つれづれ婆ぁばの 手ぶれ野鳥と草と花と

パート2に引っ越しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お別れ…

2016-10-29 09:05:14 | 独り言
三笠宮邸に弔問に行かれる皆さま
                

雅子妃だけ帽子を…と思っていたら、今朝の産経新聞朝刊に、弔問を終えた両陛下の画像がありまして、皇后も黒のお皿帽子を付けてらして…ん?
とりあえず駆けつけるという意味から、一般では正式な喪の服装だと待っていたみたいで失礼、だから略式のほうが良いと聞いたのですが、
どうなんでしょうか。
行きの車の中では、小皿は写っていなかったので邸について付けられたのでしょうか。
信子さまのパールが二重なのも、ちょっと気になるし…。


一般の納棺に当たる「御舟入」の儀式は28日、午後5時頃 赤坂御用地、三笠宮邸にて営まれました。

御舟入の儀式に続いて、ご遺体にお別れの拝礼をする「拝訣」が行われました。

百合子さまが棺の傍で見守る中、皇太子夫妻、秋篠宮ご夫妻も参列し一人一人三笠宮さまとお別れをなさいました。

「斂葬(れんそう)の儀」は11月4日豊島区の墓地で行われます。

****************************

お亡くなりになったあと調べていて知ったこともあり、やはり自分なりに書いておこうと思います。

1998年11月 訪日した当時中国国家主席の江沢民に、宮中晩さん会で日中戦争を謝罪なさったのでした。
「罪のない中国の人々に…」と
政府の許可を得ないで、独断で。これは、中国側を有利にさせました。
罪もない一般人が虐殺されたのは、日本人の方です。殿下は通州事件をお忘れか。ご存知なかったか。


もう一つ、1946年

「新憲法と皇室典範改正法案要綱(案)」と題する意見書を作成し、新憲法のもとで制定される新しい皇室典範に天皇の「譲位」を認める規定を盛り込むよう主張されていた。

奴隷制度にも等しいと仰っていたとか。天皇が奴隷に等しいとは到底思えませんが。

以上書いてみました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムシクイ… | トップ | キビタキ♀…目の前に… »
最近の画像もっと見る

独り言」カテゴリの最新記事