つれづれ婆ぁばの 手ぶれ野鳥と草と花と

パート2に引っ越しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日から お出かけ~~

2017-06-05 09:13:28 | チョウゲンボウ
実は、気が重い…お出かけ@@@

楽しい、お気楽なお出かけがしてみたい(笑)

チョウゲンボウです

    




           



      




       




      
      逆光気味で、顔が暗い@@@




  




   
   




   
何か咥えています




     





  




    

突然のことだったので、これで精一杯でした。

もっときれいに写したいですわ。

*************************************

・・・以下転載・・・BB様のブログから一部転載させていただきます


「私達が学生時代、6年前の論文です。 東日本大震災の支援活動を行っている際、被災を免れた鳥居(写真)が目に付いて研究しました」

(神戸高専の高田知紀准教授 談)



論文によらば、宮城県沿岸部に鎮座する神社の内、スサノオを祀る神社、熊野系神社、八幡系神社のほとんどが津波を免れしに、アマテラスを祀る神社の大半が被災とは、これいかに?

ひょっとして両陛下と、皇太子殿下雅子妃の祭祀懈怠により、天照大御神が再びの岩戸隠れをなされしや?

 

スサノオは斐伊川(ひいかわ)に住むヤマタノオロチを退治したと古事記にありますが、川の氾濫を例えた話といわれます。
スサノオは水害など自然災害、震災を治める神だからこそ、
そうした災いに遭わない場所に祀られたと考えられるのです」

前述、教授の分析ですが・・・

でもねぇ。このところの皇室のだらしなさを見るにつけ、ひょっとして?

と思っちゃうのよね。
              ・・・ここまで・・・

          ・・・ここまで・・・詳しくはBB様のブログまでhttp://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/1548864481a1307fc4392756677bb4a0

気になったので、転載させていただきました。このところ、神社仏閣に「ばちあたり」どもが、落書きしたり傷つけたりして、腹立たしい思いをしています。守らなくては…という気になって。我が国の結界を破ろうとしているものがいるようで…。

そういえばBB様がお書きですが、戦後最大の台風と言われる伊勢湾台風が襲来したのは、今上陛下が美智子さまとご成婚した年だったとか。


*****************

これは、ふぶきの部屋様のブログで知ったのですが、東日本大震災が起きた時、尚典職の方が陛下に、未曾有の災害が起きた事を全国の神様に報告して祈るべきではないかと進言したら「それより被災地訪問」とおっしゃったと、朝日デジタルに書いてあったそうです@@@

今上陛下は「祭祀が大事だ」と仰ってはいますが、「被災地訪問」の方に重きを置いておられるようです。アマテラスの神社の力が弱くなっているのは
もしや陛下が祈りを軽んじられているからでは…?そんなことはないと思いたいのですが、このところの災害の大きさに…つい。


昭和天皇は敗戦時、皇族方を全国の主要な神社に派遣して敗戦を報告させたそうです。これもふぶき様のブログで知りました。
「祭祀」を大切になさっていたことが伝わってきます。それでも災害はやってくるのですが、出来るだけ被害が少なくなるように、国民の安寧を祈ってくださっていたのでしょう。
陛下が良く仰っている「国民と寄り添う」ということは、こういうことではなかろうかと思います。

体育館で膝をお付きになるのは、陛下はご満足かもしれないけれど、被災地は復旧工事の手は止めるし、交通制限になるし警護やら何やかやと、はっきり言えば、被災地の負担は増えると思います。生意気申しましたが。

ところで、
ふぶき様のブログも大好きなブログの一つです。ぜひお訪ねになってね・・・http://blog.goo.ne.jp/yonyon4009

勝手にご紹介…(汗)


********************************

ブータンで、眞子さまは大歓迎を受けておられるようで、こちらまで嬉しくなってまいります。

国王ご夫妻自ら、歓迎してくださっているのが伝わってきます。

花の博覧会会場でのご様子です。
           
           

この記事をはてなブックマークに追加

チョウゲンボウ…

2017-06-04 09:02:34 | チョウゲンボウ
チョウゲンボウのカテゴリー追加してみました。

         




              



       




        




     
     かなりトリミングして



*********************************
ブータンにて

    
     眞子さまのワンピース、素敵だと思います。スカート部分はレースでしょうか。
     国内では地味な装いが多いですね。あの方や、あの方に遠慮なさっているのかな?


