一俺 ニ富士 三鷹

2017-05-06 | Weblog
いままでのドラム歴でイスの高さの変化を一直線にすると富士山と同じだ

ずっと記録付けてたから正確であります。

つまり5cmあげた期とやっぱり戻した期があったとしたら10cmね

イスの高さは戻ってるけど。


とまぁ、「私たちの関係ってなんなの?」と言うくらいふわふわしてるわけですあたしのイステディ。





高い人もいれば低い人もいるわけで各々それが正解だとしてるし


どれが正解なの?ってなるよね?ならない?あたしはなるよだってだからの富士山男だもん。



どうするかって



簡単よ。



試すしかないよねー


当たり前です


やってみるしかないんです。


当たり前ですが、ついつい忘れがちです実際試すということ。


平和で豊かな国の庶民はそうなりがちなのはもう自然な流れですから。


あたまでっかちゃんともまた違う、現実の刺激と想像刺激の差が曖昧になってる、というか大して差はないだろうと思いがちという感じでしょうか。


だから実際やってみると想像を越えた刺激に会うことがあります。
もちろん想像通りのことも多くありますが。



で、また今回動かしたわけよ

だから富士山より高くなったわけ


よっ!日本一の伊達男!



めちゃしっくり

気持ちがいい

叩いてるとき気持ちがいい

人の尻をひっぱたいてるときといい勝負かもしれません。


だがね


気持ちがいいことが正解ならツラい練習は不正解で覚醒剤やめられない人は正解になります。


そうなってもいいんですが、たぶん駄目だと思いますが、じゃあ判断はどうすればいいのかと。


はい


やっぱり客観的視点か頼れる他人の必要ですな


あとは結果から判断すりゃいいということもあります。


それそのものそのとき よりは結果を見るほうが客観視できますし(たぶん)



ちなみに僕の客観視レヴェルは5歳児くらいなので他人様に頼るしかありません。



よろしくお願いします頼れる他人様。


頼れない他人様はいらないわよ!



王様おっぱい
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 論より性懲りもない性癖 | トップ | 祝日 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事