石ころ

もろもろの支配と権威との武装を解除し、キリストにあって凱旋し、彼らをその行列に加えて、さらしものとされたのである。

ツーカーもつかの間

2017-06-28 23:56:32 | Weblog


 「ムベちゃん!近くまで来たから寄ったよ」玄関に飛び込んできた懐かしいお客さん。「上がって上がって・・」手を取るようにして招き入れ互いに気楽な寡婦さん同士。日が暮れるまでしゃべっていた。
「ツーカーで通じる人が欲しかった・・」と言われた。同じだけの年輪を重ねておればこそ何年も会っていなくても、昨日に続く今日のように通じ合える。

 彼女は嫁いだ村の婦人会などでご一緒した方、その後も尋ねてくださったことはあるけれど、私は村を離れて4~50年になる。「ちゃん」付けで呼んでもらえるのは、あの頃の知り合いだけである。
しかし・・最も親しくしていた友人は年下なのに先に逝ってしまわれて、村のことを思い出すと彼女のことがとても悲しいと話す。

名家と言われた家が彼女の亡き後、一気に没落してしまったことを聞くことになって、想像も出来なかった無残さに胸が塞ぐ。
華やかだった彼女を懐かしみ、ふたり一緒だから思い出に浸ることができた。一人で思い出すのは切な過ぎるから・・。

長生きをすることは、それだけ多くの悲しみを味わうことでもある。沢山の友人と行き来をすることは楽しいけれど、親しければなをさらに一転辛い目を見ることになる。
私はそれをとても恐れて、つい孤独に逃げ込んでしまう・・。

 「今は、ホームドラマとかないでしょ、そもそも昔のようなホームがないからね。あの頃よりも住まいも、着物も、食べ物も豊かになっているのに、なぜか余裕が無くなったね」
「まあ、昔は世間体という箍があったから、そこで忍耐もしたり頑張ったりしたけれど、今はてんでに生きているから、離婚でもなんでもありになってしまって・・」

「色々な意味で社会が貧しくなってしまったね。」
「貧困、貧困と言っている。昔はもっともっと貧しかったけれど、お互いさまでそんなことは言わなかった」
「子供の頃、たまに食べさせてもらったアンパンは嬉しかったわ。今の人はあの味は知らないから可哀想よ」
「そうそう、あのアンパンの味は知らないやろうね・・」
胸に溜まっている日頃の思いを・・まだまだ口は達者。世の移り変わりに老人はストレス感じていたのだ。

 暗くなって来た山道を運転する彼女に「気を付けてよ。夜走ったことはあるの。」
目も衰えているのだからと気がかりなのである。彼女は車の窓から
「今度はうちに来て。帰るのが面倒なら泊まったら良いよ」
「その手があったね」

再会を約束するようなしないような別れ方には、これっきりということも含まれている。
先立った友の時も・・、笑顔で賑やかに別れてそれっきりになってしまった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堅くて脆いアンチモニー | トップ | 夢の中まで »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (電気屋)
2017-07-02 07:17:36
「有朋自遠方来 不亦楽 」

「友」ではなく
「朋」と書く違いは、同じとき同じ場所で、共に過ごしてきた同胞の間柄だと聞きました。

元の形は、二枚貝の対になっているサマらしいのですが、肩を並べる様に過ごしてきた関係には神の配剤を特に感じさせてくださいます。

その関係性は「血」の繋がりにも似て
過ごしてきた事実は無くならないものだからこそ
ある意味永遠の「いつかまた、、」が言える関係も神が備えてくださったものですね。

今度思い切って伺ってみたらいかがですか。
って書いたりするのはお節介でした、すみません。
電気屋さんコメントありがとうございます (ムベ)
2017-07-02 08:23:16
ドキッとしました。
電気屋さんだったら・・駆けつけなさるでしょうね。そんなふうに助けてくださる方ですね。

「遠方より朋来る」は、何時もひとりで居る私には、思わぬご馳走のような時間です。
Unknown (電気屋)
2017-07-02 16:11:03
「電気屋さんだったら・・駆けつけなさるでしょうね。」

ムベさん遠方に在りすぎて、美化されておいてです。
当方は、只の無礼な恩知らず、現代風に言えば
KYの上に、人付き合いと口が悪い輩にございます。

それでも、歯の浮くような言葉で飾られた会話よりは少しは真実に近いかと、勝手に自負しております。

私も人生後半戦、色んな主のご縁で出会わせて頂いた方々
好きも嫌いも含めてまた会えるのを楽しみに過ごさせて頂いております。
Unknown (ムベ)
2017-07-02 16:30:11
ふふふ・・持ち上げて落とそうなどともくろんではおりません。
以前家庭集会に奥様と来てくださったことを、まだまだ、呆けずに覚えております。

クリスチャンはKYでないとつとまらないと・・勝手に思っています。
「時が良くても悪くても・・」これ完全にKYですから・・。

本当に嫌いなら無視して終わりますが、キリスト者の反論は愛から・・と思います。
また、お会いできたら嬉しいですね。クリスチャンに渇きもあります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事