石ころ

もろもろの支配と権威との武装を解除し、キリストにあって凱旋し、彼らをその行列に加えて、さらしものとされたのである。

白い花の中で・・

2017-06-01 23:58:33 | Weblog



主人の愛したセッコク甘い香り・・何十年もほとんど変わらぬ姿で枝の陰にひっそりといて、今だけ微笑む白い花。

シャクヤクの大輪は、雨に打たれると重いだろうと花瓶に挿しておいた。
今夜、雷鳴轟き風雨が窓を打つ・・良かったね。
山盛りの真っ白な花がフッと匂う・・、神さまから賜った花束の甘い香り。

主人に盆栽をもらって、「おいおい・・それは違反」と言われながら地植えしたサツキ、「栄冠」という立派な名をもっている。
思った通りノビノビと枝を張り、白い花を山盛りに咲かせ、チラッと紅を差すのもそれは可愛い。

藍色のカップに、見つけたドクダミの花を挿した。そう・・白い十字架の花。
いや、キリストの十字架は真っ赤な血の色だった・・。
罪をあがなって流された血の色だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯の治療が終了! | トップ | 電気屋さん丁寧なコメントあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む