気象台のあった新京から、新田さんと別れ離れになり、3人の幼児を連れ、北朝鮮経由帰国した。その苦難の記が「流れる星は生きている」で、戦後すぐの昭和24年にベストセラーになり、僕も感激して読んだ。

戦後、同じような悲劇を体験した青木正文さん(99)の死を「喪中葉書」で知った。青木さんはジャワ派遣軍の憲兵曹長だったが、戦後の昭和20年10月、中部ジャワのスマランで、原住民の独立争闘に巻き込まれ、女子刑務所に抑留されていた日本人居留民108人が惨殺された事件に遭遇している。青木曹長は事件を知り、すぐ救出に駆けつけたが、間に合わなかった。戦後ジャワでは、原住民たちが植民地に戻ってきた和蘭軍との戦闘に備え、戦争に負けた日本軍の兵器を引き渡せという運動が各地で発生、各地で合計、4千人近い日本の民間人が犠牲になっている。

敗戦時、旧満州を含む「ソ連軍管区」には推定160万人の日本人が居住していたが、突然侵攻してきたソ連軍との戦闘や、不法にシベリアに連行され、強制労働で死亡した人など24万人が犠牲になっている。戦時中、地上戦がなく、兵隊たちの間で”ジャワ天国”と呼ばれていたインドネシアとは雲泥の差である。来月、プーチン大統領を迎えて長門で日露首脳会談が開かれるが、領土問題と同時に過去にこういった問題があったことも銘記すべきである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気配りのSANTAの贈り物 | トップ | 日本料理店が一軒もなかった... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ペコペコするな (chobimame)
2016-11-21 09:26:58
あの当時の日本人は、みな大変だったでしょうね。
特に外地へいた人は、日本に帰りつけるかもわかららませんから。
日本は、戦後から交渉事に異常な腰の引け方をします。
敗戦といっても戦争ですから加害ばかりではありません。
敗戦国が、一方的な加害ばかりなら敗戦になりません。
結果、敗戦だっただけで、敗戦国も勝戦国も血を流しています。
勝った国は、惨たらしい事を一切していないかのようなイメージは、払拭するべきです。
プーチンが来る事に意義があるような話になっていますが、しっかり交渉しての外交です。
友達を招くのではないのですから。
食い逃げに用心 (kakek)
2016-11-21 11:43:27
chobimame さん
勝てば官軍、負ければ賊軍ですが、敗戦によって賊軍にされた結果、敗戦時にわが国が受けた犠牲は異常です。とくに、ソ連の一方的な参戦は許せません。固有の領土を奪い、さらには非人道的な行動で、シベリアへ日本人(民間人を含む)を連行、強制労働させている。「流れる星は生きている」を読んでみて、当時のソ連の非人間性がよく解かります。伝えれる報道によれば、来月の日露会談では、両国の”経済協力”の利点だけです。領土返還なんかありえず、俗な言葉で言えば、食い逃げです。日本の交渉関係者は、騙されないように、くれぐれもご用心。
スマラン虐殺事件では、残念ながら日本人の救出はなりませんでしたが、別の部屋にいた和蘭人は全員、日本の憲兵隊によって助けられました。戦後、これに関して和蘭側からは公式の感謝の意張りません。逆に戦時賠償金を要求しています

コメントを投稿

2012・1・1」カテゴリの最新記事