つれづれ婆ぁばの 手ぶれ野鳥と草と花と

パート2に引っ越しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

色々と…今年最後に…

2016-12-25 19:45:35 | 独り言
・・・以下転載・・・

無題 Name 名無し 16/12/21(水)00:19 ID:JHG.nLn6 No.1853456
今の医学の進歩が当時も
あったらお子様が生まれて
いたと思う。

ナルとマサコだって
この方々が結婚された
当時に生きていたら
アイコさんは生まれずに
子供なしの夫婦だったであろう。


… 無題 Name 名無し 16/12/21(水)00:19 ID:9Uq9qhNk No.1853461
洋装だとエリザベス女王みたいな威厳と迫力がおありね。


… 無題 Name 名無し 16/12/21(水)00:20 ID:HtH0tj2c No.1853474
>あったらお子様が生まれていたと思う。

だから男性不妊じゃなくて ミテコの横やりで作らせなかったのだと思う。
秋篠宮家にやったのと同じ仕打ち。


… 無題 Name 名無し 16/12/21(水)00:26 ID:Q9AxkWrE No.1853520
>ミテコの横やりで作らせなかったのだと思う。

香淳皇后や妃殿下方が健在だからそれはないでしょう。


… 無題 Name 名無し 16/12/21(水)00:40 ID:9Uq9qhNk No.1853540
それにミテコは親王を二人あげているから余裕があった。


… 無題 Name 名無し 16/12/21(水)00:46 ID:JHG.nLn6 No.1853546
>それにミテコは親王を二人あげているから余裕があった。

仮にミチコに女の子しか
生まれていなかったら
もっと早くに女性天皇を
持ち出してきていますよ。


… 無題 Name 名無し 16/12/21(水)01:13 ID:HtH0tj2c No.1853564
>香淳皇后や妃殿下方が健在だからそれはないでしょう。
何とも言えないんだわ。

というのはミテコは 流産~常陸殿下結婚~次男誕生までの数年の間で
かなり力をつけたようにみえる。

二人目の子を妾に産ませることを引き換えに
常陸宮夫妻に子を造らせないように圧力をかけたようにも見えるんだわ。


… 無題 Name 名無し 16/12/21(水)16:26 ID:hI5J3hN. No.1854235
なるほどなるほど!


… 無題 Name 名無し 16/12/21(水)18:37 ID:Rnl8iqIU No.1854326
こちらに男児がいても皇統には入れないから、
どうでしょうね、やはりお子がいないというのは気楽でもあり、寂しくもありでしょうか。
でも惜しいです、お二人のお子の成長を、なるちゃんを見て来たように見ていたかったです。

なるちゃんと思いっきり差がついて、ミテコが嫌がらせする様な事があったかも。


… 無題 Name 名無し 16/12/21(水)20:26 ID:HtH0tj2c No.1854464
>こちらに男児がいても皇統には入れないから、どうでしょうね、

そこがまたびみょんで、徳仁はあのとおり、池沼。 礼仁は脇腹の子で継承権がない、ってことになった場合
常陸宮様に男児がいたらどう転んでいたかわからないよ。
実際昭和天皇は最晩年にミテコを追い出そうとしていた気配がある(在位式典に欠席とか 目立った動きがあった)
でも結局それはあきらめた。 宮さんにお子がないので皇統継続に不安がのこったから、とも言われている。
皇族は男児がいて初めて一人前の継承権をモテるんだと思う。
(昭和天皇も明仁が生まれるまで危ない立場だった、と何かで読んだ)

                           ・・・ここまで・・・

・・・以下も転載・・・

無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:37 id:l6AqxPMM No.1711041
>天皇、皇后両陛下の御暮らしぶりには、いろいろと疑問や不安を感じさせられることが多いと言ったが
その原因の最たるものは、皇后陛下のお力が増大してしまったことだと感じられてならないのである。

とにかく、行幸啓にしろ、パーティの計画にしろ、皇后陛下が
「ウン」とおっしゃらなければことがすすまないのである。
天皇陛下だけの内諾を得て、関係方面と調整しても、
最後に皇后陛下が「ダメ」とおっしゃれば、それですべてが覆されてしまう。

最近では、だれもがそれを承知しているから、起案したらまず皇后陛下にお伺いを立てる。
それでご承知いただけたとなれば、最後まで問題は生じない。
天皇陛下ご自身がこうした力関係を十分に承知されているから
ご了承を頂きに参上すると、「アチラはどういっているの?」と皇后陛下のこと気遣われたりされている。
… 無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:45 id:l6AqxPMM No.1711047
>本来、ご皇室にとって皇后陛下は、あまり意味のある存在ではない。
ご公務はもちろん、大抵の儀式も天皇陛下がおいでになれば事足りる。

にもかかわらず、皇后陛下が登場する機会が多くなってきたのは、
主として国際親善の場面で、なにごとも夫婦で社会に出ることが一般的とされている欧米風に倣ったためといってよい。

