論より性懲りもない性癖

2017-04-08 | Weblog
サイコロ振って、6が出る確率は? 1/6だよな。うん。 とゆーことは6回振れば1回出るわけよね? じゃあ振ってみよう 実際振ってみようよ。 えいやっと もちろん 0回かもしれないし、2回かもしれないし、6回出るかもしれんよな。 それはどうやって説明するの? どうやって計算するの? で、ちゃんと「1/6のサイコロを6回振って6が1回出る . . . 本文を読む

だいぶん

2017-03-29 | Weblog
グアンタナモ刑務所以外にはだいたい行ったことある私でしたが、この前は大分県に初踏襲ぶちかましてきました。 LECのためにね 目指せ公務員! いや、違う、RECや。 日本語で言うとレコーディングやな。 submenに加入してから初レコ いいですね、レコーディングは 色々なことが分かりますもん。 みるみるかっこいいものが出来上がっていくことが最高にナイスです . . . 本文を読む

相当思索

2017-03-11 | Weblog
俗っぽいニュースを知らないのは象牙の塔ぽくてかっこいいのは不変の定理なわけで (もしかして、定理って不変が条件ですか?) まぁ、だから僕はモテるために「テレビは見ないよ」とかいってます。 が、陰でCMのカットされたテレビ番組をユーチューブで見るというイマイチな行為をしてる日々だったわけですが (CM見たってそれを買わなければ同じじゃんという意見はどうです?) 出家した人がスポーツ新 . . . 本文を読む

ミゼラブル

2017-02-16 | Weblog
「リーズナブル」 を 「理に適った」 と訳されてる本を見てなんか腑に落ちた。 リーズナブルは「これなのにこの安さ」ではなく「安かろう悪かろう」に近いってことだよね。 「お得なお値段」じゃなく「普通(当たり前)のお値段」ということや。 「めっちゃリーズナブル」というのに引っかかってたんだよなたしかにどこかでいつからかずっと。 つまりは 金銭系じゃなくてもええねんな . . . 本文を読む

ブラハム

2017-02-08 | Weblog
こんにちは 僕は天界からコウノトリに乗ってこの地に来たから日本語だってたどたどどしいし、だから英語なんてまったく分からんのよ。 shall we dance ? と i love you ? しか使ったことないくらいです。 まぁ、そんなことで、昔から知的だった私でも一番最初に聞いたときから(1桁年齢時かな)いまのいままで分からない文言に 人民の 人民による 人民のため . . . 本文を読む

雑文化

2017-02-04 | Weblog
2月になりましたな。 皆さまこんにちはこんばんはおはようございますおっぱい ここのブログ読むかエロ動画見るかしかネットを使わない豪の者は知らないと思いますが、あたし、submenというバンドでドラム叩いてまして、んで、今月に大阪&名古屋にゆくよってばよ! 東京以外でやるとなると、千葉 神奈川はまぁ別として(台湾もな)、いったいいつぶりやろ。 モーターぶりだよな? それでもう数年確定す . . . 本文を読む

生きられないという

2017-01-20 | Weblog
この時期くらいに「選挙には行こう」とSNSなりに書く人がいれば、理由を見たり聞いたりしてみたくなりますよね。 さて、真面目な話をしようぜ。 染色体異常が母体の血液検査で分かったら人工中絶しちゃいますという割合が90%近くあるとかないとかで、まぁ、そこに関しての倫理的な問題は永遠に解決できてはいけないレベルのことなので、絶え間ない議論をしてゆけばいいですが、実際の問題は「できればこうじゃない . . . 本文を読む

トリニティ

2017-01-08 | Weblog
2016年はなにあったかなと とりあえず本 映画 CDは特筆すべき(強い記憶な)点はなかったかなー しかし接してる事実はもちろんあるわけで、人間は行動すれば(生きてれば)その時間の影響からは逃れられないダレノガレですから、なにがどれくらいかというのは認識しといたほうがいいですよね。 そーゆーレベルのことが積み重なって力を発揮してくることはもちろんあるわけです。良くも悪くも。 強い刺激と弱い刺 . . . 本文を読む

にんにん

2016-12-31 | Weblog
ルビールームでクリトリス いや クリスマスパーティでした。 cathouseプレゼンツ あたしたちI'm inと100×100は去年の同じイベントぶり つまり またもや 初め納め 今回はサイトーユースケを招き入れてのスリーピーでした。 やはりベースがいないとな。 いない意味分からんし。 じゃあ、去年はなんでいなかったのかというと去年には去年の考えがあったからだよ . . . 本文を読む

マジカンシャ

2016-12-19 | Weblog
毎年毎年そうですが「今年最後の〇〇」が押し寄せてきてます 意識してるのもあれば考えたらあれが最後やったな!なんてこともしばしば 直近で言えばなにが最後だったかな? 言えるようなことだと特にまだないすね。 区切りは大事です。 その日その日が人生で最後なんだから関係ないでしょ いつもの日付け変更と年変更にそこまで違いはないだろう、日付け変更とただの時間変更だってなにが変わる . . . 本文を読む