       
       やはりスカートは長め。レースやウエストのデザインが素敵、可愛い。



3日、首都ティンプーの弓技場で、ブータン国技の弓技を経験なさいました。

     





         お召しになっている服は、民族衣装の「キラ」。

秋篠宮両殿下が20年前にブータンを訪問した際に、前国王から紀子妃殿下に送られたもの。手作りの総シルク。えんじ色の生地に「timaティマ」という
幾何学模様が施されています。

キラの上に羽織っている青い上着は、訪問前に用意なさったもの。

         


        

眞子さま、ブータンとの親善に大活躍!!  


***************************

これほどまでに高い品格をお持ちの眞子内親王殿下が、なぜ、あのKK氏と…???

KK氏の母親は、実は韓国人ではないかという疑惑があり、彼の父親と祖父も相次いで自殺しているということも気にかかります。自殺に至る理由が何か…。

父親は職業から日本人と思われますが、ふさぎがちになりある日夜中に河原で自殺。その直後に父親の父(KK氏からは祖父)も自殺。穏やかではないですね。

その後、父親の実家と揉めたようですが、仲介人を立てて和解。遺産相続で揉めたのでしょうか。

ケーキ屋でパートをしながら、ICUとかインターとかバイオリンとか、経費の高い学校に通わせています。しっかりしたお母さんだと思っていましたが、パート勤めでそこまで維持するのは、無理があるような。何か他に資金があるのかな?マンションは夫の死でローンは無くなったとしても、管理費維持費、諸々…。

「パパ」と呼ぶ「祖父」と同居。

息子の仕事先にも一緒についていく。夜は抱きしめて寝るらしい…@

まだ婚約も決まっていないのに、近所に言い触れ回っているとか。日本人的じゃないと感じます。


KK氏は、法律事務所の「雑用係?」みたいだけど、アルバイトかな。あの記者会見のとき、自分の勤めている事務所の入っているビルの開く時間を知らなかったそうで。記者たちと一緒にぐるりとビルの回りを廻ったとか。正社員なら知っているはずですよね。

そうそう、丸の内の三菱銀行に1年務めたそうなんだけど、ICUからはあり得ないという情報もありました。婆は良く知りませんよ、こういうところとは縁がないから。超エリートしか入れないって。しかも、1年で辞めてるって。スーツの着方もおかしいと。お辞儀の仕方も、教育されるので、あんなお辞儀はしないって、ネットにあがってましたわ。

海の王子とかアナウンサー志望だったとか、国際弁護士になりたいから通っているはずの一ツ橋大学院は法科じゃないとか。通っているのを見たことないとか。

母親の名前が、「圭与」から「佳代」とも書かれている。二つ名前を持ってる?だとしたら…?

父親や母親の経歴が出てこない。出身地や学校も出てこない。皇族の降嫁先としては、考えられないほどのミステリアスな家族@@@

他にも様々な事が挙がっていたと思いますが、婆は忘れちゃったわ。検索なさってね。驚くべきことがあると思うから。


我が国の自慢の内親王の降嫁先として相応しいかどうか国民は知る必要があるし、相応しくないと判断したら「嫌だ・認めない」と発言しても良いと思います。一億五千万の持参金を持って嫁がれるのだから。

悠仁さまの乗った車が事故をした時「警護は増やさない」とすぐに発表されたのに、KK氏には早速、警護が二人も付いているという。この可笑しさ。

本当の警護官なのか、彼に税金を使う必要あるのか、今の段階で。それとも、組織が付けたのか?

どうしてもKK氏とご結婚なさりたいのなら、いっそ持参金は無しにしてとKK氏に仰ったらどうか。「それでも良い」と彼が言うかどうか。

眞子さまは本気でお好きになったのか。何か大きな組織が陰で動いて、眞子さまを陥れたのか…が、非常に気になるところです。

「眞子さまがICUに行くから、俺も行くことになった」とKK氏が言っていたそうだから。

スッキリしないのです。KK氏や彼の母を見て、感じる違和感。

言われていることがすべて真実かどうか不明だけど、眞子さまが窮地に立たされているとしたら…。

どうか間違いであってほしいと、切に願っています。


ブータンにて。日本文化紹介イベント 日本週間開幕式イベントでスピーチ

この記事をはてなブックマークに追加