石ころ

もろもろの支配と権威との武装を解除し、キリストにあって凱旋し、彼らをその行列に加えて、さらしものとされたのである。

嘘を楽しむ

2017-06-18 18:12:30 | Weblog



 野際陽子さんの映画やテレビドラマなどの懐かしい話しを聞いていて、フッと思った。
小説や映画は殆どが作り物つまり嘘であり、それは人が嘘を楽しむ者であるということだ。

 嘘を吐くことは普通は辛くて悲しいことである。弱さから嘘を吐き、労りから嘘を吐くこともある。
楽しい嘘はエイプリールフールくらいで、心が歪んでしまっていない限り嘘が楽しいことなどない。それは心が痛むことである。痛み方はそれぞれかもしれないけれど・・。

嘘を楽しむのは人間くらいだと思う。道具を使う動物は時々テレビでも見るけれど、在りもしない餌を想像して遊ぶ動物はいないだろう。
嘘はサタンの道具なのに、人はサタンの道具を用いて安全に楽しむことができるのだ。これは発見だと思った。

 私は嘘を吐くことがとても苦手だから、しなくても良い苦労を繰り返し味わった。そこは生まれつきの性分で、たったひと言の嘘が言えずにフリーズしてしまうのだ。
その結果、息子達にも余計な苦労もさせてしまったけれど、強情でも後悔はしていない。代えられない大切があると思っている。

 私もテレビで淋しさを紛らわす。ご遺体に一礼して始まる警察ものなど、嘘ならこそ楽しめて、たいがい和やかに勧善懲悪で終わる。チラチラ見ながら他のことをしたり、ウトウトして初めと終わりだけで納得したり・・。
嘘を楽しんでいることに気付いて、なんかちょっと驚きだったのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« むちと杖 | トップ | 今日のみことば 2017.6.19 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む