つれづれ婆ぁばの 手ぶれ野鳥と草と花と

パート2に引っ越しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

元気が出ない…

2017-05-23 14:55:41 | 独り言
     
    我が家の苺…小っちゃくて、酸っぱい(微笑)


*****************************


毎日新聞が21日朝刊で、天皇陛下の譲位に関する政府の有識者会議の一部意見について、陛下が強い不満を漏らされていたと記事に掲載されたことを受け、
22日西村宮内庁次長が定例会見で「そのような事実はない」と全面否定なさいました。


婆の想像ですが、宮内庁を通さず陛下が直接不満を仰ったのかなと思いました。毎日新聞というのがミソかな…。ここは○○学会の新聞も印刷していませんでしたか。○○学会と言えば…雅子妃の父上。なんか奇妙なつながりを感じてしまって…。婆の妄想ですよ。妄想。

それで、宮内庁を通さず直接新聞に書かせたのじゃないかなと…。

有識者会議に参加されていた有識者の方も含めての、ユーチューブでの皇室問題が議論されていたのを拝見したことがありましたが、言葉使いはとても丁寧でした。
うっかり「天皇」と発言した方に「陛下ね」と訂正。敬称をちゃんと付けて発言なさっていました。ですので「祭祀さえしていればよい」という、上から目線な乱暴をなさるはずがないと思いました。

宮内庁は否定したものの、陛下が強い不満を述べられたということが知れ渡り、有識者会議の方々はショックを受けられたのではないでしょうか。これで、誰も陛下を批判できませんね。真実であっても意見をお伝えすることが出来ませんね。陛下の仰るとおりに、事を運ぶしかないということでしょう。

婆の想像でした。

・・・以下転載・・・

<退位>「皇太子」称号に難色 秋篠宮さま意向で見送り

毎日新聞 5/23(火) 8:00配信


 天皇陛下の退位が実現し、皇太子さまが即位された場合に皇位継承順位1位となる秋篠宮さまについて「皇太子」の称号が見送られた背景に、秋篠宮さまの意向があったことが明らかになった。

 退位を巡る政府の有識者会議は、4月21日に首相に最終報告書を提出した。報告は秋篠宮さまを現在の皇太子さま並みの待遇とし、「皇嗣殿下」などの称号を提案した。

 政府関係者によると、有識者会議では、当初は秋篠宮さまの称号を皇太子とする案が有力だった。3月のヒアリングでは専門家から「皇室典範を改正しなくても、秋篠宮さまを皇太子とすることが可能だ」との発言があった。4月4日の会議では委員から「歴史上は次期皇位継承者は兄弟でも皇太子と称されることが大半だった」との意見が出た。
               ・・・ここまで・・・

これは、本当でしょうか。

兄が天皇になり、兄に男子がいないのだから、皇太子には弟がつく…これは自然な流れだと思っていました。皇太子にならないほうがおかしいと思っていたのです。
秋篠宮殿下のご意向で「皇太子」の称号を見送りって…。
殿下は何にご遠慮なさっているのだろうか。愛子さまを皇太子にしたい皇后さまに、あるいは兄宮さまにでしょうか。
皇統を護ろうとはなさっていないのかな。

マイホームなご皇室になってしまわれたのかな。かつては玉体と言われていらした陛下の腕を、むんずと掴んで国民の前にお出になる皇后陛下。
若き頃、タイムカードを押すように「天皇」の仕事がしたいと仰っていたという陛下。その結果が、今のご皇室の現状なのかも。

***************************

もう色々な事があり過ぎて…。それも思いもかけない事ばかりで。

眞子さまのご婚約するかもニュースを、婆はまだ信じられないでおります。勝手に眞子さまをイメージしていたと言われれば、それまでですが。

秋篠宮家のお姫様方は、お小さいころから様々なことを我慢なさっていらしたとは思います。佳子さまはスケートやダンスを諦めさせられたし、眞子さまはお友達とピースサインをした写真を撮られて、紀子さまから叱られたそうです。きちんとしつけを受けていらしたと思います。
しんどい時でもご両親は、公務をなさって全国に行かれていました。そのご様子を、眞子さま佳子さまは、しっかりとご覧になっていたはずです。
一方、おじさんのお家では…。おじさんはあまり仕事はしない。でも次は天皇という偉い人になる。おばさんは、体調の波が来るといつでも休める。
いとこの女の子は、学校は長いこと休んでも叱られないし、進級できる。それでも、周りに大事にされる。一番偉い一家になれる。
婆の想像で書いています。
こんな風に、おじさんちと自分ちが違ったら、どうでしょうね。
おじいさまもおばあさまも、自分たちのお母様には文句を仰るけど、いとこのお母さんは叱られたことはないみたい。
こんな風に見えていたら、どうでしょうね。

婆の想像でした。

眞子さまのご婚約するかもの件から、話がそれてしまいました。

元気が出なくて、ぼんやりと過ごしています。

****************

鬱っぽいかなと思っていたら…今朝の産経新聞に、「鬱傾向」9割が未診断  かかりつけ医との連携必要と出ておりました。

身近な内科医に相談し、そこから精神科受診を勧める体制づくりが必要と、精神神経科の医師のお話が載っていました。

危ない危ないと婆は思いました。医学の知識は全く持っていないど素人の婆の体験からお話しさせていただくと、鬱やらのお薬は危険です。

依存する可能性大です。医師の診断に従えば安全というのは、どうでしょうか。婆は疑問に思っております。

ど素人の疑問ですよ。上手に断薬できるかどうか、調べてみてね。減薬さえ困難でしょう。

鬱っぽいと「鬱」は違いますよね。鬱っぽいくらいで病院に罹るのは、危険カモ…。

あくまでど素人の考えですよ。ネットで危険性などよくよくお調べになってからね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桑の実… | トップ | イトトンボ 孵る… »
最近の画像もっと見る

独り言」カテゴリの最新記事