石ころ

もろもろの支配と権威との武装を解除し、キリストにあって凱旋し、彼らをその行列に加えて、さらしものとされたのである。

ひとりとして滅びることなく

2017-01-30 21:32:29 | Weblog



  youtubeでニニ・ロッソの懐かしい優雅なトランペットを聞きながら・・、私は台所にしゃがみ込んで味噌玉を握っている。
しばらく集中していたけれど、ふっと我に返った時笑いだしてしまった。ミスマッチやなぁって・・。
まさかニニ・ロッソも婆さんがひとり味噌玉握りながら聞くなんて・・思いもしなかっただろう。

これが、なかなかの大仕事で堅くて握り込むのは手が疲れるし、桶にきちんと詰めるのも力仕事。
美しく流れるメロディで気分を盛り上げつつ、まあ短時間に桶一杯の仕込みは終わった。
麹はメロディを聞くと良い仕上がりになると聞きかじったけれど・・「気分はどう?」

3ヶ月ほど置いて天地返しする頃には、いくらか扱い易いやわらかさになって、後は放って置いて出来上る。私はコクの濃いほうが好きなので、ゆっくり年末くらいまで待ってから開ける。開封一番に差し上げる方は決まっていて、半分はそのために作っている。

 音楽は確かに仕事を助けてくれる。集中して堅くなる心の逃げ道となってくれるから・・。私はこの手をよく使う。
音楽でも本でも世に出したら、誰がどのように使うかは本人の与り知らぬ事となる。言葉は作者の思いもしない所で人を生かすことがあるだろうし、心を縛ってしまうことや、偏見を助長することもあるかもしれない。

塵のようなブログでも、言葉というものにとても不安を覚えることがある。まして大きな愛のキリストを、狭量な私の言葉を通して流すことは恐ろしくもある。
その恐れには、「どのような手段を使っても、みこころを行わせてください。」と主に下駄を預けてしのいでいる。

 私はブログに来てくださっている方々を、ご近所さんのように親しく感じている。でも、私の知って居る方々はクリスチャンではない方がほとんど・・。なのに、永遠のいのちと永遠の滅びを語るなんて・・まったく・・これはミスマッチだと心が揺れるときがある。もっと他に賢い言葉はないのかとも思う。

それでも祈りつつ書き続けているのは、主に在る望みによることである。今日はクリスチャンでなくても、明日はイエスさまに来られるかもしれない。
何時か主を思い出してくださるかも知れないと信じてのこと。ミスマッチかも知れないけれど、私は主に教わった言葉しか知らない。

 永遠のいのちを分かち合いたい。イエスさまが十字架で流された救いの血潮は、すべての人のいのちのためであり、先に受けた私には,返さなければならない借りがあるのだ。

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3:16)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「あなたの決めておられるよ... | トップ | カインとアベル »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
味噌~ (ワッフル)
2017-01-31 19:43:15
ムべさん、味噌作られたんですね♪
トラペットの奏でる音を聞いて出来上がる味噌はどんな味になるんでしょ~
楽しみですね。
今年5月に仕込んだ味噌、少しずつ食べははじめてますが
2月に1年後に食べれるように味噌しこうもうと思っています。
音楽流しながら味噌に聞いてもらいます~
何の音色にしようか、楽しみが増えました。
ご近所の叔母様の暖かい愛を感じてます(^^)
ワッフルさんコメントありがとうございます (ムベ)
2017-01-31 20:51:44
あの~種明かしをしますと、ワッフルさんほどの本格的なものではありません。
生協さんが仕込んでくれたものを、家で樽に漬けるだけです。フフフ・・

夕焼けのトランペットに乗って・・混ぜ混ぜニギニギした
味噌は・・何味でしょう。
例年とちょっと違ったら報告します。

ゆっくり置いたものは発酵が進んで・・ちょっと色も濃くて、味噌鍋にしても好きです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事