それなのに、最近では国際親善の場面にとどまらず、
あらゆるところにご夫妻として参加されるようになってきているのである。

面白かったのは、皇太子殿下のご結婚の儀式で、「ご結婚の儀」の期日を小和田家に伝える「告期の儀」でのことである。
小和田家を訪問した侍従長は本来、天皇陛下のお遣いとして出掛けたのだが
テレビの説明は「天皇、皇后陛下のお遣いとして」と解説していた。
… 無題 Name 名無し 16/08/02(火)22:49 id:l6AqxPMM No.1711049
>後で調べてみると、記者クラブでのレクチャーで担当者が、そう説明したようなのである。
ご皇室の公式儀式は、すべて天皇陛下お一人でまかなわれることになっているのに
担当者たちが協議して、お二人のお遣いということにした方が良いと判断したらしいのである。

男女同権の時代にあった解釈といえば結構なのだが、周りの者がこんなに細かいことまで
「アチラ」に気を遣って決めるようになっていることはおかしくてならない。

                           ・・・ここまで・・・

色々と考えさせられるネットのご意見を、転載させていただきました。

皇后さまは「女帝」と言われていらっしゃいます。そう「女帝」…。
天皇の配偶者に過ぎないのに…。
陛下は皇后のお尻の下。いえ、操り人形におなりのようです。
思えば、皇太子妃の時代から「美智子さま」中心の報道でした。
まるで芸能人のように…。
スターのような美智子さまでした。
今にして思えば、女性週刊誌にあれだけ書かせる力があったということか…。
知らなかった…

陛下と肩を並べて歩く皇后。時には陛下より高く手を振る皇后。常に寄り添い(くっつき)杖の代わりにされる陛下。
新しい時代だとか、男女同権だとか言われていたけど、それはどうだったのかしら。権威は落ちて、みっともなくなった?


陛下にお伺いを立てると「あちらは 何と言ってるの?」と、皇后のご意見をお伺いになるんだとか。
皇后は、陛下あっての皇后なのに。しかも、美智子皇后は、一応皇后と呼ばれているけれど、正式には皇室会議を経てはいないのです。
あの由緒正しい良子さまでさえ、皇室会議を経て皇后にお成り遊ばしたのに。
庶民の出の美智子さまが、どうして会議にかけられなかったのか。当時の新聞に「美智子さまは皇室会議にかけられなかったが、長年の功績により皇后と認められた」と記事にあったのは、ぼんやりと覚えています。
しかし、皇室には私なぞには判らないしきたりもあるでしょうし、何か理由が有るのかもしれません。

さて、天皇と皇后は、権威だけでなく権力もお持ちになりました。更に天皇ではなく、上皇を目指しておられます。
雅子妃は、あの調子では皇后は務まらないでしょう。そうなれば、美智子皇后が代わりにお出ましされるのではないでしょうか。

婆はこの頃「大切なのは天皇ではなく、皇統をつなぐこと」という言葉を知りました。
悠仁さまに皇統が正しく繋がりますように、願っています、心から。

*********************************************

大婆様がやっと静かになり、寝てくれるようになりました。
大晦日までにもう一度、テンションが上がるはずです。デパートに行きたいのですがどうなることやら。
振り回された一年でしたが、無事にここまで来ることができて、感謝 感謝でございます。
大掃除はあきらめたものの、今日は食器棚を綺麗にしました。普段使いの食器ですが全部洗いなおして棚も拭いて、整理整頓。すっきり!

食器を洗いながら、実家の台所を思い出していました。子供が小さいころは余裕もなかったのでしょう、小さい食器棚でした。
私が嫁ぎ先から帰省するたびに新しい食器が増えて、大きな食器棚に綺麗にそろえてありました。
家族でそろって使いたかったのでしょう。でも、そのほとんどは使われぬままでした。今は年を取った母は、使い慣れた食器だけ…。
そろえた食器は、洗うのが手間なようです。私も判るようになりました。ワンプレートが良いですね(苦笑)
実家に帰るたびに、その食器棚を見て悲しくなります。母の切ない気持ちを思うと、哀しい。

大婆様の大切な食器を、使うことにしました。とっておいても、もう使う時間は殆どありません。私も齢を取ったからです。

食器が欲しいと思っていたこともありましたが、そういう気持ちは無くなりました。洋服は、もう少し欲しいです(微笑)
持ち物は少なくして、大切に使うようにしたいです。死に終いですね。そろそろ取り掛からないといけないかな。
棚の片づけをしていたら、楽しくなってきました。年末まで、もう少し片づけてみようかな。

このようなブログを、最後まで読んでくださってありがとうございました。
何人来てくださったかなと、毎日の楽しみです。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年をお迎えくださいね(感謝)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日の… | トップ | 新春… »
最近の画像もっと見る

独り言」カテゴリの最新記事