backroad man 2

庄内の細道トコトコ

アカツメクサのあとにコヨシキリ

2017-05-26 | バイク・風景・写真

 

5月24日撮影

 

雨上がりの夜明けだったのと、前日に早足で歩き回った疲れも出て撮歩やめようと思っていた。

が、薄日が差して来たのに釣られて出掛けた。

スワンパークの対岸に足を運ぶとアカツメクサ(ムラサキツメクサ)が群生していた。

何年か前には殆ど生えてなかった事も有ったので、植生にもリズムが有るのだろう。

形や色の濃さの違いを撮り比べしたりピントが納得できずに何度も撮っていたら、国交省のパトロールカーが通過しつつジロッと睨まれた。。

近ごろ何かときな臭いご時世でもあり、スワンパークと違い通常人があまりいない場所なので不審人物と思われたのかも。

先日ハルジオンと一緒に撮ったのと同じモノのようだが何とも不思議な仕上がり・・・。

アカツメクサを撮り終えて土手道に上がると、京田川の方にコヨシキリがいた。

今季はスワンパークにも全く現れず心配していたので幸運だった。

オオヨシキリが過密すぎるぐらいに鳴いてるので場所取りが遅れたか?

この半分ぐらいの距離まで接近したかったが、流石に土手を下りて近づいたら飛ばれてしまった。


OMAKE


泣き出しそうな空の下でハマナスが鮮やかに咲いていた。

花の色味をしっかり撮るには曇天が良いかもしれないが、やはりハマナスには眩しいぐらいの夏の日差しが似合う。


『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フジが散ってないので残念? | トップ | この時期の花々 »
最近の画像もっと見る

バイク・風景・写真」カテゴリの最新記事