backroad man 2

庄内の細道トコトコ

あやめ通りの花菖蒲

2017-06-09 | バイク・風景・写真

昨日撮影

 

夜明けからシトシト・ザーザー降ったり止んだりの一日だった。

庭のツツジが数輪咲き始めたのを見て、あやめ通りのアヤメ類も咲いてるかも知れないと思い雨が小休止したのを見計らって出かけた。

今にも降りそうな空の下、サルビアが満開で迎えてくれた。

幼い頃蜜を吸いに来た蜂を花に閉じ込めたら、針が花弁を突き破って指を差された痛い思い出がよみがえる。。

”記憶のすり替え”があった・・・蜂(確かクマバチ)を閉じ込めたのはホウセンカの花の方。

毎年家の前に咲いて実がはじけるのを面白がったのを思い出した。

サルビアの花ではよく蜜を吸ったものだ。

それとツリフネソウとホウセンカは同じ仲間と言うのを初めて知った。

そう言われると花の形が似てるかも知れない。

肝心のアヤメ類は全体の一割も咲いてない感じで、蕾も殆どがまだ青く咲くのは先な感じ。

数は少ないが本との咲きはじめで傷んでないので撮り易い。

そして小雨混じりながら比較的明るくてSS稼げたので助かった。

色温度・コントラスト共にリアルさよりも日本画的なイメージ寄りに。

薄い色の方はハナショウブだと思うが、この濃い紫のもハナショウブ?

最近アヤメは分かる様になったが、花菖蒲と杜若はいまだによく分からない。。

『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 珍客セイタカシギ | トップ | イタチハギとムシトリナデシコ »
最近の画像もっと見る

バイク・風景・写真」カテゴリの最新記事